アメリカの買い物をお得にする方法 >>

空港で免税手続き忘れた?服は開封して着ていい!海外在住者が利用できる、免税購入のお得な利用方法とホント

海外在住者の人は、一時帰国のさいに免税を受けられるのをご存知ですか?

アメリカ在住者の場合、ビザ(就労ビザ、留学ビザなど)保持者と、アメリカの永住権(グリーンカード)をもっている人は、免税できます!

和ごころLA

実際に、わたしは一時帰国の際は、免税で購入しています!!

「海外在住者が、日本で免税で購入する方法」方法と、パスポートに貼り付けられた免税商品のレシートの処理」についてご紹介します。

免税価格で購入できたのですが、出国の際、日本の空港での手続きをし忘れ・・・

パスポートには免税のレシートがついたままの状態。

→2022年情報:パスポートにレシート添付がなくなったそうです

アメリカに戻り、どうしようかと焦りました(;’∀’)

(※手続きは日本の空港ではなく、到着先のアメリカ空港で行うものだと勘違いしていた)

こんな失敗もしてしまったので、経験談をシェアしたいと思います!

海外在住者=日本の「非居住者」は免税で購入できる

本来、税金とは、その場所に住んでいる人が、その場所(国)のために支払うもの。
つまり、その場所に住んでいない(非居住者・旅行者)は、消費税を払う必要はないんですね。

免税は外国人だけだとおもっていましたが、以下に該当する日本人は、免税で購入できます。

❶外国にある事務所(日本法人の海外支店等、現地法人、駐在員事務所及び国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
❷2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
❸[1]及び[2]に掲げる者のほか、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
❹[1]から[3]までに掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者

参考リンク 免税店とは

要するに、アメリカの場合は、就労ビザの方、駐在員の奥さん2年以上海外にいる留学生なども対象ということになります。

免税の条件①パスポートの入国スタンプ

日本で免税で購入するには、「パスポートを持参し、店頭で入国スタンプを見せて証明を出す」必要があります。

自動化ゲートを使って入国すると、パスポートに入国スタンプがつかないため、街中で免税購入が難しくなるので注意しましょう。

免税の条件②「免税店」の許可を受けたお店からの購入


このような、Japan Tax-free Shopといったロゴマークがあるお店でのみ、免税購入ができます。
最近、都市部では、このマークがついたお店をたくさん見かけます。

実際に利用できた場所

高島屋や伊勢丹、マルイなどの百貨店デパートから、ドラッグストアも免税店になっていて、家電量販店や、ユニクロや、JINS眼鏡、GU(ジーユー)などでも免税手続きができました。

免税の条件③一般商品・消耗品であること

海外在住者だからとはいえ、全てがすべて、免除できるわけではありません。
国土交通省が定めた基準に合う場合のみ、免税手続きが可能です。

免税で購入できるものは、通常生活の用に供される物品(一般物品、消耗品)です。

非居住者が事業用又は販売用として購入することが明らかな場合は、
免税販売対象外になります。

一般物品

・1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が5千円以上。


消耗品

・1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が5千円以上、50万円以下の範囲内であること。

・消費されないように指定された方法による包装がされていること。

日本国内で消費するものはNG。つまりレストランでの食事などは、5000円以上でも免税対象にはなりません。
明らかに販売(転売)目的のような購入はNGになるそうです。(が、ドラッグストアで爆買いしている人を止めている人を見たことがないですね~)

※昔は販売合計額が1万円以上だったようですが、今は5千円以上と、金額が下がり、利用しやすくなりました。

※実は、服などは日本で着てもいいらしい(下記参照)

※店舗が集まるデパートによっては、建物全体で合算できる場所とできない場所があるので、その都度お店の人に確認しましょう。

例:新宿伊勢丹やマルイは、同ビル内の店舗で、全部で5000円以上であればOKで、合算できました。
新宿ビックロは、GUはGUのみで5000円以上で、同じビルのほかのストアは合算できませんでした。(2017当時)

