アメリカのハロウィンを思いっきり楽しむ、5つの方法!

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。
10月31日は、ハロウィンです!10月の半ばにはいると、トレーダージョーズなどのスーパーをはじめ、ハロウィン用のパンプキンが販売されます。

アメリカ生活で、ハロウィンを思いっきり楽しむ5つの方法を集めてみました。

パンプキンカービング(Pumpkin Carving )をやってみよう

アメリカでは、この大きくてオレンジ色のパンプキンを使って、カービング(彫刻)=Pumpkin Carvingをするのが恒例です。

日本のかぼちゃの皮は硬ので、難しそうと思いますが、実は日本のかぼちゃは、英語でsquash(スクワッシュ)といい、アメリカのパンプキンとは別の種類のものです。

アメリカのpumpkin(パンプキン)は、サイズは大きいですが、皮は日本のカボチャよりも柔らかく、カットしたり掘ったりしやすいです。

 

《Pumpkin Carvingのやり方》
※なるべく、底がたいらで、安定感があるパンプキンがおすすめ

まず、底を六角形にくりぬいて、中身を出します。

掘りたい形を決めます。
直接書くか、パターンシートを貼り付けます。


線に沿って、開けたい部分に、プスプスと「穴」を開けていきます。
(ミシン目のようになります)


そのミシン目に沿って、カッターの歯を入れると、それほど力をいれなくても、すんなり切れます。
30分ほどで完成しました!!!

Pumpkin Carving は、中にろうそくを入れるのがお決まり!ハロウイウィン当日の夜には、玄関に置いて子供たちが「トリックorトリート」をしにきてくれるのを待ちます。

パンプキンカービングは、こういったPumpkin Carving Kitを使って、掘っていくと便利です。
カットの参考になるパターンシートも入っていて、難易度はやさしいものから、難しいものまであります!

案外、サクサク切れて楽しいです。お子さんとも一緒にできるので、ぜひやってみてくださいね。
あまり早い時期にカービングをすると、ハロウイウィン当日までに傷んでしまいます。前日ごろに行うのがよさそうです。

 

トリックオアトリート(Trick or treat)でお菓子をあげよう

10月31日は、子供たちにとっては大イベントの日です。コスチュームに着替えて、「トリックオアトリート(お菓子を来れないといたずらしちゃうぞ〜!)」と言って、ちかくの家をまわります。いわれたら、チョコレートやキャンディを手渡します。

私のホームステイ先は、近くにすむ子供が多く、近所づきあいが多い家主さんだったので、31日は大忙しでした!笑

夜になると、仮装した子供たちが家をまわりますが、もちろん安全のため、親は遠くから見守ります。基本的に、ハロウイウィンのデコレーションをしていない家は、「うちには、来ないで〜」という暗黙の意味なので、いきません。

仮装した子供たちがやってくることが想定される場合は、トリックオアトリート用のチョコやキャンディを用意しておきましょう。

トリックオアトリートの準備ができていない人は、外にハロウインのデコレーションを控えた方がいいかもしれませんね。

 

子供と一緒に、パンプキンパッチ(Pumpkin patch)へお出かけしよう

ハロウイウィン時期になると、Pumpkin patch(パンプキンパッチ)という、パンプキンの直売所が特設されます。

バンプキンパッチでは、たくさんのパンプキンが並べられています。そのほかにも動物とのふれあいができるスペースや、滑り台など、期間限定のテーマパークのようになっています。

たとえば、カルバーシティのこちらは、
Mr Bones Pumpkin Patch
10100 Jefferson Blvd Culver City, CA 90232
http://mrbonespumpkinpatch.com/activities/

パンプキンハウスや、ポニーライド(仔馬に乗る)、迷路、動物園、ジャンピングパンプキンなどなど、子供が楽しめるイベントが盛りだくさんの内容になっています。

アメリカっぽくて、インスタ映えするスポット!お子さんや友達と楽しみたいですね。

 

ハロウィンのコスチュームをきて、仮装を楽しもう

10月に入ると、各地にハロウイウィンのコスチューム専門店が登場します。

期間限定の店舗の場合、空き店舗やビルに入るため、毎年その場所に登場する訳ではありません。

Yelp「自分のエリア」「halloween store」で検索すると近くの販売店が出てきます。

 

↓ホラーメイク用アイテムがずらり!

↓アメリカのコスチュームセットのクオリティは高いです。大人用で60ドル前後のものが多いです。日本のものは、アダルトなものが多い印象ですが、アメリカのものは、本域の仮装用です。

今期は、スーサイド・スクワッドのハーレイ・クインが人気なんだそう。

日本人的には、ロサンゼルス生まれの日系アメリカ人・福原かれんさんが演じたカタナ役のコスチュームのほうが、本気出せるかもしれません。かっくいい。

 

ハロウインイベントに参加しよう!

ロサンゼルスでは、テーマパークで大人向けのハロウイウィンイベントが開催されています。

ロサンゼルスのイベントまとめ↓
ロサンゼルスで、本格的なハロウィンを楽しもう【2017年のハロウィンイベント】

そのほかにも、バーなどではハロウィン限定のメニューやカクテルができたりして、大人でも楽しめますよ。
せっかくのアメリカですから、季節を感じて、大人でも子供でもたのしめる1日にしたいですね。

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
現金$10が郵送でもらえる!アメリカでは定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
You might also like