なぜアメリカの照明は暗いの?日本人在米者向けの電球の選び方

アメリカ生活情報ブログ、和ごころLAです!

アメリカにきて、最初に驚いたことは、「アメリカの照明の暗さ」です。

初めてのホームステイ先では、部屋の照明は机の上の小さなライトだけ。
次の家では、小さいデスクライトが2つ・・・
オレンジで柔らかい光のもと、明日の宿題をしなきゃいけないのに、ついつい寝てしまった記憶がいっぱいです。笑

日本の家庭では、天井に取り付けたシーリングライトが一般的です。しかし、アメリカでは、フロアライトやデスクライトを、部屋の隅に、点々とおくだけの家がほどんど。日本でいう間接照明です。そもそも天井に、取り付け用の電気のソケットがついているほうが珍しいです。

白熱電球/蛍光灯で育った私は、間接照明で生活することに、心配がありました。

理由は、渡米前にレーシック手術を受けていたため、オレンジ色の暗いライトの下では、本当に手元がよく見にくく、色味がわかりにくくなっていたこと。また、暗い中で生活していることにより、視力低下や視力戻りが心配でした。

そのため、アメリカで暮らす日本人向けの電球の選び方を研究してみました。

なぜアメリカの照明は、オレンジ電球を使うのか?

<理由1>
色素の違いによって、白い電球が眩しいと感じる

日本人やアジア人は、目の色素が黒の人が多く、アメリカ人や欧米には、ブルーやグリーンの目の人が多いですよね。
わたしのように、黒目の人は、眩しさに強く、目の色素が明るい人は、眩しさに弱い傾向があるそうです。

つまり、多くのアメリカに住む人は、白い電球は眩しいと感じているようです。

目の色はそもそも、目の内部にある「虹彩」という組織の色で決まります。
虹彩に含まれるメラニン色素の量が多ければ多いほど、黒みを帯びた色となるため、欧米人に多い青や緑色の瞳に比べ、日本人に多い黒みの強い瞳のほうが、色素量が多いことになります。
この虹彩、目に入ってくる光の量を調整する役目を担っていますが、黒みが強いほうが光を通しづらいという特徴があるため、日本人のほうが、眩しさに強いのです。
参考/“目の色”が違えば“見える色”も違う!?眼科医が教える目の不思議

目の色によって、眩しさの感じ方、色の見え方の違いがあるというのは、確かなようです。しかしながら、その度合いは、国/人種/文化や環境によっても、差がでてくるそう。確かに、アメリカに住んでいるアジア人でも、こちらの生活が長い人は、薄暗いライトに慣れています。白いライトの部屋に来ると、眩しいからライトの段階を落としてほしいと言う人もいます。

さらに、おしゃれで高級なレストランであるほど、(私には)全く見えない程の真っ暗なレストランが多いように思います。先日行ったマジックキャッスルも、手元や話をしている相手の顔が見えるほどの明るさはありますが、遠くの人の顔は全く見えませんでした。(有名人が居ないか探したかったのに!)。

あまりにライトが暗いお店は、私にとってはムーディどころか、半分お化けやしきみたいな気分になったり、眠たくなってしまったり、お酒を飲むと現実か夢なのかなんなのかわからない、なんて事がよくあります。笑

それほどに目の色によって見え方が違う=つまり感じている事が違う、というのは多様性のあるアメリカでは面白いシーンとも言えますね。

<理由2>
家の定義の違い=家はリラックスするところ

アメリカでは、白い電球が眩しいと感じる人が多いからといって、昼間のオフィスが、間接照明(オレンジ色のムーディなライト)というわけではありません。

銀行やオフィスは、普通に白熱電球系であることが多いです。その代わり、壁紙が色のついた壁紙になっていて、眩しさを軽減しています。

日本は壁も、天井も白いので、眩しさが際立ちます。最近、ロサンゼルスに日本の100円均一でおなじみのダイソーが多く出店してきているのですが、そのお店は壁も天井も床も白く、つるピカなので、アメリカ人の友人は「なんて眩しい店なんだ!」と言っていました。

