【悲報】JRジャパンレールパスが海外在住の日本人への販売を終了

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。

ショックです・・・( ;∀;)

アメリカ人の旦那さんと、今年は日本へいろいろと観光に行ってみたいね~、と話していて、

日本国内を回るには一番お得なJRパス(JRジャパンレールパス)を、

ついに買える日が来た!と思っていました・・・

ジャパン・レール・パスは、JRグループ6社が共同して提供するパスで、
日本中を鉄道でくまなく旅行して回るのに最も経済的なきっぷです。
公式サイト

どれだけお得かというと、

新幹線・JR電車・バス・フェリーが日本全国、乗り放題です。

特に新幹線がお得で、

指定席の新幹線が7日間、大人29110円で乗り放題。

東京~大阪の片道が、指定席が14450円/片道なので、往復すれば元がとれます。

つまり、このJRパスがあれば、外国人観光客は一度に全部の交通機関へのお金を支払えてしまう優れもの。

 

こちらがなんと、2017年の3月末で、海外在住日本人への販売を終了してしまったのです!

アメリカ人の旦那さんは、もちろんパスが買えるけど、
私のように、外国人と結婚した日本人には、販売中止。

つまり、一緒に日本へ旅行するのに、日本国籍の私はパスが使えないんです・・・

私だけその都度、別のみどりの窓口にならんで、新幹線のチケットを買わないといけない( ;∀;)一般価格で。

<公式HPの案内>

下記の利用条件を満たす方への発売は、平成29年3月31日の引換証発売分(日本国内での引換は、平成29年6月30日まで)をもって終了させていただきます。

(2)
日本国籍をもって日本国外に居住し、下記条件を満たす者

a. その国に永住権をもっている場合
b. 日本国外に居住する外国人と結婚している場合

ショック・・・

公式 「ジャパン・レール・パス」のご利用資格一部変更について

どう考えても、改悪です。。

外国人と結婚した日本人が、旦那さんや子供と一緒に日本を案内することは、訪日外国人扱いにならなくなったということです。

和ごころLA
日本のルールでは、海外在住者でも、免税はできるのにぃ~!

 海外在住者が利用できる、免税購入のお得な利用方法とホント

 

海外在住の日本人への販売を終了する理由とは

おそらく(これは私の予想ですが)、

日本人国籍の人が、このJRレールパスを、賢く利用(悪用?)しすぎていると、JRに思われているのかもしれません。

このJRパスは、1往復すれば元が取れるので、国内を飛び回るビジネスをしている人には最高なんです。

最近、永住権を取りやすく税金の安い台湾などに、移住する日本人が増え、

そういった海外在住の人が、このお得さをビジネス利用として頻繁に使っているケースを聞きます。

たしかにそれだと、不公平感はあるかもしれません。。。

 

しかし、そういう人ばかりではないのも事実です。

アメリカやほかの国に住んでいる、フツーの海外在住の人にとっては、

日本へ行くことは、すごく特別なイベント

海外で子供がいる場合は、親子で日本のいろんな場所につれてってあげたいと思うのが親ごころなのに・・・

日本国籍の人だけ販売できないとなると、家族のなかで、別行動しないといけなくなるので、

かなしいなーって思うんですよ。。

 

 

JRパスの本当の問題点とは

先日、一時帰国してすごく感じたのは、

どこにいっても、JRみどりの窓口には、外国人観光客でいっぱいであること。

日本人の人は、窓口の列に並ぶのが嫌になるほどです。

東京や京都、大阪などでは、外国人専用の窓口があり、

日本語人はコチラ、外国人はコチラと、受付が分けられています。

 

外国人観光客は、このJRパスを利用すると、

新幹線の指定席が取り放題なんです。(何枚でも指定券を買える)

 

しかし、実際に新幹線に乗ってみると、自由席にかなり多くの外国人観光客が乗っているんですよ。

おかしいと思いませんか?

