アメリカの買い物をお得にする方法 >>

インスタントポット活用レシピ★低温殺菌たまごの作り方。アメリカ生活でも生卵、卵かけご飯

インスタントポット活用レシピ★低温殺菌たまごの作り方。アメリカ生活でも生卵、卵かけご飯

ついに私もアメリカで大人気の「インスタントポット」を購入しました!ブラックフライデーセールでとってもお得でした。

購入したのは、上位モデルのUltra(ウルトラ)です。理由は、低温調理ができるモード(Ultra)がついているからです。

和ごころLA

これでアメリカで、生食できる『たまご』を作りたかたのです!

※インスタントポットで、低温調理ができるのは、「Ultra」もしくは「sous-vide」モード搭載の機種です。

アメリカで生卵・卵かけご飯を食べる方法

以前の記事「アメリカの安全な卵!卵かけご飯ができるPasteurized eggs!低温殺菌卵」でもご紹介していますが、アメリカでスーパーにならんでいる普通の卵は、サルモネラの殺菌がされていないので、生食はNG。しっかり火を通さなければなりません。

うちの近所には、Pasteurized eggs(低温殺菌済のたまご)が売られていますが、販売場所が限定されており、とても値段が高いです。

似た言葉に、Pasture-Raised(放牧育ちという意味)の卵がありますが、こちらは低温殺菌ではありません。

本来生食してはいけませんが、以前、間違えて卵かけご飯にしたら・・・びっくり!!オーガニックでのびのびと育った鳥の卵は、すごく美味しいんです。

市販の低温殺菌済たまごは、おいしいけれど、放牧育ちではなく、ちょっと薄味なんです。

つまり、濃厚でおいしい卵かけご飯を食べたい場合は、Pasture-Raised eggを自分でPasteurized eggにして、だし醤油でいただくと最高です!

アメリカでPasture-Raised eddのpasteurized eggsを自分で作って、だし醤油でいただく
和ごころLA

インスタントポットで、自分で低温殺菌ができるようになると、アメリカ生活でも生卵、卵かけご飯が食べられます!

欧米でも、生卵を使う料理(オランデーズソース、シーザーサラダやお菓子)のときは、お湯で殺菌して使う方法が取られていますが、お鍋の火では一定の温度を保つのが難しいです。その点、インスタントポットなら、自動で温度を保てるので、簡単にできますよ!

インスタントポット活用レシピ★低温殺菌たまごの作り方

たまごの生食の際に注意しなければならない「サルモネラ菌」の低温殺菌について、

アメリカ農務省USDAの基準によると、140F/60度で3.5分で99.99%の菌を殺菌(USDAサイト

ということになっていますが、家庭で行うことも考えて、私は5分でつくっています。

低温殺菌たまごの作り方

STEP
卵を常温にもどしておく

卵かけご飯には、Pasture-Raised【放牧育ち】の卵が濃厚でオススメ!

STEP
付属のトレイにたまごを置いて、卵がつかる十分な水を入れる

温度を安定させるためには、多い方が良い

STEP
Ultra(ウルトラ)もしくは低温調理(Sous vide)で、140F(60度)に設定し、5分。加圧はなしです。

(写真はプラス+3F度にしています)

STEP
終了したらすぐに氷みずにあげて冷やす
STEP
雑菌繁殖を防ぐため、しっかり水分を拭いて、冷蔵庫に保存(早めの消費推奨)

*わかるように[P]マーク書く

※低温殺菌するためには、白身が固まり始めるのが60度以上、70度で完全に固まり始めるので、60度での温度を保持する必要があります。143Fにしているのはほんの少し上乗せしてみました。

※上記の方法は、私が実際に自分で行ってる方法なので、妊娠中の方や、心配な方はマネしないでくださいね(自己責任でお願いします!)衛生技術が発展している近年は、新鮮なたまごであればサルモネラ問題はあまりないようなので、自分で低温殺菌してもほとんど問題がないように感じます。

※低温殺菌した卵は、中身は普通の卵と同じで固まっていません。

※冷蔵保存をして翌日に卵かけご飯でも食べますが、なるべく3日以内に消費するようにしています。

この方法だと、低温殺菌済たまごが手に入らないエリアにお住まいの方でも、美味しい卵かけご飯ができますよ!参考になれば幸いです。

参考:インスタントポット活用!アメリカ在住の日本人は何作ってる?アンケート結果まとめ

参考:アメリカのホームパーティ!おすすめメニュー【在米日本人のアンケート結果でわかったリアルなメニュー】