アメリカの買い物をお得にする方法 >>

アメリカの気候ガイド!四季の特徴と、おすすめの服装

アメリカの気候ガイド!四季の特徴と、おすすめの服装

この記事では、アメリカ気候と、おすすめの服装を紹介したいと思います。アメリカ旅行の準備にお役立てください。

目次

アメリカの気候の特徴

まず、大前提として…アメリカは広大な国土と多様な地形のため、地域によって特徴がか・な・り異なります。

渡航時は、「地域名+weather」などで検索し、その都度最新の情報をチェックするようにしましょう。

アメリカの気候の特徴を、ザクっとまとめるとこんな感じです。

【アメリカの気候の特徴】

  • 東海岸:温暖な気候、冬は寒暖差がある場所あり
  • 南部:南国的な気候(フロリダなど)
  • 中央部:大陸性気候で、夏と冬の気温差が大きい
  • 砂漠と乾燥地域: アメリカ南西部、アリゾナ州やネバダ州などは砂漠気候で知られており、降水量が非常に少なく、気温が高い
  • 山岳気候: ロッキー山脈やシエラネバダ山脈は山岳気候で、気温が涼しく降水量も多いです。この地域は特に冬の降雪が多い
  • 地中海性気候: カリフォルニア州の一部は地中海性気候で、冬は温暖で湿潤、夏は暑く乾燥
  • アラスカ州とハワイ州: アラスカは北部が北極気候、南部が亜寒帯気候で、長く寒い冬が特徴です。一方、ハワイは熱帯気候で、年間を通して比較的一定の気温があります。

ハリケーンが多い地域:トルネードアレイ

アメリカの竜巻が特に多い地域は「トルネード・アレー(Tornado Alley)」として知られています。テキサス州、オクラホマ州、カンザス州、ネブラスカ州、サウスダコタ州、アイオワ州、ミズーリ州、コロラド州、ノースダコタ州の一部が含まれます。メキシコ湾からの暖かく湿った空気と、ロッキー山脈から流れ込む冷たく乾燥した空気がぶつかることで、竜巻を引き起こすことがあります。特に春と初夏に竜巻が多く発生します。

出典Wiki

アメリカの四季(一年を通しての気候)

アメリカのほとんどの地域は、春、夏、秋、冬と四季がはっきりしており、それぞれの季節に異なる気象パターンがあります。

アメリカの春(3月〜5月頃)

春は気温が徐々に暖かくなり、自然が芽吹く時期です。この季節は全国的に気候が穏やかになり、雨が多い地域もあります。

  • 気候の変化: 全国的に気温が上昇し始めます。寒い冬からの移行期で、暖かく快適な日が増えます。
  • 自然: 花が咲き乱れ、植物が生い茂る時期。特に桜の開花はワシントンD.C.などで有名です。
  • 天候: 雨が多い地域もあり、一部地域では春の嵐や雷雨が発生することがあります。
  • 祭り・イベント: 春の訪れを祝う様々なフェスティバルやイベントが全国で開催されます。

サマータイム実施州あり

アメリカの夏(6月〜8月頃)

夏は最も暑い季節で、全国的に気温が高くなります。特に南部や西部では非常に高温になることがあり、多湿な地域もあります。

  • 高温・多湿: 特に南部や中西部では非常に暑く、湿度も高いです。西部の砂漠地帯では、乾燥した熱波が発生することもあります。
  • 観光シーズン: ビーチや国立公園など、アウトドアアクティビティが盛んになります。
  • 天候: 南部や中西部では雷雨や時にはハリケーンが発生することもあります。
  • 祭り・イベント: 独立記念日(7月4日)などの祝日やサマーフェスティバルが行われます。

アメリカの小中学校では6月前後から夏休み、航空券高騰

アメリカの秋(9月から11月頃)

  • 気温の低下: 涼しくなり、特に夜間はかなり冷え込むこともあります。
  • 紅葉: 北東部や中西部など、多くの地域で美しい紅葉が見られます。
  • 収穫期: 農作物の収穫期で、特に南部では秋の収穫祭が開催されることが多いです。
  • 祭り・イベント: ハロウィーン(10月31日)や感謝祭(11月の第4木曜日)など、文化的なイベントが多くあります。

11月サマータイム終了

アメリカの冬(12月から2月頃)

  • 寒冷化: 北部では厳しい寒さに見舞われ、多くの地域で雪が降ります。
  • スキーシーズン: 山岳地帯ではスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが盛んです。
  • 祝日: クリスマス(12月25日)、新年、バレンタインデー(2月14日)など、冬季には多くの祝日があります。
  • 南部の気候: 南部や西海岸では、冬でも比較的温暖な気候が続きます。

