アメリカの買い物をお得にする方法 >>

アメリカの誕生日の祝い方:ゲストのマナーから、パーティ主催の方法まで

アメリカの誕生日の祝い方:ゲストのマナーから、パーティ主催の方法まで

アメリカ生活10年目の筆者が、アメリカでの誕生日のお祝いの方法をご紹介します。

アメリカの誕生日の祝い方

アメリカでは多くの家庭で、ケーキ&ろうそくに「ハッピーバースデー」の歌うたって誕生日をお祝いします。

和ごころLA

私自身の経験ですが、会社でも積極的にお祝いしてくれることが多く、職場でも誕生日にケーキを出してもらったり、同僚からプレゼントや風船をもらうことがありました!

中でも以下の年齢のときは、盛大なイベントになることが多いです。

1歳:赤ちゃんの初めての誕生日

アメリカの1歳の初めての誕生日には「スマッシュケーキ」という行事が行われます。赤ちゃんに盛大にケーキをスマッシュ(潰す)させます。

16歳:スウィートシックスティーン

16歳の誕生日は、Sweet Sixteen(スイートシックスティーン)と呼ばれ、普通の誕生日パーティよりも盛大にお祝いします。教会でのミサや、宗教的儀式も含まれることがあります。

21歳:お酒が飲める年齢

お酒が飲めるようになる21歳のバースデーも盛大です。パーティバスを貸し切って、お酒を飲みながらバーやクラブをはしごする、っといったパーティも!お酒が飲める年齢ならではのパーティも楽しいです。

アメリカで誕生日パーティに呼ばれたら

アメリカでお誕生日パーティに呼ばれたときのゲストとしてのマナーをご紹介します。

期日以内に招待状の返事をする(R.S.V.P)

カジュアルで小規模なパーティであれば、メールや口頭でお呼ばれすることが一般的です。人数が多いようなパーティの場合、インターネット上の招待状を使うことが多いです。そのサイトを通して「参加・不参加」を連絡します。

招待状に書かれている「RSVP」とは、 to respond to an invitationのことで、返信を必要とすることを表しています。期日以内に参加・不参加の返事をしましょう。

アメリカの誕生日パーティのプレゼント:大人むけ

大人の場合は、関係性にもよりますが、美味しいお菓子やお酒などを贈ることが多いです。ギフトカードを送り、好きなものを買ってもらうことも一般的です。メッセージカードと一緒に、ギフトカードを渡します。

アメリカの誕生日パーティのプレゼント:子供

高学生以上であれば、好きなものが買えるギフトカードにする場合もありますが(関係性により異なる)、通常小学生以下の子供むけの誕生日の場合は、プレゼント(物)を購入し持参することが一般的です。

和ごころLA

小さい子は、ギフトカードもらっても、その場で楽しめないので、嬉しくないですもんね(親は嬉しいけど)

バースデー柄の紙袋に、ラッピングまたはラッピング用ティッシューを加えたものを入れ、メッセージカード(ギフトレシート付き)を入れておけば完璧!名前を書いたものを入れておかないと、誰からの贈り物かわらなくなるので、忘れないようにしましょう。

子供からティーンの誕生日におすすめのプレゼント

年齢が低学年のお子さんで、相手の好みがわからないときは、相手の親御さんに「どんなキャラクターが好き?」「サイズは?」など聞いてみるのもOKです。もしくは、ギフトレジストリ(アマゾンの欲しいものリスト機能)が無いか聞いてみましょう。

