【日米違い】玄関が無い!アメリカの住宅の間取りって変?!ずっと靴を履いているの?

国際エンタメ

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。
今回は、アメリカにある一般的な家の間取りをご紹介します。

アメリカの住宅の間取りはおかしい?

アメリカで暮らすようになってはや6年目。

今やあまり違和感がなくなりましたが、旦那さんとの新居をこれから作ろうと思ったとき、

改めて気づいたことは、”アメリカの家には、玄関がない”ということです。

※一般家庭には、玄関ないことが多いですが、大きなお家には、玄関スペースがあることがあります。


参考

ドアを開けると、

いきなりリビング もしくは、

いきなりキッチン という感じ。

 

ロサンゼルスにある高級住宅街の豪邸へおじゃました際も、ドア前(外側)に、靴の土をはらう「玄関マット」くらいしかありませんでした。

おそらく、家賃5000ドル以下の家には、玄関(シュークローゼット付き)というのは無いと思います。

 

というのも、アメリカは車社会です。

ガレージ(車庫)が、家の母屋とくっついている設計になっているため、大抵はそこから出入りします。

ガレージに車ではいる → 繋がった勝手口から家に入る

こんな感じで、勝手口が事実上の、玄関扱いになっていることも多いです。

メインの玄関はお客様が入ってくるときなので、靴をぬいで片付ける必要がありませんよね。

ホームステイで住んでいた最初の家では、ずっと車庫側の勝手口から入っていたので、メイン玄関があるのに気づいたのは、1ヶ月後くらいでした。そして一度もメイン玄関から出入りすることはありませんでした。笑

 

アメリカ人って、家の中でも靴を履くの?

アメリカといえば、”靴をはいたまま”生活をしているイメージがありますよね。

”家では靴を脱ぐ”文化の日本に、玄関があるのは当然ですが、

家で靴を脱がないとすれば、玄関が無くてもおかしくありません。

 

アメリカのドラマでは、ベッドの上に靴をはいたまま寝っ転がるシーンがあり、

ずっと靴を履いているようにみえるのですが、

しかし実際のところは、家では靴を脱ぐ人も、結構います。

当然ながら、ハイヒールや外を歩き回って汚れた靴で、

部屋中歩き回るのは、疲れるし、やっぱり汚れます・・・

私のまわりでは、スリッパに履き替えたり、素足のままだったり、

ルームシューズに履き替えている人も多かったです。

 

ホームスティをした家は、二階建ての家だったのですが、

一階(ゲストルームがある階)は土足でOK

二階(ベッドルームがある階)は、靴を脱ぐ

という決まりになっていました。(二軒とも)

 

ホテルでも、ルームスリッパは、

高級ホテルであるほど、備えつけで置いてあります。

 

しかし、ルームシェアしている場合や、スタジオ(ワンルーム)の場合、

若者の場合、家が豪邸すぎて大きすぎる場合、自宅パーティが多い人の場合・・・

下足と上足の区別をしないでいる人も、もちろんいます。

その場合、そこらへんに靴脱ぐ、スタイルです。

 

でもやはり、

小さい子供がいる家は、アメリカ人の家でも、衛生上「土足禁止」スタイルです。

 

やっぱり自分の家は、土足禁止にしたい

私は家の中で靴を履くことに抵抗があるので、うちの中は「土足禁止」です。

一番は「衛生的」に汚くなるのが嫌だし、リラックスできない。

在米日本人の家は、ほぼ100%土足禁止です。

 

アメリカには”下駄箱”が無い問題

家のなかも土足ではいる文化なので、当然ながら「下駄箱」がありません。

アメリカ人は、このようなワイヤーの簡易なタイプの靴置きに、靴を置いている人が多いです。

軽いので移動もらくらくです。スタジオやルームシェアで住む人には、クローゼット内に置けるので便利です。

 

でも、私は、2人分の収納が必要であることと、靴が丸見えタイプは、あまり好きではないので、

(なんせ玄関がダイニングエリアに近いから)

扉付のShoe Cabinet(下駄箱)を購入しました。かなりいろんなお店に探しに行きましたが、下駄箱はオンラインにしか売っていなかった・・・

このタイプだと、棚の上に、鍵とか身の回りのものがおけて便利です。

 

下駄箱ともうひとつ悩んだのが、

日本にはあまりないタイプのもので、Hall Treeというものがあります。

これはコートや帽子掛けもついていて、靴箱や、座ってはけるベンチなど、

身支度を一度でそのスポットで行える便利アイテム。

冬場はコートをかけられるので、こういうタイプも便利です。スペースに余裕があればおきたいです。

うちは”土足禁止”であることを、他人に伝える方法

住人である私たちや、招待した友人は、靴を脱いで家にあがりますが、

家の管理人さんやメンテナンスの人が、突然来て、とっさに家の中に入ってくることがあります。

靴・・・きたない・・・

部屋・・・汚れる・・・いやいや( ;∀;)泣ける

そんな時にお助けのものは、

玄関マットです。

 

アメリカには、玄関が無い分、ほとんどの家庭では、ドアの外(もしくは中)に、

靴の砂をはらうドアマットがあります。

そこで砂を落としてから、部屋に入るのがルールですが、

そのマットに、「靴脱いで~」と書いちゃいましょう!

女の子むきのハイヒールデザイン。

もしくは、「靴脱いで入ってね」と、ドアに張ってしまう!!

ここまでして、住民の希望を無視して入ってくるひとはなかなかいません。

これを貼っていたら、宅急便の配達の人は、「え、俺も靴ぬがないといけないかな?」なんていう冗談を言ってきます。笑

玄関がないアメリカまとめ

アメリカの住宅には、日本のような靴を脱ぐ玄関という概念がありません。

ですが最近では、家の中までずっと靴を履いている人は少ないように思います。

私は日本そだちだから、ソファの周りでもつい、テーブルの横の床に座りたくなっちゃう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