永住権/ビザ

自分でできるグリーンカード抽選(DV-2021)まとめ!詐欺業者にだまされずに応募する方法

投稿日:

自分でできるグリーンカード抽選(DV-2021)まとめ!詐欺業者にだまされずに応募する方法

今年も、アメリカのグリーンカード(永住権)の抽選がはじまりました!!

応募期間は、『2019年10月2日から11月5日』です。

グリーンカード抽選の締め切りは、11月5日12:00PM EST (GMT -5) まで。

今年2019年に応募できるものは、【 DV-2021】(2021年に交付分)です。

和ごころLA
東海岸時間なので、西海岸よりも3時間時差があります。お早めに!

グリーンカード抽選とは?

アメリカのグリーンカード抽選とは、移民多様化ビザプログラムのことで、英語ではDiversity Visa Lotteryです。

移民国籍法のセクション203(c)の条件に基づいて実施され、米国への移民率が低い国の人が、毎年50000件(DV-2021は55000件)までの永住権を抽選で与えるという、なんだか夢のようなプログラムです。

すでに移民の多い、メキシコや韓国、イギリス出身の人はこの抽選プログラムには対象外の国なので、応募することができません。

毎年秋に開催されていますが、トランプ大統領になってからは、グリーンカード抽選を廃止すると提言されていたため、もう中止なのではないか?とおもいましたが、今年も行われました。

グリーンカード抽選の当選確率は0.5%

30年前はハガキを送れば誰でも当たるといわれていたほど、確率が高かったグリーンカード抽選ですが、現在では確率はかなり低いです。

DV-2018のデータをもとに、一部を書き出してみました。

当選数応募総数
コンゴ民主共和国240775,293
ガーナ3,5492,227,530
イラン4,5001,624,204
ネパール4,0971,187,350
ロシア4,500434,353
ウズベキスタン4,4942,114,446
北朝鮮1242
日本26350,650
世界の合計(上記以外も含む)115,96823,088,613

アフリカの応募数がすごいです。その割に当選数が少ない・・・条件に見合っていない応募が多いのかもしれません。

グリーンカード抽選の倍率を計算してみました。

日本人は毎年5万人前後が応募しています。

日本人のDV-2018当選確率は、50,650件の応募中、263人の当選なので、グリーンカード当選の倍率0.5%でした。

全世界の応募総数でも0.5%の倍率なので、なかなかの狭き門です。

和ごころLA
途上国の応募数が多いのは、世界の情勢も反映されているようにおもいます。だけど高卒条件を満たしやすい日本人のほうが、当選確率が高い。大変な国でうまれた人にとって、この抽選がどれだけの希望かと思うと、廃止せず、続いてほしいなと思います。

グリーンカード抽選の確率をあげる方法

グリーンカード抽選の確率をあげる方法は、夫婦で応募することです。

どちらかが当選すると、もう片方も必然的に取得できるため、確率は2倍になります。

以下の条件の理由により、子供を通しての申請は難しい可能性あり。

グリーンカード抽選に当選イコール交付ではない落とし穴

グリーンカード抽選の当選者は「Selected Entrants」と呼ばれ、その段階でのEntrantsは、”申請に進める人”という意味あいです。

DV2018では、115,968人が当選し、移民ビザの申請手続きの通知を受け取りました。

発行数が5万人にもかかわらず、当選者はその倍の数です。実際に手続きを行わないと考えられる数をみこして、多めに当選をだしているというわけです。

そして、DV-2018グリーンカードの発行が5万人(DV-2021では55000人を予定)に到達した時点で、終了になり、手続きしていない人・条件に合わなかった人は無効になります。

グリーンカード抽選に、自分で応募する方法

グリーンカード抽選のやり方は、一度やってみるとものすごく簡単です!!

アメリカ国務省のサイト(https://dvlottery.state.gov/)から、オンラインで登録するだけ。

抽選の締め切りは、『2019年10月2日から11月5日』です。

DV-2021のグリーンカード抽選の入力項目

サイトの『Bigin Entry』ではじめると、次の項目が表示されます。以下を入力し、写真をアップロードするだけなので、誰でもできます。

  1. 名前
  2. 性別
  3. 誕生日
  4. 出生地(Birth City Only:国ではなく都市名)
  5. 出生国
  6. このプログラムに対象の国の出身かどうか(日本生まれなら問題ない)
  7. パスポート情報
  8. 写真のアップロード
  9. 現住所
  10. 現在住んでいる国
  11. 電話番号(オプション)
  12. メールアドレス
  13. 最終学歴(高卒以上が条件)
  14. 結婚しているかどうか
  15. 子供の数
【DV-2021からの変更点】
DV-2021応募分から、期限の切れていないパスポートが必要になりました。