”指定券を取るだけ取って、乗らずに放置”

JRパス所持者への対応は、どんなに時間を掛けたところでJRにとって追加の収入にはなるわけではない。それどころか、これによる収入減のリスクさえある。訪日客による「指定券の取り放題」は、結果として座席の無駄遣いにつながるため、本来であれば得られる指定券販売収入を減殺してしまっているのだ。

現在の規定では、JRパス保持者が指定を取った列車に乗らなくても金銭的な罰則はない。そのうえ、パスのどこにも「不要な指定券は返却してほしい」といった明示がない。したがって、パス保持者には、次のような行動を取るインセンティブが働く。混雑している窓口に並ぶ以上は「可能性の低いものも含めて、取れるだけ指定券を取る」。そして使用しない指定券については「乗らずに放置する」。

参考:東洋経済オンライン(現状の鉄道周遊券は、訪日観光客に甘すぎる)

要するに、

外国人観光客は、みどりの窓口でJRパスを買って、指定席を取る。何枚でも取れる。

しかし、指定席がよくわからなかったのか、その列車に乗り遅れたかで、その席には乗らずに放置、

そして結局、「自由席」に乗っている人が多いんです。

こうなると、指定席はガラガラで、自由席が外国人でやたらいっぱい。

自由席はチケットの拝見がないので、駅員さんは指摘することもありません。

先日なんて、新幹線のこだまで、自由席車両は、6割が外国人、4割が日本人でした。

 

”JRパス所持者による「指定の取りっぱなしによる空席」により、一般客が取りたいときに指定席が取れない”

これが結局、日本の一般人に影響がでるのではないでしょうか。

海外在住の日本人に対する販売をとりしまるんじゃなくって、こっちの問題を解決してほしい!と思ったのが本音です。

海外の電車は、時間通りに来ないことも多いですが、日本の新幹線は、きちんと時刻通りにくるので、指定した時間に、指定の座席に乗るように、きちんと外国人観光客にアナウンスすべきです。

 

日本の駅は、まだまだ外国人観光客には難しい

今回、一時帰国した際に、何度か新幹線に乗りましたが、

・・・難しい

と、私も思う事がありました。

 

1)看板の英語が小さい・表記が変

まず、

看板の英語が小さい。小さすぎる。

日本人にとって、英語表記はおしゃれだから使っているように見えます。

その文字を一生懸命見て駅をうろうろしようとすると、小さすぎて見えない・・・

どうせ書くならもっと大きく書いて欲しい。

 

2)切符の購入が難しい

日本では切符を買おうとすると、大変です。

まず頭上の路線図で、行く先を見て、金額を見て、その金額の切符を買う。

初めてきた場所では、目的地が北か南かさえわからず・・・ドコ?ドコ?ドコ?

 

それで駅員さんに聞くのですが、日本人の私には態度が冷たい・・・

「切符なんて買わず、ICパスでピっとして行けよー」といわんばかり。

日本人顔の海外在住者にとって、悲しいのが「ICパス」を持っていないことです。

かざすだけで改札を通れるICパスは、便利ですが、私はもう持っていません。

 

おそらく世界中の人はそんな便利なものが、世の中にあることも知らない人が多いのではないでしょうか。

必死で切符を入れようと思っても、「IC専用レーン」がずらり(;゚Д゚)・・・

ど、どこにいけば・・・

外国人観光客が、駅で困惑し立ち尽くす理由がわかった気がしました。

 

復活してほしい、日本人むけJRパスの販売

まだまだ公共機関の外国人むけの対策は、改善の余地がありそうです。

2020年の東京オリンピックには、今海外に住んでいる日本人の人も、

「そのときくらいは日本に帰りたいなー」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そのころには、日本人向けのJRパスの販売が再開されることを願いますm(__)m!!

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
現金$10が郵送でもらえる!アメリカでは定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
You might also like