アメリカの気候:地域別の特徴

ここからは地域別の気候をご紹介します。クリックしてみてね。

ロサンゼルスの気候

ロサンゼルスの気候は全体的に温暖で過ごしやすく、極端な気温の変動が少ないのが特徴。雨もあまり降らないので、一年を通して屋外活動を楽しむことができ、観光地としても人気があります。

エミリー

雨は降っても、短時間でおさまることが多く、傘を使わない人が多いです。

  • 温暖な地中海性気候: ロサンゼルスは地中海性気候に属し、年間を通じて温暖で乾燥した気候が特徴です。
  • 降水量の少なさ: 一年を通して雨が少なく、特に夏は乾燥しています。
出典
  1. 春(3月~5月)
    • 穏やかな気温: 日中は温暖で、夜間は少し涼しいです。
    • 晴れの日が多い: 春は晴れの日が多く、気候が快適です。
  2. 夏(6月~8月)
    • 暑く乾燥した日々: 日中は暑く、乾燥しています。しかし、湿度は比較的低いです。
    • 「マリンレイヤー」の影響: 早朝や夜には、海からの霧(マリンレイヤー)が内陸部に流れ込むことがあります。
  3. 秋(9月~11月)
    • 温暖な日が続く: 秋も夏と同様に暖かい日が続きます。
    • 段々と涼しく: 晩秋には少し涼しくなり始めます。
  4. 冬(12月~2月)
    • 最も涼しい季節: 冬は比較的涼しく、時には寒い日もありますが、極端な寒さは稀です。
    • 雨季: 冬はロサンゼルスの雨季にあたり、年間降水量の大部分がこの時期に降ります。
エミリー

LAは年間をとおして温暖で湿気を感じにくく、カラッとしていて過ごしやすいです!海近くは寒いので、上着は持ってきた方が良いですよ

サンフランシスコの気候

サンフランシスコの気候は、年間を通して比較的穏やかで過ごしやすく、夏の高温を避けたい人にとっては特に魅力的な都市です。しかし、夏の冷涼さや霧には注意が必要で、特に夜間は温度がかなり下がることがあります。そのため、一年を通して暖かい服を持ち歩くことが推奨されます。

  • 温暖で冷涼な海洋性気候: サンフランシスコは、太平洋に面しており、海洋性気候の影響を受けています。そのため、年間を通して温暖でありながらも、特に夏には冷涼な日が多いです。
  • 霧の都: サンフランシスコは霧が多く、特に夏には海からの冷たい霧が市内に流れ込みます。
サンフランシスコの気候
エミリー

データでも6〜7月の気温が下がっているのがわかります

  1. 春(3月~5月)
    • 穏やかな気候: 春は気温が徐々に上がり、比較的穏やかな天候が続きます。
    • 晴れる日が増える: 春の終わりにかけて、晴れの日が増えてきます。
  2. 夏(6月~8月)
    • 冷涼な夏: サンフランシスコの夏は他の多くのアメリカの都市と比べて涼しく、時には肌寒い日もあります。
    • 霧の影響: 夏は霧が特に多く、市内に冷たい霧が流れ込むことが一般的です。
  3. 秋(9月~11月)
    • 最も温暖な時期: 秋はサンフランシスコで最も暖かい季節です。特に9月と10月は晴れた日が多く、気温も快適です。
    • 穏やかな天候: 秋の天候は非常に穏やかで、観光に最適な時期とされています。
  4. 冬(12月~2月)
    • 涼しく湿った冬: 冬は涼しく、時には寒い日もあります。また、この時期が雨季にあたります。
    • 雨の日が多い: 冬はサンフランシスコで最も雨が多い季節です。
ニューヨークの気候

ニューヨーク市の気候は季節によって大きく変わるため、訪問する際にはその時期の気候に合わせた服装が必要です。特に冬は非常に寒くなるので、防寒対策をしっかりとすることが重要です。夏は暑く湿度が高いため、軽くて通気性の良い衣服が適しています。秋と春は比較的穏やかで、屋外での活動に最適な季節です。

  • 温帯湿潤気候: ニューヨーク市は温帯湿潤気候に分類され、四季がはっきりしています。
  • 季節ごとの温度差が大きい: 年間を通して温度差が大きく、特に夏は暑く、冬は寒いです。
出典
エミリー

