アメリカの買い物をお得にする方法 >>

国際結婚で離婚しないために!お互いの理解と絆を深めるおすすめの本

アメリカ人の彼と国際結婚しました。育った環境/男女の違いをこえて、お互いを理解できるようになった、キッカケとなったおすすめの本をご紹介したいと思います。

現在は結婚5年目で、子供も生まれました。インスタでも「国際結婚で、旦那さんとどのようにうまく関係を築いているか・秘訣はある?」等と相談を受けるようになりました。

国際恋愛カップルは山あり谷あり

無事、結婚に至った私たちですが、彼氏&彼女の関係のときは、「お互いを理解すること」が大変な時期がありました。

彼は、アメリカで育ち、私は、日本で育ちました。

それだけでも、大きな「違い」があるのに、そもそも「男」「女」としても、考え方に大きな違いがあることに、気づいていませんでした。

付き合ってすぐの仲良が良いうちは問題ないのですが、ふたりの絆が試されるのは、どちらかにトラブルがおきるようなときです。

付き合って1年が過ぎ、結婚をみすえた付き合いをしていた私たち。

その時、私に「人生でもっとも崖っぷちの状態」になる事件が発生しました。

恐怖と不安でパニックになり、辛くてどうしようもない。
彼に理解してほしいと思ったし、きっと彼なら助けになってくれる、と期待しました。

でも、私の状況はうまく伝わらず、彼の行動は私の期待したものではありませんでした。

私はひどく裏切られたように感じ、キツく彼にあたりました。

追い込まれていたからこそ、言い方もきつかったと思います。

彼はやさしさと思って発言した内容が、(私にとっては)期待の内容じゃなかったので、苛立たれてしまいます。そして「じゃあどうしたらいんだ」と途方にくれます。

このようなことって、大なり小なり、カップルにはよくある話でしょう。

当時は、私が思っていた「こんな状態なんだから、こうしてくれて当然でしょ!(こうしてほしい)」という内容は、彼には全然伝わっていませんでした。

かといって、言葉で言ってしまうと、”命令”になってしまい、男性は反発するか、やる気を無くしてしまいます。
…ふんだりけったり。

ときに男女の喧嘩がおきると、女性は、”女友達”に相談します。

女性は共感の生き物なので「そんなのひどい奴ー!サイテー!」となぐさめあいます。そして女性は、自分の考えが正しいと感じ、「男が悪い」という気持ちに拍車をかけます。

女性は、相手が改心する宣言を言ってくれることを期待し、「そんなんじゃぁ…もういい!別れる!」と最後のカードを出すふりをして言ってしまう。

そして最悪の展開へ。

和ごころLA

…ていうのが、女心じゃないですか。

それで、別れる結末をえらべる彼氏&彼女の関係ならいいのですが、結婚となるとそうはいきませんよね。

私の知り合いは、10年以上結婚し子供もいたのに、奥さんから突然「もう無理」と離婚をい渡されました。私の友人や周りは、幸せな結婚している人が多いのですが、3組に1組が離婚するようになった今、「幸せな男女の関係が続けられる人」と「そうでない人」の違いってなんだろう、気になりました。

そんな風に、お互いのモヤモヤした溝に悩んでいた頃、彼がアメリカでこんな本を見つけてきました。

MEN ARE FROM MARS, WOMAN ARE FROM VENUS

<男性は火星から、女性は金星からやってきた>

アメリカでもベストセラーになったジョン・グレイ博士の本で、日本アマゾンでも恋愛部門で1位になってます。

私は、日本にいたので、その本の日本語バージョンを購入しました。

日本語版 ベストパートナーになるために(三笠書房)

※電子書籍ならすぐ読めます

※日本語版は、英訳に忠実なのか、やや硬めの表現です。類書の、サレンダード・ワイフのほうが読みやすいですが、完全女性向けです。ベスト・パートナーになるためには男女読めます。

少し言い回しが古いので、「ベストパートナーになるためにの続編」のほうが新しいです。こちらもおすすめです

著:ジョン・グレイ, 翻訳:児島 修
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ベスト・パートナーになるためにに書いてあることは、

なぜ「女の当たり前」が男にはつうじないのか

お互いが異星人である(男は火星人で女は金星人)ということを、心得ておかないと、男と女はうまくやっていけない。男女がそれぞれお互いの違いを心得て、尊重しあえるようになれば、二人の間のトラブルはたちまち減っていくはずである

出典:ベスト・パートナーになるために

そう、男は火星人・女は金星人のように、違う惑星の人類っていうくらいの、違いがあるんだよ、ということなんです。

愛情があるからこそ、お互いをもっと理解したいという気持ちがあったので、

彼はアメリカで、私は日本で、お互いに読みました。

私が最初にこの本を読んだ時は、崖っぷち状態なので、たくさんの感情がうずまいて理解するのに時間がかかりました。

もっとも勉強になったのは…

本当に理解しあいたければ、「男のプライドを傷つけてはならない」ということです。

男性は、ヒーロー願望があり、彼女の幸福は、自分の幸福と感じるのが本来の姿。

だけど、頭が切れる女性側が、よかれと思って、勝手にアドバイスや批判のナイフを差し込んでいる。

そうすると、男性は萎縮して、自信がなくなり、いい方向にいかなくなるんです。

たとえば、「どうしてXXなの?!」というような言葉。

「どうしてXXは、色々連れていってくれるのに、あなたはどこにも連れてくれないの?」

かまってほしくて、愛されたくて、責めるような言い方をしてしまうことは女性はあります。

「こうするほうが絶対に良いじゃん。なんでそうしないの?」

先が見えるほどズバっと言いたくなっちゃいます。

だけど、この本を読んで、男女の考え方の違いに気づいてからは、同じことを言うにも、言い方に気をつけなきゃ逆効果の結果を呼んでしまう、と超反省しました。

男女の違いについて書かれていますが、この本は、女が我慢せよという話ではありません。

男女の考え方の違いを理解たうえで、尊重する方法を知ると、とくに男性は女性の希望する行動を、言わなくても自らやってくれるようになります。

結婚がうまくいっている友人を見ると、この本の通りでした。結婚や男女関係をうまく保てている人は、無意識にやっていることだったんです。

かくいう、私の旦那さんとなった彼は、今となっては「Happy Wife, Happy Life」(奥さんの幸せが、人生の幸せ)といって、いつも家事を手伝ってくれたり、喜ばせるようなことをたくさんしてくれます。

この本を読んでおけば、「尽くして、尽くして、こんなにあなたにやってあげたんだから、あなたも私のこと大事にしてくれるでしょ!と期待してしまい、期待通りの反応を旦那がしてくれないから、三行半をくだす」というあるある離婚は、きっと起きないだろうと思います。

和ごころLA

ただ…たまに忘れてしまうので、ときどき読み返すようにしています。笑

国際カップルにおすすめの本「ベスト・パートナーになるために」まとめ

カップルでも、夫婦でも、ふたりの関係に悩んだらぜひ読んでみてください。著者のジョン・グレイ心理学者は、アメリカ人なので、内容・事例などがアメリカっぽいのが含まれています。国際カップルは、英語版があるので、二人で読めるのがうれしいポイントです。

英語版MEN ARE FROM MARS, WOMAN ARE FROM VENUS

日本語版ベストパートナーになるために(三笠書房)