浮気じゃないよね!複数の愛を肯定する関係 ポリアモリー

昔アメリカにポリアモリーを研究に来ていた人にお会いしたときは、

「ポリアモリー・・・??え、どこかの民族のこと??」

なんて思ったほど、無知な私でしたが・・・

 

最近その方が、本を出されて、日本でも「ポリアモリー」という認知が広まってきそうです。

 

ゲイやレズビアン、バイセクシャルというのは、広く認知されるようになった昨今、

「ポリアモリー」という新しい愛の形も、今後の主流なっていくのでしょうか。

 

そういえば、先日見た、「New Girl」というアメリカのドラマでも、

Schmidtが複数の関係を持っている人に対して「Are you polyamorous?」なんていうセリフがあったよ。

 

イチ個人的には、もし相手がポリアモリーだったらヤキモチやいちゃって仕方ないけれど、
こういった関係もあるのだなぁと、いうことでご紹介。

 

 


 

複数の愛が肯定される関係 polyamory ポリアモリー

ポリアモリー: polyamory)とは、つきあう相手、親密な関係を同時期に、一人だけに限定しない可能性に開かれていて、全ての関係者が全ての状況を知る選択が可能であり、全員がすべての関係に合意している、という考え方に基づく行為、ライフスタイル、または恋愛関係のことである。
ーwikipediaより引用

 

つまり、カップルどおしが、お互いに複数の愛する人を持っていても全然オッケーな関係。

そもそもカップルどおしが必ずしも1対1の意味をさしているわけではなく、複数の愛が発生している状態。

そしてそれを全員が合意して肯定している状態っ!

 

現代のポリアモリーはモノガミー(一夫一妻制)につきまとう嫉妬や独占感情、パートナー以外の人に恋をしてしまったらパートナーとは別れなければならないという規範による愛情の持続不可能性からの解放を求める視点と同時に、関係性指向のマイノリティー的なアプローチもある。

 

もともと、相手にもほかにも親密な関係があることを知っているし、自分も他に親密な関係の人がいる。

それに対しての独占欲とかか嫉妬は感じない。みんなハッピーであれっ!という、ある意味最高に愛があふれているの状態。

 

 

FACEBOOKのOPEN RELATIONSHIP(オープンな関係)とどう違うのか

私の友達夫婦の旦那さんが、おふざけでfacebookの関係の欄を「オープンな関係」という風にしているけども・・・笑

ポリアモリーと、オープンな関係とはどう違うのでしょうか?

 

 

どこまでの範囲を指し示すかは諸説あるようですが、

「オープンな関係」とは一夫一妻制の概念にもとづくもので、たとえば夫が浮気しても、妻は全然オッケー、という関係。

あっ、これって・・・元AKB川崎希とアレク夫妻みたいな感じ?w

だけど、これは、妻(どちらか一方)が我慢しているので、ポリアモリーにはならない。

ポリアモリーになるには、妻も他に親密な関係を持つ人が複数いるか、夫・親密な相手たち・自分の関係に対して肯定的である。

 

しかし、多くのポリアモリーの人は、他者に説明するときに、”polyamory”と言っても伝わらないときに、”Open relationship”と答えるらしい。

ややこしいね!w

 

 

 

 

 

なかなかこういった関係を表だって、目にすることもないけど、

欧米では積極的な動きもあり、出会い系サイトの欄の紹介文に「polyamorous」の表記があったりします。

 

 

 

グローバルな恋愛だと特に、相手がどういった恋愛スタイルの人なのかは、最初のデートの段階で確かめるのは大事。

相手が自分とは違ったスタイルであった場合、なるべく早い段階で「合わなかった」ということを認め、違う人を探すのがベター。

自分の価値観をとおして、相手を変えようとするのはNGなのです。

 

 

といいつつ個人的には・・・やっぱり好きな人には自分だけを愛してほしいな。w

「実は俺、ポリアモリーなんだよ」なんて言われたら、1週間くらいひきこもって考えると思う!

 

へへへ

 

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!

人気の記事
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外在住でも英会話に伸び悩んだらコレしかない!オンライン英会話

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!