グリーンカード抽選の応募条件

 (1)対象国の出身であること:日本はOK

グリーンカード抽選では、出生国が条件になります。日本生まれの人は、応募が可能です。

DV-2021は、生まれた国が以下の国でないことが、条件です。

過去 5 年間に 50,000 人以上の移民を米国に送り出した下記の国の出身者は DV-2021 プログラムの対象にはなりません。

バングラディッシュ、ブラジル、カナダ、中国(本土生まれ)コロンビア、 ドミニカ共和国、エルサルバドル、グアテマラ、ハイチ、インド、ジャマイカ、メキシコ、ナイジェリア、 パキスタン、フィリピン、韓国、イギリス(北アイルランドを除く)とその領土、ベトナム。

以前はベトナムは入ってませんでしたが、2021は応募できなくなってますね。毎年変更があるようです。ロサンゼルスでは、中国・韓国・フィリピンの移住者を多くみかけるので、この国の人たちが永住権抽選に外れているのは意外でした。

(2)高卒以上であること

ほかのビザとは違って、資金が条件にはなっていませんが、学歴は関係あります。

応募者は少なくとも高校卒業あるいは同等の教育を修了している必要があり、小、中、 高校での 12 年間の公式の教育課程を修了したことを証明できる。

または

少なくとも 2 年間の研修か実務経験を必要とする職業(米国労働省の定める基準に準ずる)に過去 5 年以内に 2 年以上従事していること。

高校卒業以上であるか、過去5年のあいだに、2年以上の職歴を証明できることが条件となります。

応募に年齢制限は書かれていませんが、事実上、18歳未満は応募資格に該当するのが難しいといえます。

そのほかの詳しい条件は、アメリカ国務省のサイトの条件をご確認ください。

グリーンカード抽選用の写真の撮り方

写真は、ビザ・パスポート写真用のものをスキャンするか、撮影したデジタルイメージをアップロードします。

撮影する場合は、

  • JPEG (.jpg) ファイルで、240 kB以下のサイズであること
  • 縦横正方形のサイズ(600x600ピクセル)

スキャンする場合は、

  • 2 x 2 inches (51 x 51 mm)ビザやパスポートと同じサイズ
  • 解像度は300dpiでスキャンすること

などがポイントです。

以前、私が応募したときは、普通にiPhoneのカメラで撮影したものを使いました。

顔の位置の撮影がむずかしいので、アメリカの証明写真がとれるアプリを使うとうまくできます。

それをもとに、アップロードする前に、国務省のサイトある写真のツールでチェックすると安心です。

こちらに写真の条件と、ツールがあります。(要パソコン)

和ごころLA
メガネをかけている人は、メガネをはずして撮影しないといけないので、注意してくださいね!

グリーンカード抽選の費用は無料

グリーンカード抽選の応募に費用はかかりません。無料です。

お金がかかるのは当選してからです。間違っても、当選前にお金を払うことの無いように!!

グリーンカード抽選の当選後にかかる費用

DV-2020のグリーンカード抽選当選による、ビザ申請費用は、ひとりにつき$330でした。そのほかにも、移民弁護士の費用、面接までの交通費などもろもろかかります。

和ごころLA
当たればラッキー!最近の就労ビザ取得の厳しさや費用を考えると、かなり安く&期間も早くグリーンカードが取得できる方法です。

詐欺まがいのグリーンカード抽選・代行業者に注意!

アメリカ国務省のサイトには、グリーンカード抽選のサイトを模した、偽サイトや、代行業者に注意するようにかかれています。

偽サイトでは、入力された個人情報をもとに、当選したという偽のメールを送り、お金を取るといったことや、実際は、応募手続きはせずに登録料をまきあげるなどの例があります。

実際は、「グリーンカード抽選の申し込み費用は無料」です。

アメリカの国務省のサイトでも、可能な限りは「業者はつかわずに、自分で応募してください」と書かれています。

和ごころLA
「英語がむずかしくて…」という声があがりそうですが、この政府のサイトが読めないほどの英語力では、アメリカに移住(生活)できません。がんばってください

また、期間外に応募代行受付をしている業者にも注意です。

グリーンカード抽選は、現政権ではいつ廃止されるかはわかりません。実際にあるかどうかは、国務省の公式サイトで実際に募集が開始されない限り、誰にもわかるはずがありません。毎年「秋」に行われるので、そのほかの季節に、あたかも受付しているように書かれたサイトにも注意してください。

詐欺を見分けるのは「.gov」サイトかどうかがポイント

アメリカ国務省の公式のサイトは、こちらです。

https://dvlottery.state.gov/

URLの最後に、「.gov」がついているかどうかが見分けるポイントです。

govはガバメント(政府)が利用できるドメインであるためです。

グリーンカード抽選の結果を確認する方法

グリーンカード抽選の結果を確認する方法は、

ロタリー応募ページの下部にある、『DV Entrant Status Check』で確認できます。

Confirmation Numberの欄に、応募時に発行された番号を入力して確認します。

自分でできるグリーンカード抽選(DV-2021)まとめ

グリーンカード抽選(DV-2021)への応募は、自分で無料でできます。

DV-2021は、発行枠が50000件から55000件へと数が増えているので、すこし確率が高いかも?しれませんね。

当選後のステップは、専門の移民弁護士さんに相談することをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Copyright© 【リブアメ】和ごころLA , 2019 All Rights Reserved.