アメリカの買い物をお得にする方法 >>

トランスファーワイズ(新名称:ワイズ)で130万円国際送金したら早くて便利でした【手数料割引クーポン付】

国際送金が最も安いと評判の、ワイズ(Wise)旧名称:トランスファーワイズ で実際に、日本からアメリカへ130万円の送金をしてみました!

結果:500ドル以上の差額とメリットがありました。

和ごころLA

想像以上に簡単で、早く&安く送れたので、詳しくご紹介します!

こちらのリンクからの登録で、初回の国際送金に使える、$500までの送金手数料が無料割引が適応されます。

\ 知らないと損するお得な国際送金法 /

↑ここから【割引】$500分の送金手数料が無料

※2021/2/23 トランスファーワイズは、世界中の1000万人以上が利用する会社になり、「トランスファーワイズ」から「Wise(ワイズ)」に会社名変更になりました。ログイン情報などは従来と同じで利用できます。

今話題のWise(旧トランスファーワイズ)とは?

今話題のワイズ(Wise)旧名称:トランスファーワイズは、国際送金が安く行えるサービスです。

  • 銀行の送金より、最大8倍手数料が安い
  • 送金から受け取り口座着金までの時間が早い
  • TransferWiseは世界中で800万人の利用者
  • 毎月の送金額は約6000億円(2020年7月現在)
  • すでに800万人が利用している

お得さと手軽さで、海外在住の日本人のなかでも知名度があがっています!

Wise(旧トランスファーワイズ)の仕組み

Wise(旧トランスファーワイズ)の仕組みについて、公式サイトには以下のようにあります。

TransferWiseは、送金人が自国にあるTransferWiseの口座にお金を振り込み、その金額をTransferWiseが受取人の国の口座へと振り込む、国内送金を生かした仕組みになっています。【公式】

図にするとこんな感じです。

ワイズ(Wise)旧名称:トランスファーワイズ使い方はとっても簡単!日本からアメリカ

まず、日本の自分の口座から、トランスファーワイズの日本にある銀行口座に振り込みます。(私の今回やった分では、トランスファーワイズ・ジャパンUFJの恵比寿支店の口座でした。)つまり、国内振り込みとして振り込むので、手数料も安く送金も早いです。

その後、トランスファーワイズにお金が届くと、その時の純粋な為替レートがで換算されます。(※銀行の上乗せ為替レートではありません!!!ここがスゴイ)

そしてその後、海外にあるトランスファーワイズの銀行口座から、受け取り口座(今回の場合は、アメリカの口座)へ振り込みされます。国内扱いで送金されるため、手数料も安く早くなる仕組みです。

和ごころLA

要するに、送ってくれた金額は、その時の純粋なレートで、トランスファーワイズの世界のある支店から払っちゃうよ!というシステム。

実際の資金は、国境を超えていないため、手数料が安くて早いんです!

ヨーロッパではBarclaysの英国アカウント、米国ではWells Fargoの米国アカウントで、資金が安全に保管されています。

これがどれほど早く・お得かというと、従来の銀行を利用した手数料は以下のとおり。

【従来】

ワイズ(Wise)旧名称:トランスファーワイズ使い方はとっても簡単!日本からアメリカ

国際送金は、送金も受け取りも、手数料がかかります。

要するに、「日本から海外への国際送金手数料」「上乗せ為替レート」「アメリカの着金手数料」の三重苦で、一回の送金金額にかかわらず、$100〜以上の手数料がかかるイメージです。世界の銀行を経由するので、着金まで時間がかかります。

和ごころLA

アメリカ留学の資金で、過去に数回日本からゆうちょでアメリカに国際送金をしましたが、いつも一週間はかかっていました。

昔は、送金手数料が一律のゆうちょを愛用していましたが、現在は海外在住者には使いにくい設定になっています・・

– 国際送金の申し込み費用 3,000円
– 金額制限あり…1回あたり100万円未満・1日あたり200万円以下・1か月あたり500万円以下
– 最短で2営業日後に海外へ送金、着金まで時間かかる
– ゆうちょ銀行が定める為替手数料(約2円/ドル)を上乗せしたレート
マイナンバーの登録が必要

海外在住・日本非住居者は?マイナンバーカードなくてもOK

Wise(旧トランスファーワイズ)口座開設方法

トランスファーワイズのアカウントを「日本」で作ると、日本口座からアメリカへ送金ができます。

本人確認は、

  • 日本の免許証
  • パスポート(住所が書いてあること)
  • 在留カード
  • 住基カード
  • マイナンバーカード

海外在住者の場合は、「マイナンバーカード」を用意するのがむずかしいですが、なくてもワイズを利用できます。

会員登録時、「非住居者」をえらべばOKです。

Are you currently living in Japan?の設問をNOですすめればマイナンバーは不要

それを選択すると、本人確認に日本の免許証やパスポートが利用でき、マイナンバーカードは必須ではありません。私は、日本の免許証の画像(裏・面)をアップロードしただけでした。

その後、本人確認として日本国内住所に確認の手紙が届き、コード入力で認証しなければなりません。実家の住所で対応しました。

\ 知らないと損するお得な国際送金法 /

↑ここから【割引】$500分の送金手数料が無料

Wise(旧トランスファーワイズ)の仕組みの口コミと評判・安心なの?

