アメリカ版JAF!ロードサービスのAAA(トリプルエー)をアプリで簡単に呼び出した話

車・運転

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。

ついに、マイカーの「バッテリー上がり」を起こしてしまいました〜。

アメリカで車を運転するなら、絶対に加入しておきたいロードサービスのAAA(トリプルエー)。ついにAAAを呼び出したお話をご紹介します。

車のバッテリーあがり発生

しばらくのアメリカ国外に行っていたため、車を自宅の敷地内に置きっ放しにしていました。今までなんども日本帰国したりと、車に乗らない期間があったのですが…

ついに、車のエンジンをかけようとしても、

ブルブル…

しゅんしゅん…しゅん…(消)

バッテリーが無くなってエンジンが付かなくなってしまいました。

こんな時に限って、旦那さんは出張中。

一人でなんとかしようにも、ボンネットってどう開けるんだっけ?

それすらわからない!大ピンチ!

AAA(トリプルエー)の簡単な呼び出し方

こんなこともあろうかと、アメリカのロードサービス・AAA(トリプルエー)に加入していました。

AAA(トリプルえー)を呼び出す方法は、

(1)カードに書かれた番号に電話する

(2)アプリの現在地へ呼び出す

のふた通りあります。

電話&英語で、住所や現在の位置をつたえるのは、けっこう難しい!

アプリを使って、現在地へ呼び出す方法だと、外出先やフリーウェイで車がうごかなくなってしまい、住所がわからないときにも便利です。

アプリでAAA(トリプルエー)の呼び出し方

AAA(トリプルエー)のアプリをインストールして、メンバーとしてログインします。

携帯アプリで、現在の場所が表示できるようにします。

(※ここまでは予め設定しておくといいですよ!)

アプリ内の「Road Service」をクリック。

マップ内で、呼び出したい位置(現在地)を示して、

「SET BREAK DOWN LOCATION」を押す

問題のある車の情報を入力します。

YEAR:車の年式
MAKE:トヨタなど
MODEL:車の車種
COLOR:車の色

問題の内容を選びます。

Mechanical Problem:機械的な問題、エンジンなど
Vehicle Stuck:車がはまってしまった
Battery:バッテリー
Flat Tire:パンク
Lockout/Locksmith:インキー
Out of Fuel:燃料切れ

※私の場合は、この時点でバッテリー交換が必要かどうかはわからなかったけれど、バッテリーがなくなったというのはわかったので、「バッテリー」→「Jump Start」を選びました。

REQUESTボタンを押します。しばらくすると、近くのAAAのテクニシャンに連絡が入り、向かってくれるようになっています。

実際にAAA(トリプルエー)を呼んでみた

アプリでAAA(トリプルエー)を呼び出すと、提携しているAAAのテクニシャンに連絡が入ります。近くのフリーウェイ上にいる車が、うちへむかってくれると表示が出ました。

フリーウェイを降りてきてもらうので、ETA(estimated time of arrival:到着予定時刻)は40分となっていましたが、実際は30分もかからず到着しました。

通常、AAAのテクニシャンは、フリーウェイなどの大通りを中心に、回遊しているようです。だからフリーウェイで何かトラブルがあっても、すぐにかけつけてくれるんですね。

見慣れたAAA(トリプルエー)のマークの車で、AAAのおじさんがきてくれました。

女性で、車のことに詳しくない私には、

”めちゃめちゃ頼りになるヒーロー”の登場の瞬間です。

 

まず最初に、有効なAAAの会員証を提示し、内容を確認。

AAA Mobile Battery Service & jump startは、AAAのメンバーシップに入っているので、ジャンプスタートをしてもらうだけでは、とくにお金がかかりません。

ボンネットを開けて、バッテリーの状況を機械で計測しました。車のバッテリーは3年に1度は交換したほうがよいらしく、私のバッテリーはすでに寿命オーバー&サビがかなりでてきていました。ジャンプスタートしてバッテリーを一時的につけるよりも、バッテリーの交換をしてしまったほうがいいとのこと。

バッテリーの交換をする場合は、有料です。金額は、バッテリーを取り外すまえに明確な金額提示があり、クレジットカードか・チェック・現金での支払いが選べました。

実は事前に、AAAのアプリ内の「Get Battery Quote」で、バッテリーの金額を調べていたので、金額にびっくりすることはありませんでした。

 

もちろん、自分で購入し取り替えたほうが安く付きそうですが、あまり知識のない私が自分で交換するよりも、よかったと思いました。AAAで交換してもらったバッテリーは、Havey Dutyのバッテリーバージョンで、6年保証がついてるので、またトラブルが発生したら、交換をお願いできるそうです。

 

バッテリーを交換したら、車のエンジンの付き方の音が、

ブルブル、ブルルるんるん!

と、とっても元気になりました。

AAAのおじちゃんはとっても優しいいい人で、30分以内に終わりました。

無事解決し、ロードサービスのAAAに加入していたら、途方にくれていたと思います。入っておいてよかったなーと改めて思いました。

(使わないから解約しようか!と一時は、旦那さんとケンカしましたがw)

 

ちなみに、旦那さんがアメリカ人であれば長期のAAA会員であるケースがほとんどだと思います。(車を乗る地域であれば)もしそうであれば、旦那さんのAdditional Memberとして、自分の名前を入れてもらうのが、オススメです。

Additional Memberで加入すると、旦那さんの18年会員に便乗でき、私までも18年会員となります。笑 (18年もアメリカに住んでいないのに!)

AAAは別々で加入するよりも、ファミリー加入(もしくは同一住所のルームメイトでも入れる)と一緒に入ると安くなりますよ!

金額は、地域にもよるかもしれませんが、LAはこんな感じ。
・AAA $46/年会費
・AAA Plus $80/年会費
・AAA Premier $106/年会費
一緒に加入するとさらに割引ができるので、チェックしてみてください!

【お知らせ】
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!

合わせて読みたい!人気の記事
【海外でも】日本の本&雑誌&マンガが安く手に入る!50%OFF〜読み放題で楽しむ方法
アメリカ食品&消耗品節約術!あとからキャッシュバックをもらう方法
アメリカ生活マストハブ!必須アプリ30+選まとめ
現金$10が郵送で!アメリカ定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ
自然派におすすめの人気洗剤3つを無料でもらう方法
超簡単にアメリカの美味しいレシピを自宅で作れるようになる方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