◆アメリカで子育て

アメリカの出生証明書の取得方法!Birth Certificate(バース・サーティフィケート)をロサンゼルスで引き取り

アメリカで出産!出生証明書の取得方法・ロサンゼルス

アメリカには戸籍制度はありません。その代わりに、アメリカで生まれたことを証明する書面としては、

アメリカの出生証明書「Birth Certificate(バース・サーティフィケート)」があります。

これは日本の戸籍システム同様の効力を持った書面で、ソーシャルセキュリティの取得、学校に入学する際や、パスポートの作成など、あらゆる公的手続きに必要な書面です。アメリカ人がSSN(ソーシャル・セキュリティ・ナンバー)やパスポートとおなじくらい大切に保管しているものです。

このアメリカの出生証明書を入手することが、アメリカで生まれたという手続きになります。

※海外で日本の戸籍を子供にあたえるには、領事館へ出生届けを提出します(詳しくはこちら)

アメリカで出産!出生証明書の取得方法・ロサンゼルス

アメリカ出生証明書の取得方法

出産を行った病院内に、Birth Certificate担当部署があるので、退院までの間に手続きを行います。

アメリカ出産で入院中は、かなりバタバタで自分がその部署に行くほどの時間はとれませんでした。

なので、退院が確定したときに、手続き関連の担当者が病室にきて、サインをする形で手続きをおこないました。

サインの内容

  • 赤ちゃんの正式な名前
  • 赤ちゃんの誕生日・出生時間
  • 親のSSN
  • 親の名前や住所

サインだけで、特にもっていくものは必要ありませんでした。

重要なのは、この手続きまでに、赤ちゃんの名前を決めておくこと。アメリカでは生まれるまえに、ある程度決めておく人が多いようです。

※アメリカの出生証明書は、両親が結婚していない場合でも取得できます。手続きのさいに、Declaration of paternity(父親の宣言=認知)のサインをするかどうかで、公的な親権の権利になるようです。

アメリカの出生証明書の入手方法はふたつ

アメリカの出生証明書は、出産した病院で発行されるわけではありません。カウンティ発行の正式な証明書を、後日引き取りに行くか、郵送受け取りがあります。

(1)引き取りに行く

病院からの案内では、ロサンゼルスの場合、Los Angeles County Department of Public Health(313 N Figueroa St Los Angeles, CA 90012)だけは、出産後1ヶ月で引き取りできますが、そのほかの裁判所(Courthouse)などは、出産後3ヶ月以降に入手可能になる、とこのことでした。

(2)郵送で受け取る

郵送での入手方法は、州や病院によって異なるようですので、案内を確認してみてください。私の場合は、郵送にはノータリー(公証人)と申請書面を郵送する必要がありました。

私たちの手続き方法:

ノータリーが必要だったことや、郵便事情などで、出生証明書が届かないことのリスクを考えて、直接取りに行った方ががはやくて確実だと思ったので、ピックアップに行くことにしました。両親そろって行く必要はなく、どちらかの親のみで、赤ちゃん本人を連れて行かなくても手続きできます。

アメリカで出生証明書は何枚必要?

出生証明書は、複数枚発行してもらうことができます。

出生証明書は、主にパスポート申請や公的なサービスを受けるときなどにつかい、大人になっても持っておかなければいけない書類です。基本的には、提出しても返却されるものなので、1枚あれば充分です。

しかし、再発行はノータリーの時間やお金がかかるため、領事館や周囲のアドバイスは、「少なくとも2枚はあるといいよ」とのこと。

取得しておくといい枚数=2枚〜

1枚は、子供本人が、2枚目は、親の私が保管する予定です。

領事館に出生届を出す場合、アメリカの出生証明書の提出は、1枚が原紙、2枚目はそのコピーで可となっています。原紙で提出するぶんに、1枚多く購入しておくことができます。しかし、日本の出生届け用につかう出生証明書は、出産時にたちあった医師に記入してもらう用紙で代用可能なため、カウンティ発行の原紙を提出することは、不要でした。

  • 日本の出生届:不要(手書きでOK)
  • 日本のパスポート作成:不要
  • 手元に置いておく用:必要
  • アメリカのパスポート:返却される

アメリカの出生証明書の取得費用

費用は一枚28ドルでした。

REGULAR RUSH
1枚 $28 ($28.63) $68 (69.53)
2枚 $57 ($57.26) $96 ($98.16)
3枚 $84 (85.89) $124 ($126.79)
4枚 $112 (114.52) $152 ($155.42)

※基本は、現金またはチェックでの支払い。(かっこ)内の金額は、デビットカード・クレジットカード支払いの場合の金額です。ロサンゼルス2018年12月次点での情報です。ラッシュサービスは、出生証明書の紛失や再発行などで、急ぎで取得する際になった場合の金額です。

出生証明書の引き取り方法

出産後1ヶ月〜で取得できるロサンゼルスカウンティのパブリックヘルスへ行ってきました。

出生証明書に引き取りには、両親そろって行く必要はなく、どちらかの親のみで、赤ちゃん本人を連れて行かなくても手続きできます。

アメリカで出産!出生証明書の取得方法・ロサンゼルス

Los Angeles County Department of Public Health

住所:313 N Figueroa St Los Angeles, CA 90012

駐車場:$8ドル先払いのデポジットをする駐車場あり。$1.25/20分あたり、1日最大$8(ストリートパーキングも可能)

アメリカで出産!出生証明書の取得方法・ロサンゼルス

▲駐車場

アメリカで出産!出生証明書の取得方法・ロサンゼルス

①用紙をとって記入する

▼記入方法はこちらです

アメリカで出産!出生証明書の取得方法・ロサンゼルス

I am requesting an AUTHORIZED copyにチェックを入れる。

※INFORMATIONAL copyではありません。これらは、パスポートなどには使えないので注意。

【記入のポイント】

・Number of copies 必要枚数:うちは2枚で提出

・記入間違いに注意:赤ちゃんの生まれた日、赤ちゃんの正式な名前(ミドルネームがあるならいれる)

②窓口へ提出、支払い

提出用紙を窓口へ提出。親のIDカードの確認と、支払いをすることで、その場でアメリカの出生証明書を取得できました。

支払い方法は、現金かキャッシュが基本。クレジット・デビットカードはまさかの「VISA」は非対応でしたので注意!

アメリカ出生証明書を取得

役所に到着して、記入して約15分ほどで取得できました!

ロサンゼルスダウンタウンで手続きしたため、日本の領事館への出生届けの提出と、同じ日に一度にすませることができました。

アメリカで出産!出生証明書の取得方法・ロサンゼルス

書面はアメリカで結婚したときの結婚証明書(Marriage certificate)と同じ、青いろのレターサイズの用紙でした。

書かれていた内容は以下のとおり。

  • 赤ちゃんの正式な名前、性別、双子かどうか
  • 誕生日、時間
  • 出産の病院、住所
  • 父親の名前・出生地・誕生日
  • 母親の名前(旧姓)・出生地(私の場合日本)・誕生日
  • 取り上げた医師の名前

ラミネート加工などはしてはいけないので、注意してくださいね!

昔はペラッペラの紙だったみたいです。アメリカ人の夫の出生証明書は、小さくて今にもやぶけそうな感熱紙でできた出生証明書です(笑)

アメリカの出生証明書(バースサーティフィケート)が手に入ったら、アメリカのパスポート作成にすすめます!

関連記事

© 2020 アメリカ出産・育児ブログ