1〜2月は最低気温が0度を下回ることも!防寒はしっかりと

  1. 春(3月~5月)
    • 気温の上昇: 春になると徐々に気温が上昇し、暖かくなります。
    • 気候の変化が激しい: 春は気候が変わりやすく、暖かい日もあれば、まだ寒い日もあります。
  2. 夏(6月~8月)
    • 暑く湿度が高い: 夏は非常に暑くなり、湿度も高くなります。時には熱波に見舞われることもあります。
    • 雷雨が発生しやすい: 夕方には雷雨が発生することがあります。
  3. 秋(9月~11月)
    • 涼しく快適な気候: 秋は涼しく、過ごしやすい気候です。特に10月は秋の美しい紅葉が楽しめます。
    • 気温の下降: 秋の終わりにかけて、気温が下がり始めます。
  4. 冬(12月~2月)
    • 寒く雪が降る: 冬は寒く、雪が降る日も多いです。時には大雪になることもあります。
    • 風が強い日もある: 冬は風が強く感じられることもあります。
テキサス州ダラスの気候

ダラスの気候は年間を通じて比較的温暖ですが、特に夏は非常に暑くなるため、暑さ対策が重要です。また、春には強い雷雨や竜巻が発生する可能性があるので、その時期の天候予報に注意が必要です。冬は温暖ですが、稀に寒波や降雪があるため、寒さ対策も必要です。

  • 温暖な気候: ダラスは一般に温暖な気候を持っていますが、季節によってはかなりの気温差があります。
  • 夏は特に暑い: 夏の期間は非常に暑く、時には極端な高温になることもあります。
出典
エミリー

最近LAからダラスへ移住する日本人は多いのですが、かなりの気候差をかんじますね

  1. 春(3月~5月)
    • 気温の上昇: 春には気温が徐々に上昇し、暖かくなります。
    • 雷雨の可能性: 春は天候が変わりやすく、時には強い雷雨や竜巻が発生することがあります。
  2. 夏(6月~8月)
    • 高温と乾燥: 夏は非常に暑く、日中の気温がしばしば100°F(約38°C)を超えることがあります。また、湿度も高いことが多いです。
    • 熱波と日照り: この時期には熱波や日照りが発生することがあり、水不足に注意が必要です。
  3. 秋(9月~11月)
    • 気温の低下: 秋になると気温が下がり、より過ごしやすくなります。
    • 穏やかな天候: 秋は一般的に穏やかで、過ごしやすい天候が続きます。
  4. 冬(12月~2月)
    • 比較的温暖: 冬は比較的温暖で、テキサス州の他の地域に比べて寒さは厳しくないことが多いですが、時折寒波が訪れることもあります。
    • 雪や氷の可能性: 雪が降ることは稀ですが、時には氷雨や霜が発生することがあります。
テキサス州ヒューストンの気候

ヒューストンの気候は年間を通して比較的温暖ですが、特に夏は高温多湿であり、適切な暑さ対策が必要です。春と秋は過ごしやすく、冬は比較的温暖ですが、稀に寒波が来ることもあるため、冬服も準備しておくと良いでしょう。また、春には雷雨が発生することが多いので、天候の変化に注意が必要です。

  • 湿潤な亜熱帯気候: ヒューストンは湿潤な亜熱帯気候に属し、年間を通して温暖で湿度が高いのが特徴です。
  • 夏は特に暑く湿度が高い: 夏は非常に暑く、湿度も高いため、熱中症に注意が必要です。
出典
エミリー

テキサス州の2021年の大寒波は記憶に新しい。気候の変動がかなりありますね。

  1. 春(3月~5月)
    • 温暖な気温: 春は温暖で、気温は徐々に上昇します。
    • 天候の変化: 春には雷雨がよく発生し、時には激しい嵐になることもあります。
  2. 夏(6月~8月)
    • 非常に暑く湿度が高い: 夏はヒューストンで最も暑い季節で、高温多湿が特徴です。気温が95°F(約35°C)を超えることも珍しくありません。
    • 熱波と雷雨: 熱波が発生しやすく、雷雨も頻繁に発生します。
  3. 秋(9月~11月)
    • 気温の低下: 秋になると気温が少しずつ下がり始めます。
    • 比較的過ごしやすい: 秋は比較的過ごしやすく、特に10月と11月は屋外活動に適しています。
  4. 冬(12月~2月)
    • 温暖な冬: 冬は比較的温暖で、寒さはそれほど厳しくありません。しかし、時折寒波に見舞われることもあります。
    • 雨が多い: 冬は雨が多く、時には冷たい雨が降ることがあります。
アリゾナ州フェニックスの気候

フェニックスの気候は年間を通じて乾燥しており、特に夏は非常に暑くなります。熱中症や脱水症状への対策が重要です。冬は比較的穏やかで、冷え込む夜とは対照的に、昼間は快適な気候を楽しめます。春と秋は過ごしやすく、特に秋は屋外活動に適した気候です。

