アメリカの買い物をお得にする方法 >>

【アメリカの交通手段】レンタカー、タクシー、ライドシェアなど

【アメリカの交通手段】レンタカー、電車・タクシー・便利アプリ

アメリカの交通手段は多様で、地域によって利用可能なオプションが大きく異なります。この記事では、アメリカ国内で利用できる主要な交通手段について、詳しく掘り下げます。

目次

アメリカの交通手段:車

アメリカでは自動車が最も一般的な交通手段です。

アメリカでレンタカーを借りる

車社会のアメリカで、自由に旅をするなら、レンタカーを借りるがおすすめです!

レンタカーを利用する場合、多くの州で国際運転免許証が必要になります。

そして警察などで提示を求められた際は、

国際運転免許証は、日本の運転免許証と一緒に提示が必要

になるので注意してくださいね!

国際運転免許証の、有効期限は通常1年間。自動車免許センターや警察署で申請できます。

アメリカの各州によって規制が異なるため、訪問予定の州の具体的な要件を確認しておきましょう。以下の大手のレンタカー比較サイトなら、保険内容が日本語で確認&予約できます!明記のない追加費用はかからないので安心です。

エミリー

私も以前、日本から来た両親と一緒に旅行した際に、
こちらのサイトからレンタカーを借りました

左ハンドル+車線は日本とは反対ですが、道は幅広いので運転はしやすいと思います。

【子供連れの場合】レンタカーにチャイルドシートのオプションを選択できます

\アメリカの大手レンタカー会社と提携/

日本語サイト・プライスマッチ保証・明記のない追加料金なし

48時間前まで無料でキャンセル可能

LA⇨ラスベガスなど、片道乗り捨ても選べます

UBERなどのライドシェアを使う

気軽に移動する際に使いやすいのがライドシェアサービスです。Uber、Lyftなどの配車サービスアプリは、アメリカの多くの都市で広く利用されています。アプリを通じてリクエストし、ピックアップ場所と目的地を指定して乗車します。

エミリー

飲みに行く時もウーバーはよく利用します

UBER (ウーバー)はアメリカでの知名度No.1。無料なので、とにかくインストールしておきましょう。都市部では自転車やスクーターレンタルもあります。

\ 配車サービスNo.1 /

特典コード:682uhr

ライドシェアは、チャイルドシート車をリクエストできないことがあるので注意(都市によって異なる)

自転車・スクーター:シェアリングプログラム

ニューヨーク市のCiti BikeやサンフランシスコのBay Wheelsなど、多くの大都市では自転車シェアリングプログラムが利用可能で、短距離の移動に便利です。ライドシェアのLyftのアプリでもレンタルできます。

アメリカのタクシー

アメリカのタクシーといえば「イエローキャブ」。手をあげて止めるか、専用の乗車場から乗ります。ロサンゼルス国際空港のような場所では、混雑防止のためにタクシーやライドシェアが利用できる専用場があり、空港出口から離れた場所にあります。最近では、クレジットカードでの支払いが可能な場合が多いです。アメリカにおけるタクシーのチップの相場は、運賃の15%から20%が一般的です。サービスが特に良かった場合や荷物の手伝いなど追加のサービスを受けた場合は、それ以上をチップとして渡すこともあります。

チャイルドシートが必要な場合は、事前にタクシー会社へ連絡しておく必要があります。

送迎付きガイドに依頼する

ドライバーは、予約時に入力した名前を表示しているネームプレートを持って空港まで迎えにきてもらうサービスです。子供がいて、チャイルドシートが必要な場合はこいったサービスに事前にリクエストをしておくと安心です。

▶︎英語:空港送迎サービス(出迎えあり)

アメリカの交通手段:地域によっては注意

アメリカのバス

ハワイなどの観光地では、観光客に使いやすいバスがあります。乗り降り自由のバスは、ツアー会社などから乗車券を購入しておくと良いです。

観光用ではなく、一般用のバスは、地域によってはサービスの頻度や信頼性が低いことがデメリットです。たとえば、ロサンゼルス郊外ではバスは時間通りには来ず(だいたい20-40分ほど遅れていることも多い)、車を所有できない事情が方が乗っていることがあるので、治安が良い雰囲気は感じません。

多くの場合、バスの路線とスケジュールは、都市の公共交通機関のウェブサイトやアプリで確認できます。現金での支払い、事前購入した乗車券、または再充電可能なカード(例:メトロカード、クリップカードなど)、スマホアプリがは利用できます。念のために、小銭を用意しておくと便利です。

エミリー

LAの場合、空港からホテルまでは送迎を依頼して、ハリウッド周辺は、観光用バスに乗って回るのは一案です!

アメリカの地下鉄、電車

運行スケジュールは、平日と週末で異なる場合があり、深夜や早朝のサービスは限られていることが多いです。日本のような遅い時間までは運行していません。

運賃は、乗車券、トークン、再充電可能なスマートカード(例:メトロカード、クリップカード)、またはスマートフォンのアプリを使用して支払うことができます。一部の地域では、車内での運賃支払いは受け付けておらず、乗車前に運賃を支払う必要があります。

こちらも地域によっては、治安はとても良いとは言えません。たとえば、ロサンゼルスの地下鉄などはチケットを買わなくても構内に入れてしまうので、ホームレスなどが入りやすく、多くの人が好んで利用する日本の公共交通機関とは印象が異なる点に注意してくださいね。

エミリー

利用する際は複数人で、なるべく遅くならない時間帯に乗るようにしましょう

  • URLをコピーしました!

今回の記事が少しでも役に立ったら、クリックで応援してね!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

当ブログが本になりました

目次