トランスファーワイズは、海外在住日本人には利用者が増えてきています!

私の加入している在米のFBコミュニティでも口コミと評判がでていました。

トランスファーワイズの口コミと評判
和ごころLA

大きなお金を振り込みするのは不安ですよね。私も最初は、すこしドキドキでしたが、利用者が多いので、安心して使えました。今回テストとして50万円おくって、その後80万円追加で送りました。当サイトの紹介リンクから$500まで送金手数料が無料になる割引がつくので、テストで送金したい方はやってみてください!

トランスファーワイズ・ジャパン株式会社は関東財務局により、資金移動業者として認可されています。送金時に振り込んだお金は履行保証金として法務局に保全されており、万が一の場合でも保証されています。【公式】

海外在住者が「Wise(旧トランスファーワイズ)で送金できない?」というとき

海外在住者が「トランスファーワイズで送金できない?」と思うときに確認してみる必要があるのが、

日本からアメリカに送金する場合、日本の口座がインターネットバンクの契約をしているか?です。

トランスファーワイズ自体が、お金を引き落としてくれるシステムではないため、振り込みは自分で行う必要があります。

海外在米のまま、インターネットで日本国内振り込みをするには、予めオンラインでの振り込みができる銀行を選んだり、サービスを契約しておかないと送金ができませんのでご注意ください。

実録!Wise(旧トランスファーワイズ)の手数料はどれほど安かった?

今回、日本からアメリカへ合計130万円(50万円+80万円)振り込みしました。

50万円送金時の送金手数料は、3261円

80万円送金時の送金手数料は、5139円

もしペイパルを使っていたら、為替上乗せレートが高いので、$233+$292=$525も差額をもっていかれてました。

ワイズ・国際送金の手数料比較

これらの金額は、シュミレーターで確認できます。

Wise(旧トランスファーワイズ)の送金上限額は100万円/回

TransferWise(トランスファーワイズ)の送金上限・限度額は、
1回あたり100万円まで送金可能です。 送金回数の上限はありません。

Wise(旧トランスファーワイズ)の日本語化

トランスファーワイズは日本語に対応しているので便利です。

アカウントの設定▶︎Languageで日本語が選べますよ。

トランスファーワイズ(TransferWise)の使い方

①トランスファーワイズで、送金申し込みをする

料金シュミレーションをしたのち、いくらを円からドルへ送金するか入力する

②受け取り口座の登録

私の場合は、アメリカの個人口座で受け取りたいので、その「ルーティング番号」「口座番号」「口座種別」を登録

③送金の目的

送金の目的をプルダウンで選びます。今回は「毎月の生活費」として選びました。以上で送金の予約は完了です。

④トランスファーワイズ・ジャパンへ振り込む

自分の使っている銀行から、トランスファーワイズの指定口座に自分で振り込みをします。

その際、振り込み名義人の欄に「自分の名前+トランスファーワイズの会員番号」を記載するのを忘れずに!!

手数料が最安の国際送金TransferWise(トランスファーワイズ)の使い方はとっても簡単!実際に50万円振り込み

▲振り込み依頼人名に、自分の名前と会員番号を加える

手数料が最安の国際送金TransferWise(トランスファーワイズ)の使い方はとっても簡単!実際に50万円振り込み

⑤トランスファーワイズにお金が届き、送金が開始

翌営業日には、トランスファーワイズジャパンにお金が届き、送金開始のメールが届きました。

手数料が最安の国際送金TransferWise(トランスファーワイズ)の使い方はとっても簡単!実際に50万円振り込み

⑥トランスファーワイズから受け取り口座に送金

※手続き開始から2日 めっちゃ早い!!

トランスファーワイズ(アメリカ)から国内送金として、アメリカの銀行口座に送金され着金しました。

バンクオブアメリカの場合、海外からの着金には、通常$45かかります。

しかし、トランスファーワイズを使えば、アメリカ国内からの振り込みになるので、着金の手数料(受け取り口座が支払う金額)はかかりませんでした。

手数料を抑えたい人におすすめのトランスファーワイズ:まとめ

トランスファーワイズは、国際送金の手数料が安いので、留学・ワーホリ・駐在・移住・海外在住の方のお金の移動におすすめです。

日本の預金は、金利は無いようなもの。ATM手数料で一瞬にして無くなる日本の口座より、金利が高く安定しているアメリカの銀行口座やMFに入れるほうが、”よっぽどお得”なのは、ずっとわかっていました。ただ2012年の超円高を経験しているため、なかなか日本→アメリカのお金の移動のタイミングをつかめていませんでした。し・か・し・・・ついに来た、円高の予感!!!今やらない手はありません〜。

TransferWise(トランスファーワイズ)(新名称Wise)の登録

こちらのリンクからの登録で、初回の振り込みにつかえる、$500の送金に必要な手数料が無料に割引が適応されます。

\ 知らないと損するお得な国際送金法 /

↑ここから【割引】$500分の送金手数料が無料