  • 砂漠気候: フェニックスは砂漠気候に属しており、一年を通して乾燥しています。
  • 夏は非常に暑い: 夏季は特に暑く、気温が非常に高くなります。
出典
エミリー

砂漠気候地域はより乾燥するので、保湿や爪やすりは必須

  1. 春(3月~5月)
    • 気温の上昇: 春になると徐々に気温が上昇し始めます。
    • 快適な気候: 春は一日を通して比較的快適な気温が続きますが、5月にはかなり暑くなることがあります。
  2. 夏(6月~8月)
    • 極端な高温: 夏はフェニックスで最も暑い季節で、気温がしばしば100°F(約38°C)を超えます。
    • 熱波と乾燥: 熱波が頻繁に発生し、非常に乾燥します。夜間も気温が大きく下がらないことがあります。
  3. 秋(9月~11月)
    • 気温の低下: 秋になると気温が下がり始めますが、特に9月はまだ暑い日が続くことがあります。
    • 過ごしやすい天候: 10月と11月には、より過ごしやすい気候になります。
  4. 冬(12月~2月)
    • 穏やかな冬: 冬は比較的穏やかで、昼間は温暖な気候が続きます。
    • 夜間の冷え込み: 冬の夜は冷え込むことがありますが、昼間は快適な気温になることが多いです。
シカゴの気候

シカゴの気候は季節ごとに大きく変化し、特に冬は寒くなるため適切な防寒対策が必要です。夏は暑く湿度が高いため、涼しい衣類と水分補給が重要です。春と秋は比較的穏やかで、屋外での活動に適していますが、春には雨具を用意すると良いでしょう。また、シカゴは風が強いことで知られているので、風対策も考慮する必要があります。

  • 大陸性気候: シカゴは湖畔に位置する大陸性気候で、季節ごとの温度差が大きいのが特徴です。
  • 「風の町」: シカゴは「風の町」としても知られており、年間を通して風が強い日が多いです。
出典
エミリー

冬は平均最高気温が0度と寒い〜

  1. 春(3月~5月)
    • 気温の上昇: 春になると気温が上昇し、暖かくなりますが、変わりやすい天候が特徴です。
    • 雨が多い: 春は比較的雨が多く、時には激しい雷雨も見られます。
  2. 夏(6月~8月)
    • 暑く湿度が高い: 夏は暑く、湿度も高くなります。気温が90°F(約32°C)を超える日も珍しくありません。
    • 雷雨が発生しやすい: 夏には雷雨が頻繁に発生し、時には激しい嵐になることもあります。
  3. 秋(9月~11月)
    • 涼しく快適な気候: 秋は涼しく、過ごしやすい気候になります。特に9月はまだ暖かい日があります。
    • 紅葉: 秋には美しい紅葉を楽しむことができます。
  4. 冬(12月~2月)
    • 寒く雪が多い: 冬は寒く、雪が多いのが特徴です。時には極端な寒波に見舞われることもあります。
    • 湖効果雪: ミシガン湖からの湖効果雪が降ることがあり、市内の天候に大きな影響を与えます。
アラスカの気候

アラスカの気候は地域によって大きく異なり、広範囲にわたる気候の多様性が見られます。観光や訪問の際は、訪れる地域の気候に適した服装と準備が必要です。特に冬は非常に寒くなるため、厳重な防寒対策が求められます。夏は一部地域で温暖な気候を楽しむことができますが、全体的には涼しい日が多いので、夏でも防寒対策が必要です。

  • 寒冷な気候: アラスカは一般に寒冷な気候で知られていますが、広大な州土により地域によって気候は大きく異なります。
  • 北部は極寒: 北部地域は北極圏に近く、極寒の気候が特徴です。
  • 南部の沿岸地域は比較的温暖: 南部の沿岸地域は温暖湿潤気候に属し、冬は温暖で夏は涼しいです。
出典
エミリー

上記はアンカレッジのデータです

エミリー

オーロラを見に冬に行きました。冬場は日照時間は3時間ほどしかないです。

  1. 春(3月~5月)
    • 気温の上昇: 春になると徐々に気温が上昇しますが、多くの地域では依然として寒いです。
    • 日照時間の増加: 春になると日照時間が増え、雪解けが進みます。
  2. 夏(6月~8月)
    • 短いが温暖な夏: 夏は短いですが、比較的温暖で、特に沿岸地域では過ごしやすい気候になります。
    • 白夜現象: 最北部では夏至の時期に白夜を経験することができます。
  3. 秋(9月~11月)
    • 急速な気温の低下: 秋には気温が急速に下がり始め、多くの地域で早くも雪が降り始めます。
    • 短い秋季: アラスカの秋は非常に短く、すぐに冬の寒さが訪れます。
  4. 冬(12月~2月)
    • 厳しい寒さと長い夜: 冬は非常に寒く、北部では極端な低温になります。また、日照時間が極端に短いです。
    • 雪と氷: 多くの地域で厚い雪が降り、氷が張ります。
ハワイの気候

