アメリカの買い物をお得にする方法 >>

たまったコインを一気に紙幣化!Coinstar(コインスター)使い方&利用料金&設置場所

アメリカにある「コインスター(Coinstar)」をご紹介します。

コインスターとは?

Coinstarとは、コインを紙幣化してくれる便利な機械です。

アメリカで生活していると、ついつい溜まっていく小銭たち。25セントコインは、コインランドリーやパーキングに使うことがありますが、1セントコインは溜まりがちになることが多い!

掃除がてらまとめたコインを紙幣化したいと思いました。

コインスターの手数料

11.9%のサービス料と0.25ドルの取引手数料がかかります。手数料は地域によって異なる場合があります。

受け取りを指定のeGiftカードにすると手数料がかかりません。

コインをそのまま寄付にあてたり、Coinmeというサービスを利用して仮想通貨に交換も可能です。

コインスター体験談

今回はロサンゼルスにあるRalphsという、米系スーパーマーケットの中に設置されている、Coinstarを使って、紙幣化してみました!

コインスターは、レジの奥にあることが多く、緑の自動販売機のような機械です。

近くにクジ販売機があったり、フリーペーパーがある場所にある場合が多いです。

ラルフスの全店舗にあるわけではないので、予め検索してから行くことをおすすめします。

コインスター設置場所検索・https://www.coinstar.com/findakiosk

コインを数える手数料は、なんと、11.9%(エリアによって違う場合もあり)

ちょっと多いな・・・だけど、ものすごい量なので、やってみます。

ジャラジャラーっと、

画面下のコイン入れにざくざく入れていきます。

ガラガラ、ガラガラと大きな音が鳴り響く店内。ちょっと一人では気まずいくらいのコインの山です。

Quarter(25セントコイン)が4枚、

Dimes(10セントコイン)が521枚、

Nickels(5セントコイン)が333枚、

Pennies(1セントコイン)が1173枚 ・・・

コイン多すぎ!!

下のほうには、カウントではじかれたコインたちが出てきました。

古くなったコインははじかれやすいようですが、もう一回入れてみたら通りました。

他の国の通貨が混じっていた!!10円とかw

カウントが終了するつと、レシート発行。

メールでも受け取るとスぺシャルオファーもらえるようですが、面倒だったのでスキップ。

今回は普通にレシートで発行しました。

81.48ドルのコインに、手数料8.89ドル(利用時のレート)を引いて、72.59ドルのキャッシュバリューをゲット!

これをレジやサービスカウンターに持って行くと、現金化してもらえます。

ラルフスで買い物するつもりだったので、普通に買い物したあと、レジで支払いのときに、このレシート分で支払えるかと聞いたら、OKでした!!

こういうように、現金化として交換すると、11.9パーセントの手数料がかかりますが、

こういったeGIFTカードとして、発行すると手数料がかからないそうです。

Amazonのギフトカード、AMCの映画券、iTunesなどにも使えるので、

コインが増えてきたなーと思ったら、買い物ついでにギフトクーポン化するのも便利です!!

  • URLをコピーしました!

当ブログが本になりました