やはり日中は、太陽光くらい明るい白熱電球のほうが、シャキシャキ動けます。

それに反するように、家庭では、明るさを落とした間接照明(オレンジ色のライト)が主流です。

アジアの国は、夜中まで起きて活動する人が多く、夜中の市場も活発です。日本でも夜中12時を超えても、コンビニに安全に行けますよね。

しかし、アメリカでは治安的に考えて、夜中は出歩かない人が多いです。アメリカに住む人は、どちらかといえば、「朝はやく起きて、早めに家に帰ってゆっくりして、早めに寝る」という朝方サイクルの人が多いです。

そのため、夕方帰ってきて、家までもが明るいと落ち着かない → 寝る準備に入れない

家というのは「リラックス」する場所なので、白熱電球を多用する必要がないと考えられているようです。また、間接照明のようなオレンジや赤っぽいライトのほうが、食事もおいしく見え、ゆったりとした時間を過ごせるので、そこに価値感を持っている文化なのです。

アメリカでの明るいライトの買い方&選び方

郷に入っては郷に従えとはいうものの、このライトの問題だけは私には難しい問題でした。アジア人で黒目がちな私は、夜更かし大好き。夜中でも本を読んだり、作業したり、パソコンに向き合うことが多いです。

とくに留学中は、時間に限りがあるため、最大限、寝る前にできることをしておきたい気持ちが強かったです。あと、デザインなどの「色味」の確認が大事な場合は、やはり間接照明のもと間違って見えてしまいます。海外赴任でアメリカに来ている人も、家の中で持ち帰って仕事をする場合、暗い部屋だとちょっと困りますよね。

私の部屋では、他の住人に迷惑にならない程度に、明るい白色の電球を使用することにしました。

*天井に工事して、器具の取り付けはしない(賃貸/ホームステイだから)

*小さい部屋の場合、姿見(鏡)を利用し反射させて、明るさを倍増させる

*電気代をかけないように、LED電球を使用する

*来客を考慮し、明るさの調整ができるライトスタンド(オンの数を調整できるetc)

こういった工夫を考えました。

 

アメリカで販売されているLEDライトの種類

アメリカで売られている電球を選ぶ際、困惑した理由は、目安にすべき数値が複数あったことです。

(1)電球の色のタイプ

電球の色のタイプは大きく分けて Warm Light Day light の二種類があります。

種類 通常の使用場所 色味
Warm Light リビング、ベッドルーム オレンジ
Day Light トイレ、バスルーム

Warm Lightは主にリビングやベッドルームに使われるライトで、やわらかな光の電球です。白い電球が欲しい場合は、Day Lightを探してください。

 

(2)電球の色の温度

ライトの温度の指数をColor Temperature/色温度といいます。

Kelvenという単位で表記されていて、

3000kはソフトオレンジ → 4000kは白だけどちょっと柔らかな白 → 5000kは冷たいくらいの白

参考:http://amzn.to/2kxUWSg

日本の天井照明で使用しているような、白いライトは色の温度が、4000から5000くらいに相当すると思います。

 

(3)電球の明るさの単位

LEDライトの場合、明るさを表す指数にルーメンという指標を使います。ルーメンは光束の単位で、ライトから放射される光全体の量を表す照明用語です。

私の場合、「ひとつのライトスタンドに3つの電球を付けるタイプ」を2スタンド、「ひとつのライトスタンドに1つの大きな電球を付けるタイプ」の三本を、リビングの主軸にしたので、部屋全体でどのくらいの光になるのという計測は難しいですが、一般的に、このルーメンという数値が高いほど、明るいとされています。

従来では、ワット数という表記で、明るさの判断をしていました。しかし、現在のアメリカでは、Energy Independence and Security Act of 2007という規制により、0W、60W、75W、100Wの白熱電球というのは販売されていないようです。LED電球の販売が主流となった今では、パッケージの表面には、「ルーメン」という表記書かれています。

