アメリカの買い物をお得にする方法 >>

いつ出す?【在留届】義務なのに出さないとどうなる?在留届を出すメリット

海外に3ヶ月以上滞在する人に、提出が義務つけられている、

領事館への「在留届」(ざいりゅうとどけ)を、ご存知でしょうか?

海外での事故や災害などの緊急事態の際に、日本の国がアナタを守るべく、情報を送ってくれるサービスです。

ポイント

  • 3ヶ月以上海外に滞在する方には登録が必須
  • 外務省からの安全に関する情報が配信される
  • 有事の際の安否確認のために利用される
  • ジャパンレールパスの利用証明のために必要

実は私は、渡米してから数ヶ月ちかく「在留届」の存在を知らずに、出し忘れの状態でした。

出し忘れでしたが、きちんと提出できました・・。😌

今ではインターネットでちゃちゃっとできるので、出し忘れさんは今すぐ!

在留届(ざいりゅうとどけ)とは?義務なの?

外務省のホームページによると、

外国に住所または居所を定めて3か月以上滞在する人は、旅券法第16条により、その地域を管轄する日本大使館または総領事館に速やかに在留届を提出することが義務付けられています。

つまり、3ヶ月以上海外に在住する人は、在留届の提出は義務です。

3ヶ月未満の旅行者の場合は、たびレジに登録することで同様のサービスが受けられます。

在留届を出し忘れた、知らなかった場合

在留届の提出は義務ですが、実際には、もし出していなくても罰則はありません。

在留届の提出を怠るとどうなりますか?

「在留届」が提出されていないと、現地の大使館・総領事館では、滞在している方の滞在の事実を知ることができません。
したがって、特に在留邦人が巻き込まれたことが危惧される事件・事故または災害等が発生した場合、「在留届」に記載された所在地や緊急連絡先の情報に基づき大使館・総領事館が行うことによる安否確認や、本邦留守宅への連絡を行うことができなくなります。
また、在外選挙人名簿登録をする場合にも、在留届が必要になります。(外務省HP)

しかし、無料ですし、自分や家族をまもるために提出していて損はありません。

和ごころLA
出し忘れていると、後述のジャパンレールパスの利用ができませんのでご注意を

在留届を出すタイミング

在留届は、予じめ提出しておくことはできません。現地に到着し、住所または居所が決まってから提出します。

在留届を出す方法!オンラインで簡単にできるようになりました

在留届を出す方法は、外務省のORRネットで行います。以前は、直接領事館へ書面を持参するか、FAXしなければなりませんでした。しかし、現在はオンラインでの提出に対応しているため、領事館へ出向く必要がありません。

いつ出す?【在留届】義務なのに出さないとどうなる?在留届を出すメリット

あわせて読みたい

インターネットで情報を入力するだけなので簡単です。費用もかかりません。

在留届を出すメリット

領事館の公式ホームページでは、このように記載されています。

近年、海外で生活する日本人が急増し、このため海外で事件・事故や思わぬ災害に巻き込まれるケースも増加しています。万一、皆様がこのような事態に遭った場合には、日本国大使館や総領事館は在留届をもとに皆様の所在地や緊急連絡先を確認して援護活動を行います。

要するに、日本の「緊急連絡網」に登録するイメージです。

 

在留届を領事館に提出するメリットは、

  • 事件や事故、災害に遭ったのではないかと思われるとき「在留届」があれば安否の確認、緊急連絡、救援活動、留守宅への連絡等が迅速に行える
  • 日本語で情報提供(緊急事態、伝染病など)が受けられる
  • 在外選挙が可能になる
  • 領事館での日本人むけの行政サービスが受けられる
  • ジャパンパンレールパスが買える(※下記詳細参照)
  • 在留邦人むけの長期的な教育・医療等の施策の向上に繋がる

とくに、
日本国外からでも、在留届を提出している人は、日本の選挙に投票できるということは、海外に住んでいても日本の国政に参加したいという人は知っておきたいですね。

和ごころLA
ジャパンレールパスも見逃せません!!

めちゃめちゃお得な外国人向けの新幹線乗り放題チケット(ジャパンレールパス)が、2017年に海外在住の日本人への販売を終了しました。国際結婚して旦那さんと日本を回りたいとおもっていた矢先の私には、ショックでした…

【悲報】JRジャパンレールパスが海外在住の日本人への販売を終了

しかし特例として、10年以上住んでいる人:

日本国の旅券及び「在留期間が連続して 10 年以上であることを確認できる書類で、在外公館で取得したもの等」を有する方

は、ジャパンレールパスの購入が可能です。その証明は、在留届が元になります。

証明書が、「 在外公館が交付する「在留届の写し」(在留届の受付日付が 10 年以上前のものに限る。) 」と書かれているので、早く出しておかないと、在留届の受付日が遅くなってしまいます。

日本の住民票・海外転出届と関係があるの?

海外に在住することになった場合、住民票を抜いて、海外転出届を出している人も多いですよね。住民票を抜く理由は、そのままにしておくと、日本に住んでいないなくても、住民税が請求され続けるためです。国民年金や健康保険の支払い義務も発生します。そのため、私は現在、住民票を抜いて海外転出届を出している状態です。

でも、私のまわりでは、海外転出届は出しているのに、それを入れる=在留届を出している人は少ないです。なぜなのかを考えると…ただ単純に「知らない」ようです。

私の場合は、たまたま日系のフリーペーパーを見て知ったのですが、渡米して最初の数ヶ月は、なるべく日本語から離れようとしていたため、何ヶ月もの間知りませんでした。当然友人のあいだで、そんな話は出ませんでした。

つまり、「海外転出届を提出せずに、海外に住んでいる人」もいるし、「海外転出届を出しても、在留届を出していない人」もいっぱいいるんです。

「在留届」が提出されていないと、在外公館はあなたが外国に居住していることを知り得ません。
例えば、大災害のときや事件、事故のとき、あなたの安否確認、留守宅などへの連絡を行うことができません。

引用:外務省

この現状をかんがみると、「日本の住民票と、海外転出届と、在留届の提出情報は、リンクしていない」といえます。つまり、自分で提出しないと、日本の政府が海外にいることを知らせられないのです。

ゆくゆくはマイナンバー制度などでつながる可能性もあるかもしれませんが、現状は渡航履歴とも紐づいていないようです。

免税を受けれることと関係があるの?

在留届を出すことと、免税が受けれるかどうかは関係がありません。

日本への一時帰国時、免税で買い物したのですが、「在留届」は必要ありませんでした。

空港で免税手続き忘れた?服は開封して着ていい!海外在住者が利用できる、免税購入のお得な利用方法とホント

ビザや永住権で海外に住む人でも、日本で免税価格で購入できますので、使わない手はありません!

在留届・まとめ

事故や災害、緊急事態はいつどこで発生するかわかりません。いかなるときも、冷静に対処できるよう、自身や、家族の安全のために、「在留届」を出しておきましょう!