【旅テク】アメリカは変圧器不要?変圧器を使わない理由&おすすめアイテム

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。

アメリカで生活をする場合、「変圧器」って必要?と、

心配になる方もおられると思います。

私はロサンゼルスで生活し、日本の電化製品も持ってきていますが、現在は変圧器を使っていません。

便利な旅テクと共に、その理由をご紹介します。

 

アメリカと日本は、電圧が異なるので注意が必要

アメリカの電圧は、交流110V~120Vで周波数は60Hzですが、日本の電圧は、交流100Vで周波数は50Hz – 60Hzです。

つまり、アメリカのほうが電圧が高いですね。

日本のドライヤーをアメリカのコンセントに差し込むと、よりパワーが強い(熱を持っている)ように感じます。

そのため、日本の家電製品をアメリカで使う場合は、電圧をダウンさせる変圧器を、間にはさんで使います。

たまに、「アメリカの電圧のほうが高いんだから、日本の家電製品をそのまま使っても問題ないでしょ」と思って、そのまま使っている人がいます。
正直なところ、「本当に利用できないか?」と聞かれれれば、たいていは利用できる(電源がつく)ことが多いです。しかし、いつ故障するか・いつ火災が発生するかはわからないので、自己責任。家電の取扱説明書を見ると、海外対応でない製品を、海外で利用すると、保証の対象から外れてしまいます。

・・・つまり、どうしても日本の家電製品を使いたい場合は、変圧器を購入するほうがベターということになりますね。

(たとえ変圧器を使用しても、海外使用では保証 NGの商品もあるのでメーカーに要確認です)

 

変圧器が必要か、確認してみよう

入力(INPUT)が、「AC100V」と書いてあるものは、日本の電圧「100V」しか対応していないので、アメリカで使うためには変圧器が必要になります。

「100V -250V」と書かれているものは、 240Vまでの対応なので、アメリカの120Vは範囲内の値となり、変圧器は不要です。

【日本国内のみ】 AC100V 50-60Hz

【世界対応】 INPUT: 100V – 240V 50/60Hz

 

使うのは避けたい!変圧器

実際にアメリカで生活をするとなると、毎日の生活で変圧器を使うのは大変です。

私が、変圧器を使わない理由は3つ。

1)変圧器は、重くてデカイ

というのも、高い電力を使用するようなヘアドライヤーや、アイロン、掃除機などは、そのワット数に対応する変圧器が必要なんです。日本の楽天などで販売されているのは、たいていがトラベルサイズ対応のもの。使用できるのは、携帯やデジカメを充電する程度の電圧です。

高い電力(1200Wなど)が必要な場合は、それ相応の変圧器が必要なんです。高いワットに対応する製品は、結構大きくて重いです…

この商品は、Reduced size & Weight (サイズが小さく&軽くなった)モデルとして売られていますが、

Weight【重さ】 29.25 lbs =  13.2kg

Dimensions【サイズ】 8.75″ x 6.75″ x 12.00″ = 22.2cm x 17.1cm x 30cm

デカイです・・・でかすぎます・・・

どう考えても家のリビングに置くには邪魔な大きさです。

 

2)変圧器は、高い

上記の変圧器は、アップもダウンもできる両刀派で、 5000ワットまでの電圧に対応しています。便利品ではありますが、こちらの金額なんと $199(2017年 9月現在)。

ヘアドライヤーなどは、20ドルほどで購入できるので、そこまでして、特別使いたい電化製品があるかどうかが、キーポイントになる値段です。

 

3)日本の家電はアメリカで売りにくい

やはり、「どうしてもコレじゃないと嫌だ!」という家電ではなければ、アメリカ生活ではアメリカのものを購入するのがおすすめ。

アメリカでは、中古品やいらないものを、ガレージセールや、インターネット掲示板で、中古品を売買する文化が浸透しています。そのため、生活必需品で、電圧が高い、冷蔵庫・ヘアドライヤー・炊飯器・ホームベーカリー・トースター・電子レンジなどは、アメリカで購入し、アメリカを出るときは売るか、譲ってしまうのがいいと思います。

炊飯器なんかは、案外値を下げずに、引き取ってくれるケースも多々あります。(たとえば120ドルで購入した炊飯器を、数年使ったあと80ドルで売るetc)

 

アメリカのプラグの形状

プラグの形状は、アメリカ製品も日本の製品もほぼ同じで、2ピンの差し込みタイプが一般的です。

アメリカの家電製品プラグには、アース線がついた3ピン(3つ穴)タイプのものもあります。それを2本型の差し込み口に、変換して利用したい場合は、こういった商品を利用します。

日本から持参する場合は、2ピンなので大丈夫だと思います。

 

【旅テク】海好きにおすすめのアイテム

アメリカへの旅行でも、日本への一時帰国の際も・・・どんな国へ行っても、変圧器を心配せずに旅行ができると楽ですよね。

やはりおすすめは、最初から「世界電圧対応」の家電を購入することに限ります。

最近では携帯やデジカメ、ノートパソコンのほとんどが世界電圧に対応してきていますが、古い機種は利用前にチェックしてみてください。

 

おすすめのヘアードライヤー

アメリカ旅行にも、他の国や日本国内での旅行におすすめのヘアドライヤーは、シャープのプラズマクラスター(海外対応版)です。折りたたみができ、軽量505gというペッドボトルドリンクほどの重さは、どこへでも持ち運びやすい。小型のドライヤーは、パワーが弱めな印象ですが、こちらは髪が乾きやすい。アメリカのドライヤーはパワーがありますが、イオンドライヤーの種類はそれほど多くはありません。日本クオリティのドライヤーを利用したい人にもおすすめです。

リンク → 日本のアマゾン  → アメリカのアマゾン

 

テスコムの2イン1ヘアアイロン

このテスコムのヘアアイロンは、旅行好きの人でもそうでなくてもおすすめの一品。ストレート機能と、カール機能がひとつになったタイプ。さらに、スチームもついて、特別なスプレーを持ち歩かなくても、カールが長持ち。温度調整も簡単で、プロ仕様にもなります。もちろん海外対応で、アメリカ国内でも、日本国内でも使えるので、旅女(タビジョ)のマストハブアイテムです。


リンク → 日本のアマゾン → アメリカのアマゾン

 

携帯は、iPhoneにすると一番楽!

iPhoneは充電器が世界対応100V-240Vになっているので、安心して使えます。旅の途中でのメリットは、万が一電池が無くなって、充電器を持ち合わせてなくても、現地の人にチャージャー(充電器)を借りやすい”ということ。利用者が多いので、持っているひとを見つけやすいです。

いかがでしたか?

アメリカへ旅行や留学、生活をスタートされるときは、”海外電圧対応”の製品を購入するのがおすすめです!

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
現金$10が郵送でもらえる!アメリカでは定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
You might also like