国際エンタメ

【日米違い】アメリカのスタバにはガムシロップが無い

更新日:

アメリカ生活で、よくお世話になることが多いスターバックス。

アメリカのスターバックスには、実はガムシロが無いのをご存知でしょうか?

アメリカのスタバにはガムシロップが無い

日本のカフェでは、ストローやナプキン、砂糖が置いてあるエリアに、「ガムシロップ」が置かれていると思います。もしくは、運ばれてくる際に、パック式になったガムシロップを付けて、出してもらうことが多いですよね。

しかし、アメリカのコーヒー店のほどんどには、ガムシロップというものが存在しません。

アメリカでは、ホットでもアイスでも関わらず、パウダータイプの砂糖が普及しています。

sweetnlow

たいてい、粉砂糖が3種類ほど置いてあり、ピンク・白・ブラウンの粉砂糖のパウチがあります。

ピンクのスィートナーは、人口甘味料、カロリーオフで、冷たいドリンクでも溶けやすい小さな粒子のもの、
白の砂糖は、精製された白砂糖、
ブラウンは、自然よりのブラウンシュガーです。

英語でガムシロップはなんていう?

英語ではガムシロップのことは、corn syrup(コーンシロップ)もしくはLiquid sugerと呼びます。

アメリカの場合、アイスドリンクを甘くして飲みたい場合、店員さんにお願いしていれてもらうことができます。

「Add a pump of syrup」(1プッシュ分入れて)

というと、ガムシロ入れて甘くしてくれます。

実は、スタバにはないけれど、The Coffee Bean & Tea Leaf(スタバと同じようなコーヒーチェーン店)には自分で入れる”Liquid suger”ボトルが置いてある店舗があります。

人口甘味料って体にいいの?

実は、アメリカのスタバやコーヒー店で堂々とおかれている、このピンクの人口甘味料ですが、実は健康にはよくないとの噂。

友人から、人口甘味料(Artificial Sweeteners)が、ガンの原因になる出典)と聞き、びっくりして調べてみました。

アメリカ人はなぜ太るのか?という記事にも書きましたが、「お店に置いてあるから、安全」という、訳でもないのがアメリカなんですね。

お店に置いてあるから、安全だろう・・・日本ならではの感覚なのかもしれません。

オーガニック製品を選ぶか、遺伝子組み換え製品を選ぶか、選ぶのは”消費者自身”の自由というのが、アメリカです。

ガンになるかどうかの真偽のところは、誰もわかることではないけれど、すこしでも可能性があるなら、やぱりナチュラルで体に害のなさそうなものを選びたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Copyright© 【リブアメ】和ごころLA , 2019 All Rights Reserved.