 

実際に自分の家で比較してみた

最初は電球のことがわからなかったので、明るい電球を購入しようと、Lamps Plus(ランププラス)というお店に行きました。大手のチェーンストアで、電球やライトの専門店です。そこへ行って、「一番明るいライトがほしい」、「バスルームくらい白いライト」だと言って、購入しました。

店員さんは、張り切って「これがうちのお店の最大の明るさだ!」と店頭で試してくれました。ライトアップされた店内では、当然明るいように見えたのですが、家での見え方が一番気になります。相談すると、30日以内なら、使用していても、気に入らなかったら返品できると言われ、そのライトを持って帰りました。さすが返品大国、アメリカです。

結果としては、Lamps Plus(左)のライトは返品しました。ややオレンジがかっていて、外からカーテン越しに見ると、家の中が燃えているように見えるほど、オレンジの色味が強かったからです。

(左)ランププラスにあったライト

電球のタイプ Warm Light
電球の色の温度 3000K
電球の明るさ 800lm (ルーメン)

ライト選び失敗の原因は、電球のタイプです。店員さんに、バスルームくらいの白(つまりDay Light)がほしいと言っているのに、(その店員さんの概念では)リビングではWarm Lightが当然で、その中ではこれが明るいと思って持ってきてくれたようです。一個8ドルで、6個購入したので、48ドル。LEDは長寿命なので、この明るさで何年も使用するのか・・・(もし子供ができたら、このライトで勉強するのか)と思ったら、もう少し明るい白さのもを使いたいと思いました。

(中央)Amazonで購入のライト

電球のタイプ Day Light
電球の色の温度 4000K
電球の明るさ 810lm (ルーメン)

結局、色々しらべて、こちらのライト6個セットを購入しました。6個で19.99ドルと、かなりお得でした。

家につけてみると、充分なほどに白く、明るいライトでした。4000Kにしたので、冷たすぎない色で、リビングにはちょうどよいと私は感じています。

スタンドは、電球の向きを手で変えられるタイプを使用しています。アメリカ人の来客がある際は、この3つの電球を1つだけにするなど、調整ができるのもポイントです。

[btn class=”big lightning”]Amazon USAで、4000Kのデイライト電球をもっと見てみる[/btn]

うちはこのスタンドを、リビングに2つ使用しています。

(右)ホームセンターで昔に購入したライト

電球のタイプ Day Light
電球の色の温度 5000K
電球の明るさ 1600lm (ルーメン)

こちらは、ひとつの電球を取り付けるスタンドに使用しています。5000kなので白さが強く、勉強やデザインなど、しっかり画面や手元を見たいときに使用するライトです。長時間使用しても、LEDなので電気代が安いのがポイント。電球ひとつあたりは高いのですが、10年使えるとなると、一年あたり3ドル未満です。

[btn class=”big lightning”]Amazon USAで、5000Kのデイライト電球をもっと見てみる[/btn]

 

結局のところ、電球は数値で選べる、AMAZONが一番買いやすい!

電球を探しに、ホームセンターにも行きました。ホームセンターで購入するメリットは、すぐ買える/返品しやすいことですが、店頭で試せないこと&ライトの種類が少ない(アジア人むけのDay Lightの種類が少ない。最初から数値で選んで、気に入らなければ返品しようと、Amazonで購入することにしました。

LEDは、電気代が低く、とても明るいです。アメリカの電球はほどんどの場合、ソケットのサイズが共通なので、問題なく設置できます。アマゾンの購入でも、保証期間内なら電球が割れたり、つかなくなった場合には返品に応じてくれますので安心です!

※2017.8追記 6個のうち1個の電球が、なぜかつかなくなってしまいました。アマゾンのセラーに連絡すると、代替え商品を無料で(送り返すことなく)すぐに発送してくれました。アマゾンの対応早くて感動です!

やっぱり家の中は、明るいのが一番~!😄😄😄

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
現金$10が郵送でもらえる!アメリカでは定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
You might also like