アメリカで妊娠・出産準備

アメリカでマタニティフォトの撮影!安くお得に撮影する方法

アメリカでマタニティフォトの撮影!

アメリカ移住ブログ【リブアメ】、和ごころLAです。

アメリカで妊娠し、出産前にやりたかったマタニティフォトの撮影をしてきました。

アメリカのマタニティフォト

英語でマタニティフォト撮影を、Maternity photo shootingといいます。

後悔しないよう、妊娠中にやっておきたい事リスト【13選】にもいれていますが、アメリカでは妊娠中のお腹の写真をのこす、マタニティフォトを撮影するのが一般的です。

臨月を越えると、体調が変わりやすく、いつ生まれるかわからないため、受付NGのスタジオもあるので、32〜36週目ごろに撮影するのがおすすめです。

日本のマタニティフォトでは、ブラトップ+スカートで、お腹を出して撮影するカジュアルスタイルが人気です。

しかし、アメリカでは、マタニティフォト撮影用のドレス(maternity photoshoot dress)を着て、カジュアルよりもドレッシーでロマンチックなイメージの撮影が人気になっています。

マタニティフォト撮影費用

プロのカメラマンにマタニティフォトを依頼すると、ロサンゼルスでの相場は約$300〜$500前後となかなかの高額でした。

写真は取りたいけれど、これから膨大にかかる赤ちゃんの費用もあるし、あまりお金をかけたくないというのが本音。

「出産後、赤ちゃんと一緒の写真」のほうに、お金をかけるのか、

「出産前、マタニティフォト」のほうにお金をかけるのか、どちらがいいか旦那さんと相談したところ、

”出産後の赤ちゃんとの写真によりお金をかけたい”という結論に。

私自身も、子供のために少しは写真残したいけど、妊娠して15kg近く太ってしまい…まるまるとした顔、パンパンにむくんだ体で撮影するのが、ちょっと嫌でした(涙)

そのため、なるべく安くで撮影できるなら撮影しよう、ということに!

安くお得にマタニティフォトを撮影する方法

安く撮影できる場所といえば、ファミリースタジオのJCPenny Portraitsです。


クーポンなどを利用すると、なんと1枚だけ撮影したいなら、約20ドルで撮影ができるんです!

$20でマタニティフォトの撮影は格安すぎる

さらに、もっともお得に撮影する方法は、

本サイト・リブアメでご紹介の「現金$10がもらえる!ネットショッピングや、海外仕入でキャッシュバックする得ワザ」に加入して、まず$10のキャッシュをゲットします。

その後、Groupon(グルーポン)のサイトへ行きます。

グルーポンでは、JCPennyポートレートのパッケージがほぼほぼ常時でているので、使いたいものを購入します。$19.99のコースか、$29.99のコースが人気です。

こちらのチケットを購入すると、Ebatesで3%(時期によって変動)のキャッシュバックがもらえますよ!トータルで実質$10以下に!笑

JCPenny Portraitsの感想

実は、こういったファミリー向けスタジオは初めて行きました。

前日にスタジオから連絡があり、「マタニティフォトに使いたい小物を持ってくるように」と、「ファミリーフレンドリーなスタジオなので、ヌード系のマタニティフォトは撮影禁止」「着替えを持って来てもよい」の案内がありました。

時間になって、スタジオに行くと、そこは小さなスタジオが2つ。壁紙は6種類ほどから選べる簡易なタイプでした。隣のブースでは、新生児がはじめての写真を撮影していました!

アメリカらしく、撮影時間の制限時間はとくになく、枚数制限もありませんでした。

フォトフロップスや、It's a BOYなどのフラグ、旦那さんが毎日お腹に読んでいる絵本などを持っていったので、希望のポーズで撮影できました。

衣装は2着持参し、ドレスタイプと、カジュアルタイプの2種類を撮影しました。

アメリカのマタニティフォトの定番ポーズ

以下のような、マタニティフォト定番ポーズはひととおり撮影しました。

▲お腹のうえでハートをつくる

▲旦那さんがお腹にキスする

▲超音波画像と一緒に撮影

などなど

結局、写真は追加購入することに

グルーポンで購入していたのが、デジタルイメージ1枚コース($19.99)だったのですが、

やっぱり撮影しているともっと欲しくなってしまい、その場で通常料金の$69.99で追加!!

最初から、デジタルイメージ3枚付のコース($29.99)にしとけばよかったと、家に帰ってから気づいて後悔しました〜。(涙)

まとめ

予算の関係で、撮影しない方向だったマタニティフォトですが、格安の費用で撮影できたので、よかったです。

やっぱりこの時期は今しかないので、少しお金をかけてでも撮影しておくのがおすすめです。

そのほかのやりたいことリストはこちら↓

後悔しないよう、妊娠中にやっておきたい事リスト【13選】

© 2021 【リブアメ】和ごころLA