ハワイの気候は年間を通して温暖で過ごしやすく、特に冬の寒さを避けたい観光客に人気のある目的地です。しかし、冬には雨が多くなるため、雨具の準備が必要です。夏は暖かく乾燥しているため、屋外活動やビーチでの過ごし方が理想的です。全体的には軽い衣類で快適に過ごせますが、山間部や夕方には少し肌寒くなることがあるため、軽いジャケットやセーターを持っていくと良いでしょう

  • 熱帯気候: ハワイは熱帯気候に属しており、年間を通して温暖で安定した気候が特徴です。
  • 温度差が少ない: ハワイでは年間を通して温度差が少なく、温暖な日々が続きます。
出典

↑上記はホノルルのデータです。

  1. 春(3月~5月)
    • 穏やかな気温: 春は気温が徐々に上昇し、過ごしやすい日が続きます。
    • 晴れの日が多い: 春には晴れの日が増え、観光に適した気候になります。
  2. 夏(6月~8月)
    • 暖かい日々: 夏は暖かく、日中は少し暑い日もありますが、強い熱波は珍しいです。
    • 乾燥する日が多い: 夏は乾燥する日が多く、快適な海辺の休暇に最適です。
  3. 秋(9月~11月)
    • 温暖な気候が続く: 秋も温暖で、過ごしやすい気候が続きます。
    • 雨季への移行: 秋の終わりにかけて、徐々に雨季へと移行していきます。
  4. (12月~2月)
    • 最も涼しい季節: 冬はハワイで最も涼しい季節ですが、それでも温暖で過ごしやすいです。
    • 雨が多い: 冬は比較的雨が多く、特に山間部では降水量が増えます。

アメリカ旅行におすすめの服装

アメリカ旅行におすすめ服装・ファッションのアイディアをご紹介します。

アメリカ旅行時の服装

アメリカへの旅行におすすめのファッションは、訪れる場所や時期、アクティビティによって異なりますが、ポイントをまとめました。

1)季節に合わせたカジュアルファッション

  • 春・秋: 軽いジャケットやカーディガン、重ね着できる服
  • 夏: Tシャツ、ショートパンツ、シワになりにくい軽いドレス
  • 冬: 防寒着をプラス

防寒着は、渡航先の季節によって厚みを変更しましょう。NYやアラスカなどの冬は氷点下を下回る地域もあるため、厚手のコート、セーター、暖かいズボン、防寒アクセサリー(手袋、帽子、スカーフ)などを加えます。

動き回りやすい【スニーカーやフラットシューズ】をベースにした、カジュアルファッションがおすすめ

2)アクテティビティ用の服装

  • アウトドア(ハイキング、ビーチなど): 快適なスポーツウェアや水着、歩きやすい靴。
  • フォーマルな場所(レストラン、劇場など): ドレスコードがある場所に対応できるもの

アクティビティに合ったファッションを持参しましょう。

3)地域による違い

アメリカといえど、地域によってもかなり異なります。東海岸や西海岸の都市部では、トレンドのある洗練された服装が好まれることが多い場所があります。南部や中西部では、カジュアルなスタイルが一般的です。

エミリー

一般的に観光客が集まるエリアであればカジュアル服で大丈夫です

4)露出が多い服、ハイヒール、ブランドのバッグは注意

日本では女性がハイヒールを日常的に着用している場合がありますが、アメリカではシーンによって履き替えているという印象があります。パーティやクラブなどに出かけるときは、ハイヒール&露出高めファッションをすることがありますが、昼間の観光地でそういった格好の人は見かけません。ハイブランドのバッグの持ち歩き、ハイブランドで購入したとわかる紙袋を持ち歩く際も、日本よりも注意して持つ歩くようにしてくださいね。

アメリカの気候ガイド!四季の特徴と、おすすめの服装:まとめ

地域によって異なる点が多いので、エリアを中心に気温などは事前にチェックを!

現地の服装に馴染みたい場合は、アメリカのお店で服を買うのもおすすめです!

  • URLをコピーしました!

当ブログが本になりました

目次