アメリカ基本のキ

アメリカの50州の時差と、タイムゾーン

投稿日:

アメリカに住んでいても、知っているようで知らない、アメリカ50州の時差とタイムゾーンをご紹介します。

日本語でアメリカの50州の地図を作ってみました。

アメリカには、本土に大きく4つのタイムゾーンと、ハワイ州・アラスカ州独自のタイムゾーンがあります。

タイムゾーン標準時夏時間
表記UTC日本との時差UTC日本との時差
【東海岸】
Eastern Standard Time (EST)
UTC-5+14時間UTC-4+13時間
GMTGMT
-5時間-4時間
【セントラル】
Central Standard Time (CST)
UTC+15時間UTC+14時間
 UTC-6 UTC-5
GMTGMT
-6時間-5時間
【山岳部】
Mountain Standard Time (MST)
UTC+16時間UTC +15時間
UTC-7 UTC-6
GMTGMT
-7時間-6時間
【太平洋】
Pcific Standard Time (PST)
UTC+17時間UTC+16時間
UTC-8UTC-7
GMTGMT
-8時間-7時間
【アラスカ】
Alaska Standard Time (AKST
UTC+18時間UTC+17時間
UTC-9 UTC-8
GMTGMT
-9時間 -8時間
【ハワイ】
Hawaii-Aleutian Standard Time (HAST)
UTC+19時間サマータイムの実施無し
UTC-10
GMT
-10時間

UTC とGMTとは?

UTC(協定世界時)とは、世界各地の標準時を決めるときの基準となる「世界標準時」UT(Universal time)のことです。

GMT(グリニッジ標準時)とは、イギリス・ロンドンにあるグリニッジ天文台(経度0度)を基準にした時間。

UTCと書かれていたり、GMTと書かれていたりする場合がありますが、一般的な意味合いでは同義語と考えても良いとされています。

日本との時差

アメリカと日本との間には「日付変更線」があるため、日付が異なります。

日本はアメリカよりも、先に時間が進んでいるので、

日本からアメリカに行く場合は、”時間が戻ります”。

アメリカから日本に行く場合は、”時間が進みます”。

ロサンゼルスとニューヨークの時差

ロサンゼルスとニューヨークには、時差が3時間あります。

当然ながら東から太陽が上るので、東海岸から先に1日がはじまります。

アメリカで働いていると、連絡を取りたいクライアントや支店が、どの州にいるのか、意識しながらやりとりすることが多いです。

たとえばニューヨークが、朝の9時でも、ロサンゼルスは、まだ朝の6時。

出社している人は少ないので、電話するならもう少し後にしよう、とか時間を調整します。

サマータイム(daylight saving time)

アメリカには、Daylight savingといって、”夏の時期の日中の時期の時計を1時間すすめる”という取り組みをしています。

期間 3月の第2日曜から11月の第1日曜まで

2018年のサマータイムの期間はこちら

実施していない州 ハワイ・アリゾナ州。アメリカ領のサモワ・グアム ・北マリアナ諸島・プエルトリコ・ヴァージン諸島・合衆国領有小離島は2018年時点で、デイライトセービングを採用していません。

まとめ

領土の大きなアメリカでは、4つのタイムゾーンとアラスカ・ハワイ時間があります。

他の州にいる人に連絡する際は、時差やサマータイムを事前にチェックしてから、連絡するようにします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Copyright© 【リブアメ】和ごころLA , 2019 All Rights Reserved.