アメリカの買い物をお得にする方法 >>

アメリカ 小切手(パーソナルチェック)の書き方・換金方法

アメリカの小切手(パーソナルチェック)の書き方・換金方法

アメリカの小切手(パーソナルチェック)の書き方・換金方法をまとめました。アプリでの入金や、チェックに記載の英語の数字を簡単に書く方法も紹介しています。

エミリー

日本では馴染みがない「小切手(チェック)」ですが、アメリカ生活で家賃の支払いなどによく使います。

目次

アメリカの小切手(パーソナルチェック)の書き方

アメリカの銀行で、チェッキングアカウントを作成したら、それに紐づく「小切手(チェックブック)」を発行してもらいます。

はじめの数枚は無料でもらえることが多いですが、それ以降は有料(プランによっては無料)です。

アメリカの小切手(パーソナルチェック)の書き方

支払い金額は、数字だけでなく、英単語でも記載します。その際、小数点以下でわかる様に、56/100のように表したり、数字では小さく上付けにするなどで、わかりやすくします。

アメリカの小切手の英語の数字が書けない!ときの簡単ワザ

金額を英語の文字で書くとなると、ちょっと自信がない!という方も多いのではないでしょうか。(私もです)

その場合、今話題の「ChatGPT」に聞いてみるのがおすすめです。

質問は、ズバリこんな感じ・・・「$12345.67 を英語にして」

アメリカの小切手(パーソナルチェック)を換金する方法

アメリカ生活では、保険の払い戻し金や、経費の支払い、キャッシュバックサイトの還元などで、小切手を手にする機会は多いです。その際、毎回銀行に行くのは不要で、チェックの入金は、アプリでできます。

アメリカの小切手の裏書

アメリカのパーソナルチェック(小切手)の書き方、使い方

Endorse a checkとは、和訳だと「裏書きする」という意味です。Endorseをした小切手は、他人が支払いに当てることも可能になります。そのため、 Endorseは、入金する直前にサインするようにしましょう。他者の利用を防ぐために「For Deposit Only」と記載されているものもあります。

アメリカの小切手を、銀行の窓口で換金

小切手に裏書をした状態で、銀行窓口に行くと換金可能です。自分の口座を所有する銀行に出向きます。

アメリカの小切手を、ATMで換金

銀行のデビットカードと暗証番号、署名した小切手(または現金)、必要事項を記入した銀行の封筒(ATMで必要な場合のみ)、があれば、ATMでの換金も可能です。

カードを挿入し、暗証番号を入力。入金する金額を入力し、小切手を挿入します。銀行によっては、封筒にいれる必要があります。

アメリカの小切手、アプリで入金【おすすめ】

小切手を受けったからといって、その都度銀行窓口やATMにわざわざ出向く必要はありません。アプリのカメラで入金が可能!最近ではこの方法が一般的です。

チェックの裏面にサイン(Endorse)をして、アプリからチェックの表裏を撮影し、金額を入力するだけ。数時間から数日で、銀行口座に反映されます。

アメリカの小切手(パーソナルチェック)を書き間違えたとき

アメリカの小切手(パーソナルチェック)は、書き間違えたときは、上にVOIDと大きな文字で書きましょう。

アメリカの小切手(パーソナルチェック)を注文

アメリカの小切手(パーソナルチェック)は、銀行で口座を開設するときに、数枚もらえます。基本的には、有料である場合が多く、1冊20〜40ドルほどで購入できます。

アメリカは様々なデザインのチェックがありますよ!。

アメリカの小切手(パーソナルチェック)はDuplicateがおすすめ

注文する際のおすすめは、Duplicate(複製シート付き)のもの。シングルだと控えが残りません。書いた宛先がわかるように複製シートがあると便利です。Top Stubはチェックの上部にメモ書きできる機能です。

アメリカの小切手(パーソナルチェック)はDuplicateがおすすめ

アメリカの小切手(パーソナルチェック)の注意点

チェック(小切手)は、不渡りになると、手数料がかかるので注意しましょう。何度も不渡りを起こすと、クレジットヒストリーにも影響します。

万が一の際のために「オーバードラフトプロテクション」というオプションがつけられる銀行があります。不渡りのさいに、一定額までなら銀行が貸し出してくれるので、利子はつきますが、すぐに返済すれば不渡りの手数料より安くすみます。万が一のオプションとして知っておくと良いですよ。

一方、パーソナルチェック(個人が自分で書く小切手)は、銀行の保証がないため、取引の信頼性が低い場合があります。パーソナルチェックの資金は、発行者の銀行口座に依存します。したがって、パーソナルチェックは小額の支払いや、受取人が発行者を信頼できる場合に主に使用されます。しかし、大きな取引や不特定多数の取引相手に対しては、キャッシャーズチェックが安全で信頼性の高い選択肢です。

アメリカの小切手(キャッシャーズチェック)とは?

パーソナルチェックとは違い、「キャッシャーズチェック」というもの存在します。

キャッシャーズチェックは銀行で発行

キャッシャーズチェックは銀行が発行するため、通常の個人が手書きで作成する小切手とは異なり、偽造や詐欺のリスクが低いものです。通常、大きなお金の取引や安全な支払いに使われます。

銀行で作成するため、支払いを保証しています。個人のチェックとは異なり、残高がなくて支払いができなかった(バウンス)される不安がありません。キャッシャーズチェックを作るときに、銀行は手数料を取ります。チェックには期限があるので、時間内に使わないと新しいものをもらう必要があります。

アメリカの小切手:まとめ

アメリカの銀行についてもっと詳しく知るには以下の記事もチェック↓

▶️アメリカの銀行口座を開設!在米日本人が選ぶ、おすすめランキングBEST5

  • URLをコピーしました!

今回の記事が少しでも役に立ったら、クリックで応援してね!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

当ブログが本になりました

目次