予約必須!ゲティヴィラミュージアム Getty Villa Museum

MALIBU / マリブ

ハロー!和ごころLAです。

ロサンゼルス観光でおなじみの、石油王ポール・ゲッティのコレクションを展示する無料の美術館Getty Center

そちらは、ロサンゼルス都市部から近く、何度か訪れたことがありますが、

もうひとつのマリブという地域にある、Getty Villa Museumに行ってきました。

Getty Villa Museum(ゲティヴィラ)への行き方

ロサンゼルス観光で、ゲティヴィラに向かう場合は、レンタカーが必須になります。

ロサンゼルス中心部からマリブへは、車で約1時間から1時間半ほどの場所にあります。

 

The Getty Villa
17985 Pacific Coast Highway
Pacific Palisades, CA 90272

入館無料:駐車代別途

朝10時から午後5時まで※完全予約制

火曜日休館(サンクスギビング、クリスマス、1/1は休館)

 

カリフォルニアの青い空と、海風を感じながらのドライブは気分爽快!

いちご〜、 いちご〜、 いちご〜、 ココナッツジュース〜、ココナッツジュース〜、ココナッツジュース〜。。。

いつどこで買えるのかわからないけど(これぞユニバーサルデザインw)、PCH(Pacific Coast Highway)を走っていると、こんな看板を見つけました。笑

Getty6410_4Getty6410_5

ゲティヴィラの入り口に到着。

Getty6410_6

ポイントは、北方面から向かうと、入り口に、かなり入りづらいです!!南から入るのがおすすめ。だいぶ遠くまで行かないと、Uターンできません。

出口も一方通行なので、車の多い週末などなどは、入るだけでかなり時間がかかります。

Getty Villa Museum(ゲティヴィラ)は予約制

Getty Villaは、ゲティセンター同様、入場は無料です。(駐車場代のみ必要)

Getty Villaへ向かう際、気をつけるべきは、完全予約制なので、事前予約が必要ということです。
http://www.getty.edu/visit/villa/
当日予約はできず、週末行くことを計画しているのであれば、なるべく早めに予約しておいたほうがベターです。

Getty6410_7

チケットは印刷して持参しましょう!

入場料は無料ですが、パーキング代が15ドル必要でした。

Getty Villa Museum(ゲティヴィラ)美術館

ゲティヴィラ ミュージアムは、西暦79年に古代ローマ時代の別荘ヴィラ ディ パピリをモデルにしたものだそうです。
古代ローマ住宅の建築要素をもとにデザインされた、広さと風格があります。

 

道路から入ってすぐの、予約チケット確認場所では、一見狭そうにもみえたのですが、

奥に進めば進むほど、土地が広い設計になっており、敷地内にはショッピングモールのような立体駐車場が2つもあります。

 

ミュージアム入り口すぐのトイレ横の廊下
教会の通路のような雰囲気のある廊下。天井が高くて開放感があります。

Getty6410_11

 

アトリウム
古代ローマの住宅では、大応接間として使用された場所。大学の構内みたいですね。

Getty6410_13

 

ハーブガーデン
古代ローマの住宅には、家庭菜園スペースがあったそうです。
バジルなどが栽培されており、ここで生産されたハーブは売店で購入することができます。
Getty6410_46

ヘラクレス神殿

Getty6410_24
イーストガーデン
Getty Villaの面白いところは、彫刻などの表情がとっても豊か。
Getty6410_27

ペリスタイル外廊

Getty6410_37

絵で描かれた壁は、よく見ると顔が怖いんです。

メディテーション(瞑想)をするのにいい場所とされているようなのですが、ここにひとりでいたら、落ち着かないかもしれません。

 

この日は、水が張られていなくて残念。

Getty6410_35

 

ゴールドのオリーブの冠

Getty6410_44

 

がくがくブルブル

Getty6410_43

 

テーブルの脚

Getty6410_39

 

日本語のガイドが配布されています!

Getty6410_16

教科書でならったような、古代ギリシャ時代の貴重な発掘物がいっぱい展示されていました。

これをヨーロッパ本土から、アメリカまで取り寄せて、いち個人が保管してるってほんとすごいですよね。

ぜひ機会があれば行ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