アメリカ生活

アメリカの祝日・休日リスト【2020年版】

アメリカ休日

アメリカ在住者の視点で、アメリカの休日をまとめてみました。

アメリカの祝日の日数は11日しかない

実はアメリカ国全体での祝日は、意外と少ないんです。アメリカ合州国議会(the United States Congress)によって、決められている祝日は以下の11日のみ。これらはFederal Holidaysと呼ばれ、州によっては特定の日が祝日になる場所もあります。

政府関連の仕事や、銀行はこちらのフェデラルホリデーに準じて休日になるることが多いです。

アメリカの祝日・休日一覧【2020年版】

2020年のアメリカの祝日
1月1日New Year’s Day 元日
1月20日Martin Luther King, Jr Dayキング牧師生誕記念日
2月17日President’s Day (George Washington’s Birthday)大統領の日(ジョージワシントンの誕生日)
5月25日Memorial Day戦没将兵追悼記念日・メモリアルデー
7月3日Independence Day observed独立記念日の振替休日
7月4日Independence Day独立記念日
9月7日Labor Day勤労感謝の日
10月12日Columbus Dayコロンブス記念日
11月11日Veterans Day復員軍人の日
11月26日Thanks giving Day感謝祭
12月25日Christmas Dayクリスマス

覚えておくといい英語
observed : 振替休日のこと

たいていは、祝日が土曜日になると、金曜が振替休日になり、祝日が日曜になると、月曜が振替休日になります。

上記に加えて、4年に一度は、大統領の選挙があり、翌年1月に就任式(Inauguration Day)があります。

 祝日
New Year's Day1月1日
Inauguration Day4年に一度の1月20日
Martin Luther King, Jr. Day1月の第3月曜日
George Washington’s Birthday2月の第3月曜日
Memorial Day5月の最終月曜日
Independence Day7月4日
Labor Day9月の第1月曜日
Columbus Day10月の第2月曜日
Veterans Day11月11日
Thanksgiving Day11月の第4木曜日
Christmas Day12月25日

アメリカの休日カレンダーをダウンロードする方法

アメリカの休日のカレンダーをダウンロードるす場合は、Timeanddateというサイトがおすすめです。

PDFでダウンロードもできます。

アメリカのイースターは祝日?

イースターとはキリストの復活祭のことです。クリスチャンの多いアメリカでは、重要な祭日ですが、法律上の祝日ではありません。(州によって異なる。)

  • Good friday (イースター前々日の金曜日)はキリストが処刑された日
  • Easter (キリスト復活)
  • Easter Monday (イースター翌日の月曜日)

以上の3日間にわたって、教会などで催しが行われたり、エッグハントなどを行います。

アメリカの正月休みは1日だけ

多くの企業にとって、アメリカのお正月休みは、元旦の1月1日だけ。ほとんどの企業が2日から通常営業をします。アメリカの場合は、12月の半ばからクリスマス・ホリデー休暇をとっているため、正月は休みが短いです。

有名なカウントダウンイベントといえば、ニューヨークのタイムズスクエアで行われるカウントダウンイベント。毎年世界中から100万人以上集まるとも呼ばれるビックイベント。

そのほかでは、ホテルなどもカウントダウンパーティイベントに参加してみると楽しいですよ。

© 2020 【リブアメ】和ごころLA