※消耗品の場合、自分の国に戻るのまでは使ってはいけません。使えないように閉じられた袋に入っていること。

免税店で購入してみた<免税手続き方法>

免税の手続きは、お店によって2パターンあります。

  1. 店頭で税金分を差し引いて払える
  2. いったん税金込みで支払い、あとで免税コーナーに行って返金してもらう

この2パターンがあり、デパートなど複合商業施設は②がほとんどです。

(1)税金分を店頭で差し引いてくれる

税金分を店頭で差し引いてくれるのは、小型店や独立店などです。

例:JINS

駅構内にあった小さな店舗のJINSで、2つ眼鏡を作りました。
最初から免税価格で支払いました。

共に、免税の手続きを行うと、お店がパスポート(入国スタンプ)を確認し、パスポートに免税のレシートをホッチキスで貼り付けします。


出国する際、日本の空港の関税で、パスポートと免税した現物を見せてチェックしてもらいます。

(2)いったん税込で支払って、免税カウンターで返金

いったん税込で支払って、免税カウンターで返金してくれるのは、デパートやショッピングモールなど、何店舗もお店があつまっている場所です。

和ごころLA

わざわざ、別の場所に行かないといけないので、ちょっと面倒なのがデメリット!ですが、合算できる可能性があるのはメリットです

例:マルイ

ファッションビルのマルイでは、まず最初に店頭で税込金額で支払い、あとで別の階にある「免税カウンター」で、返金してもらえます。

マルイのどのショップで購入しても合算できました。

マルイにある4店舗で、服を購入。


ショップでは、まず消費税込みの金額で支払います。その際、こちらにレシートを貼り付けしてもらいます。


全部で5000円以上になったら、この用紙を持って免税カウンターに行きます。
消費税分の現金をキャッシュバックしてもらえました。

関税で手続き忘れ!レシートはどうすればいいの?

2022年現在、パスポートにレシート添付がなくなったそうです

本来、免税価格で購入した場合、日本を出国する際に、関税で手続きする必要があります。その際に、レシートを提出します。

しかし私はこれをアメリカの入国の際にチェックされるのだと思って勘違いしていたのです。

そのため全く気付かず、関税でレシートの回収や商品のチェックが無い状態で、アメリカに戻ってしまいました。

和ごころLA

何か聞かれるかも?と、ちゃんと免税品は機内持ち込みしていました

問合せしてみた:レシートは破棄してOK

どこに問い合わせればいいのかわからず、免税の相談窓口に電話して聞いてみました。

ぷるぷるる

和ごころLA

出国の際に、関税の手続きを忘れてしまったようなんです。

そうですか。残念ながら、免税の手続きはあとからはできません。

和ごころLA

あ、いや、そうではなくて、すでに店頭で、免税を受けた値段で払いました。本来であればパスポート貼り付けのレシートを、日本の関税で提出するみたいなんですが・・・知らなくて・・・ もうアメリカに戻ってきてしまいました。どこかに、レシートを送ったほうがいいですか?

なるほど。きちんとその商品を持って、すでに出国されたのであれば大丈夫ですよ。レシートは破棄してください。

・・・おおおお!!!!

和ごころLA

ついでに知りたいんですが、消耗品は、日本国内で開封してはいけないとなっていますが、一般商品は開封しても大丈夫でしょうか?とくに服は、日本でタグを取って、着てもいいのでしょうか?

いいですよ。最終的に、出国の際に持ち出しすればOKです。

和ごころLA

免税品は、出国の際、手荷物じゃなくて、預入のスーツケースにいれていいですか?

スーツケースに入れても大丈夫ですが、関税の確認の際にチェックがしやすいように、手荷物で持参されるほうがスムーズです。液体は機内持ち込みにはできないので、スーツケースに入れることになりますね。関税手続きの際に、係員さんにお伝えください。

とのことでした。疑問解決!!

もちろん上記のケースは、今後変更になる可能性があるので、心配な方は、相談窓口へ電話して聞いてみてください。

まあ、そもそもが免税で支払う際に、パスポートの入国スタンプを確認し、非居住者であることを確認しているので、大丈夫な部分があるのかもしれません。

次回からは必ず、関税の手続きを忘れずにやりたいと思います。

服も着ていいのなら、もっと免税購入すればよかった〜!!!!

今後はもっともっと活用したいと思います。

  • URLをコピーしました!

当ブログが本になりました