• HOME
  • ホーム
  • 生活必需品
  • アメリカのトイレトッペーパーは硬くて拭けないを解決!おすすめのトイレトッペーパー&安く購入する方法

アメリカのトイレトッペーパーは硬くて拭けないを解決!おすすめのトイレトッペーパー&安く購入する方法

アメリカのおすすめトイレットペーパー&比較してみた
生活必需品

以前、はじめてアメリカに旅行で来た友人に、

「アメリカのトイレトッペーパーは硬くて拭けないって聞いて…日本製のトイレットペーパーを持って来たよ」と言われて

衝撃を受けました(笑)

確かに、お世辞にも質がいいとは言えないアメリカのトイレットペーパー事情。

おすすめのトイレットペーパーを研究してみました!

アメリカのトイレットペーパーの質

英語では、トイレットペーパーは、Toilet Paper(もしくは Bath tissue)という名前で売られています。

アメリカでは、トイレットペーパー、ティッシュ、ペーパーナプキン、生理用品(ありえない実態)など、日本とはちがい、「紙製品」の値段は非常に高いように感じます。そして、品質も日本のものに比べて、良くありません。

日本では1個あたり約29円(参考価格:ネピア)に対し、アメリカでは1個あたり60セント〜80セントほどです。

硬かったり、ぺらぺらのトイレットペーパーが、ひとパックで$10ドル(1000円以上)するので、「こんなのにお金出すのかぁ〜」っと残念に思っていました。

和ごころLA
どうせお金を出すなら、質の良いトイレットペーパーを使いたい!

自宅にお客さんを招く時(招待されるとき)も、安いペラペラのトイレットペーパーかとうかって…見られてますよねぇ〜・・・

アメリカのおすすめのトイレットペーパーはどれ?

アメリカでおすすめのトイレットペーパーを探して、比較してみました。

アメリカのトイレットペーパーは、硬いだけのものから、柔らかいものまで幅広くあります。

実際は、飲食店や公共施設に設置されている安いトイレットペーパーは硬いものがあり、市販されているのは逆に、柔らかすぎる(ふにゃふにゃ)ものが多いようです。

アメリカのトイレットペーパー比較

アメリカのトイレットペーパーを比較してみました。

アメリカのおすすめトイレットペーパー&比較してみた アメリカのおすすめトイレットペーパー&比較してみた アメリカのおすすめトイレットペーパー&比較してみた アメリカのおすすめトイレットペーパー&比較してみた
名前 Cottonelle Scott Tube-Free Toilet Paper Kirkland Bath Tissue(コストコ) 1ドルショップのもの
価格 36個$22.79
63セント/個
48個$23.74
49セント/個
30個$18.99
63セント/個
4個$1
25セント/個
直径 約12.5cm 約12.5cm 約14cm 約11.5cm
特徴 一層タイプ 一層タイプ 二層タイプ 二層タイプ
やわらかさ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆
コメント 柔らかい布っぽい・しっかりとした厚み 芯がないタイプ・しっかりとした厚み 直径が大きく、ふわふわ ふわふわというより、ぺらぺら

ふにゃふにゃ度テストをしてみた

私の理想とするトイレットペーパーは、ふわっとやわらかな感覚で、かつ、しっかりとした質感があるもの。トイレ掃除にも使えるし、鼻をかんでもいたくないくらい優しいのがいいです。

なので、ふにゃふにゃ・ペラペラすぎるペーパーは苦手です。薄すぎるトイレットペーパーは、逆に消耗が早いのと、水がかかったりするとすぐに使えなくなってしまうから問題です。少しの水分でドロドロするタイプは、トイレ掃除にパパっと使うこともできない。薄いペーパーのほうが、多くつかってしまいがちで、日持ちしません。

紙の厚みを測る専門器具をもっていないので、ふにゃふにゃ度を測るテストとして、
マウスウォッシュを2.5mlずつ、それぞれのペーパーに垂らしてみました。

アメリカのおすすめトイレットペーパー&比較してみた

▲マウスウォッシュを2.5mlずつかけてみた
上段:(1層タイプ)
下段:(2層タイプ)

やはり1ドルショップのものはぺらぺらで、すぐにベチャっとなり、今にもやぶれそう。Kirklandコストコブランドも、水に濡らすとふにゃっとなり、やぶれないかどうかのギリギリレベル。

反して、コットンネルのトイレットペーパーは、一部に水分がふくまれていますが、厚みがあるので染み込みすぎていません。Scottもいい感じです。

アメリカのおすすめトイレットペーパーはCottonelle

上記の結果から、私のおすすめする、アメリカのトイレットペーパーはCottonelleです!!

シングルペーパー(一層)タイプですが、厚みがしっかりしていて、ふわふわ。キッチンペーパーほどの厚みはありませんが、ちょっとした布タオルで拭いているかのようなやわらかさ。

ささっとトイレ掃除にも、鼻をかんでも痛くない!

一定の厚みがあるので、ペラペラタイプより使いすぎることもなく、持ちがいいです。

これならお客様用トイレにもばっちり!!高級店などにあるのも、やっぱりこれです。

コットンネルよりも安かったので買ってみた、Scott Tube-Free Toilet Paperは2位評価。スコットは同じようなウェーブタイプですが、ややコットンネルよりも硬さがあります。芯がないので、取り替えが楽なのはよかったです。

旦那さんにも聞いてみると、一番はCottonelleでした!やはり厚みがあって使用感がリッチだと感じるようです。

おすすめのトイレトッペーパーを安く購入する方法

アメリカの紙製品は、通常の値段で購入すると高く、簡単にはセールにはなりません。
アメリカで消耗品を安く購入する方法は、

のどれかを利用するのが、今のところベストです。

Amazonの定期便は、消耗品などが15%OFFになるというすぐれもの。アマゾンの有料プライム会員でなくても利用できます! 5アイテム以上を定期便設定(Subscribe & Save)にしますが、配達頻度は1ヶ月に1度から6ヶ月に1度の設定でもオッケーなので、利用しやすいです。もちろん配送前に連絡がきて、変更できます。

もしくは、Amazonのクーポン利用がおすすめです。随時更新されるクーポンは、適応するだけで$2オフ等になるので、使わない手はありあません。今出ているクーポンをみるのは、こちらから(アマゾンクーポン)チェックしてみてくださいね!!

【お知らせ】
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!

合わせて読みたい!人気の記事
【海外でも】日本の本&雑誌&マンガが安く手に入る!50%OFF〜読み放題で楽しむ方法
アメリカ食品&消耗品節約術!あとからキャッシュバックをもらう方法
アメリカ生活マストハブ!必須アプリ30+選まとめ
現金$10が郵送で!アメリカ定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ
自然派におすすめの人気洗剤3つを無料でもらう方法
超簡単にアメリカの美味しいレシピを自宅で作れるようになる方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