アメリカの買い物をお得にする方法 >>

アメリカの時差:タイムゾーンやサマータイムについて

アメリカに住んでいても、知っているようで知らない、アメリカ50州の時差とタイムゾーンをご紹介します。

アメリカの50州の時差と、タイムゾーン


日本語でアメリカの50州の地図を作ってみました。

アメリカには、本土に大きく4つのタイムゾーンと、ハワイ州・アラスカ州独自のタイムゾーンがあります。

タイムゾーン: 標準時 UTC日本との時差
【太平洋】Pacific Standard Time (PST)-8時間-17時間
【山岳部】Mountain Standard Time (MST)-7時間-16時間
【セントラル】Central Standard Time (CST)-6時間-15時間
【東海岸】Eastern Standard Time (EST)-5時間-14時間
【ハワイ】Hawaii-Aleutian Standard Time (HAST)-10時間-19時間
【アラスカ】Alaska Standard Time (AKST)-9時間-18時間

上記は標準時で、夏はハワイ・アラスカ州以外はデイライトセービング(サマータイムのこと)を採用しています。

日本とアメリカの時差

アメリカと日本との間には「日付変更線」があるため、日付が異なります。

日本はアメリカよりも、先に時間が進んでいるので、日本からアメリカに行く場合は、”時間が戻ります”。

アメリカから日本に行く場合は、”時間が進みます”。

ロサンゼルスとニューヨークの時差

ロサンゼルスとニューヨークには、時差が3時間あります。東から太陽が上るので、東海岸から先に1日がはじまります。

アメリカで働いていると、連絡を取りたいクライアントや支店が、どの州にいるのか、意識しながらやりとりすることが多いです。たとえばニューヨークが、朝の9時でも、ロサンゼルスは、まだ朝の6時。出社している人は少ないので、電話するならもう少し後にしよう、等と時間を調整します。

アメリカのサマータイム(Daylight Saving Time)

アメリカでは、サマータイム制度のことを、デイライトセービング(Daylight saving)といいます。夏の太陽が出ている時間帯を有効に利用するための、標準時を1時間進める取り組みのことです。

アメリカのサマータイム期間:
3月の第2日曜から11月の第1日曜まで

実施していない州は、ハワイ・アリゾナ州。アメリカ領サモア、グアム、北マリアナ諸島、プエルトリコ、アメリカ領ヴァージン諸島なども、デイライトセービングを採用していません。

以前、ロードトリップでロサンゼルスからアリゾナ州へむかっていた途中、サマータイムで時間のずれがありました。スマホ携帯は自動で時間が変わったのですが、外付けGPSは時間が変更にならず。いったい何時につくの?とパニックでした笑

アメリカのサマータイムの始まり

和ごころLA

アメリカでは、「Spring forward, Fall back」で覚えます。

サマータイムが始まると、深夜2時が深夜3時になり、1時間、時計の針を進めます。

アメリカのサマータイム

サマータイムの始まりは、1時間、時間がすすんでしまうので、寝る前に1時間目覚まし時計をすすめておきましょう!遅刻や飛行機の乗り遅れに注意!

アメリカのサマータイムの終わり

サマータイムが終わると、深夜2時が深夜1時になり、1時間、時計の針を戻します。

アメリカのサマータイム

サマータイムの終わりは、1時間、時間ふえるので、ちょっと得した気分になりますね

時計や携帯はどうなる?

サマータイムになると、iPhoneなどのスマートフォンの時間は、自動で時間が変更になります。

もちろん電波受信していないような、壁掛け時計や目覚まし時計は、手動で時間を変更します。

まとめ

領土の大きなアメリカでは、4つのタイムゾーンとアラスカ・ハワイ時間があります。

他の州にいる人に連絡する際は、時差やサマータイムを事前にチェックしてから、連絡するようにします。

ロサンゼルスでは、8〜9月は、夜の8時頃まで明るいです。