それでも「何を買えばいいのかわかない」という場合は、以下のページをチェックしてみてくだい。アメリカで人気のおもちゃなどが、年齢別にまとまっていますよ。

\ アメリカのアマゾン /

プレゼントに「ギフトレシート」添付をお忘れなく

メッセージカードと一緒に、ギフトレシートも挟んでおきましょう。

ギフトレシートとは、受け取り側が返品や交換ができるようにしたもので、購入する際におおくのお店で発行してもらえます。通常、ギフトレシートには金額は記載されません。

アメリカでは、プレゼントに「ギフトレシート」添付をお忘れなく
和ごころLA

アマゾンでもギフトをチェックすると、ギフトレシートが一緒に届きます

アメリカで子供の誕生日パーティを主催する

アメリカで、子供の4歳のお誕生日パーティを実際に開催してみました。

アメリカのお誕生日パーティ会場

子供のパーティ会場は、

  • 自宅または友人宅
  • レンタル会場
  • 公園

などがあります。

幼児向けのパーティ会場は、プレイエリアとパーティ会場が併設した場所がたくさんあります。Yelpなどで検索してみてくださいね。

アメリカのお誕生日パーティ会場
和ごころLA

私はLAのショッピングセンターの中にある、『Dig it!』という、工事現場がテーマのプレイルームで開催しました

招待状の発行

オンラインの招待状:Evite (https://www.evite.com/)を利用しました。ほとんどの機能を無料で利用できます。

和ごころLA

他にも類似のサービスがありますが、私の周りがEviteを使う方が多いです。

参加・不参加の連絡を入れてもらうことで、参加人数を確認できます。

グッディバッグの準備

アメリカのパーティでは、来てもらったゲストに、帰り際にちょっとしたギフト「グッディバッグ」を渡します。

アマゾンでグッディバッグセットがあったので、そちらを購入しました!

和ごころLA

そこに日本のお菓子も一緒につめてグッディバッグにしました

ケーキ・食事などの準備

ケーキは、LAのケーキ屋さんで顔を入れたデザインのものを注文。

食事は、ドミノピザにしました。ドミノピザ初めて注文しましたが、HPのクーポン を使うとめっちゃめちゃディスカントされたので助かりました!

ペーパートレイや、ナプキンなどもテーマに合わせたものを用意。

会場の飾りつけ準備

アメリカのお誕生日には、大きなバルーンも定番!

バルーンは、Partycityやスーパーマーケットで販売されています。事前にバルーンパックを購入しておき、ダラーツリーなどでエアーだけを有料で入れてもらうこともできますよ。

アメリカのお誕生日会のミニイベント

アメリカのパーティでびっくりなのが、お誕生日会の中でちょっとしたイベントを行うことが多いこと。来てもらったゲストも楽しめるようなプラスαのことを用意していることがあります。

和ごころLA

私が実際に体験した例をご紹介しますね!

プリンセスやヒーローに来てもらう

女の子のお誕生日会にひっぱりだこの「プリンセス」。実際にディズニーにも働いているというプリンセスが、主役の女の子と一緒に歌をうたっておどったりしてくれます。

男の子バージョンでは、スパイダーマンなどを呼ぶのも人気です。そのほか、マジシャンなども楽しいですよ。

ピニャータ(pinata)

ピニャータ(pinata)」は南米発祥のお祭り(誕生日など)に使われる、中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形のことです。日本のすいか割のように、目隠しして周囲の声をもとに、棒で叩いて中身を壊します!中に入ったお菓子が出てくると子供たちは大喜び!お庭や公園など外でのパーティにぴったりです。

いろんなデザインのピニャータが売られていますよ!

フェイスペインティング

アメリカで子供たちに人気のフェイスペイント。好きな柄(プリンセスなど)をリクエストすると、顔に書いてくれます。絵具は洗って落ちます

わたあめ作り

みんなでできるお楽しみのひとつとして楽しいのがわたあめ作り!もっとも費用負担が少なく開催できるのもグッド。

ジャンプハウスを設置

子供が小さい場合は、ジャンプハウスをレンタルできます。自宅や公園などの指定の場所に業者が来て設営してくれますよ。

【セレブリティのお誕生日パーティ】

アメリカの中でもセレブリティの家庭のパーティだと、さらにミニイベントがすごかったです。

レストランのケータリング(2社)、生バンド演奏、フォトブース、バルーン、ゲームコーナー、ジャンプハウス、似顔絵サービスの設置など!ちょっとしたお祭りか、というほど盛大でした。

アメリカの誕生日の祝い方:まとめ

アメリカの誕生日は、とってもダイナミックで楽しいイベントがもりだくさんです。開催するほうも、ゲストでいく方もアメリカ式をぜひ楽しんでみてください〜。

  • URLをコピーしました!

当ブログが本になりました