アメリカの買い物をお得にする方法 >>

アメリカの学校の特徴・日本との違い【在米日本人アンケート結果】

アメリカの学校の特徴・日本との違い【在米日本人アンケート結果】

アメリカの小学校・中学校・高校の学校の特徴、日本との違いについて、駐在妻さん・現地妻さんにアンケート!

約300件の回答から、非常に興味深い結果がわかったのでご紹介します!

※コンテンツの盗用はお控えください(詳しくは利用規約を)リンクはOKです

アメリカの小学校・中学校・高校:日本との違い

①給食・スクールランチがまずい&短いランチタイム(約25分)

出典Wiki

アメリカの学校でも、朝食・昼食の支給を行なっている学校がありますが、日本のような「おいしい給食」とは大違い!揚げ物(フライドポテト)と、野菜の無いカチカチに焼かれたお肉が挟まっただけのハンバーガー、ピザ、申し訳程度の野菜に果物。母親としては、子供の健康が心配になってしまうレベルです(涙)

学校栄養士会で推奨されているランチタイムの時間はなんと、小学生で25分・中学高校で30分!短いため、お弁当を持参させてもゆっくり食べる時間ナシ!パパッとお腹を満たすだけのもの、というのがアメリカの給食です。

まるで給食がジャンクフード

ベーグル、りんご丸ごと、チップス、、、これが給食とは思えない

②アメリカの教科書は、小学校低学年では使用せず、高学年以降はレンタル

教科書は、キンダーからエレメンタリー(小学校)の低学年のときは、個人所有の教科書がありません。ほとんどが先生のプリントで勉強するという回答でした!そのため、先生によって、内容が異なります。

そして、小学校高学年・中学校・高校は、学校の分厚〜い教科書をレンタル!教科書は使い回しなので、中古です。新しくないし、落書きされていることも。それなのに、無くしたりするとお金を払わないといけない(涙)(私立学校の場合は、購入する学校があるようです)

学校によっては、小学校3年生ごろからパソコンのソフトやコンピューター、タブレットなどを使った授業や課題提出が多くなります。

教科書がないので、予習したりフォローできずに困りました!唯一持ち帰るプリントで復習していました

低学年だと教科書がなく宿題もゼロ。先生によって教え方が様々

クラスでは、よくYouTubeを使って勉強している。お菓子で工作したり、数の勉強をしている

③服装・髪型は自由!先生も自由!

アメリカの学校は服装・髪型など自由。ブーツやサンダル、ピアス、ヘアカラーなども自由なので、子供が幼いころからおしゃれに目覚めるという意見も。

先生にがっつりタトゥーが入っている・タトゥーだらけの先生がいるのは、日本にないので新鮮

先生のネイルが超長い!日本ではありえない

④荷物が少ない、基本「置き勉」

教科書は分厚くレンタルのため、基本的に持ち帰らない。そのため、子供が中学校を卒業しても、教科書を持っているのを見たことがないというママさんも!

教科書が無いから持ち物がすごく少ない

毎日の持ち物がナシなので、毎朝の準備が楽です!

⑤連絡帳はなし:親との連絡はメール

親への連絡は基本的に、メールが中心。先生とメールでやりとりできるので、距離が近く感じる。学校案内にフェイスブックグループを利用する学校もあります。勝手がわからないので、メールでいいよな悪いような、という意見も。ちなみに保育園も連絡帳がありません。

出欠席、成績、先生とのやりとりも全部メールやweb上で完結するので、英語できなくても安心です

⑥イベントデー・パーティ・郊外学習が豊富

季節のイベントのほか、服の色指定の日や、パジャマデーなどがあり、子供たちは学校にいくのが楽しみになる。親が普段は食べさせないようにしている甘めのお菓子も、学校で食べちゃっている。本格的な郊外学習もあり、良い経験になる。学校と、父兄、コミュニティが近くてイベントが盛り沢山。

親同伴できる行事がたくさん(遠足では、父兄などの親がボランディアで子供たちの面倒を見る)

⑦教材(School Supply )は、各自で購入・クラスへ寄付

学校の入学・進学前に、School Supply Listが渡され、各家庭で事前に用意するように言われます。バインダー、ノート、クレヨン、色鉛筆、ペン、ペンケース、消しゴム、ティッシュなどなど。クラスで共有するものは、寄付として集めます。

アメリカは、上履き、体操着や副教材(絵具セットとか)などの用意が無くて済みます

その他:アメリカ現地校の違い

  • 先生がとてつもなくゆるいです。良い意味で(笑)
  • 先生にもよりますが、授業中に食べてよかったり、移動できたりする
  • 先生がスタバ片手にねそべって子供たちと遊んでたりする(笑)
  • 自分のクラスの掃除をしない(そうじの時間がない)
  • 学校校内へは、保護者といえども、いつでも自由に立ち入ることができない
  • 小学校でも停学がある

アメリカ現地校「これは良い!」と思うこと

①個性を伸ばし、自己肯定感を高める教育

  • 個性を認めてくれる!なんでも褒めてくれる
  • 子供ができないことがあっても「He is working on itと言ってくれる先生」ポジティブで良い
  • できるところを伸ばしてくれる
  • 人と違うところ=個性とみてくれる
  • 小さい頃からいろんな人種の中で育つこと
  • 先生の声かけが良い(自尊心を高める言葉をよく使う)
  • 先生が怒らない
  • 先生ができたことをものすごく褒めてくれる。自己肯定感が高まる
  • 人との違いに寛容(子供の障害等も普通に受け入れて接してくれる)
  • 同じようにふるまうことを強要されない
  • みんなが、おんな同じじゃなくて良いという方針
  • 協調性はあるけど、強制はせず、多様性を求める点

②学習レベルや選択肢の多さ

  • 学習レベル別でグループに分けて教える
  • 子供の成長に合わせて学年を遅めてたり早めたりできる
  • ホームスクールや、特色のあるコースなど選択肢が多い
  • 高校から大学の単位が取れるシステムが本当に最高
  • クラスの人数が少ない

③自分で考える力が育つ

  • 自分の意見を書く宿題がある
  • Kinderからプレゼンをひとりで発表する
  • 発言する機会が多い(Show and Tellなど)
  • リーディングに力を入れている
  • 読書量が多い(毎日20分以上は読書の時間があり、一律教科書じゃなく個人のレベルを尊重した内容)

その他:アメリカ現地校良い点

  • プロムは日本にはないので良い経験だった
  • 夏休みに宿題もラジオ体操もないからおもいっきり楽しめる
  • PTAの加入が義務ではない。学校の手伝いは、できる人ができるだけやるので気楽

アメリカ現地校「これは辛い」「嫌だな」と思うこと

①子供の送迎

アメリカは子供がひとりで歩きまわることができないので、親の送迎またはスクールバスが必須。

送り迎えがめんどくさい

②英語の問題(親・子供)

先生や他の親とは当然英語で話さないといけないので、慣れないから最初はかなり疲れる。エリアによっては、日本人家庭がほぼなく、相談できる人がいないのが辛いというママさんも。特に自分の子供だけが、英語がわからないとなると、心配で心をいためるママさんも。(でも、子供って数ヶ月するとクラスに馴染んで英語話し出す)

全て英語だから、情報がわからなかったり、見逃しやすいのが難点

クラスメイトの親と仲良くなりたいけど、言葉の壁を感じる

家ではおしゃべりの娘が学校でQuiet Girl(おとなしい子)と言われている。言葉の壁もあり、自分を出せていない様子

自分の英語力がないので、子供の訴えを先生にうまく伝えられなかった

③給食がジャンクなので、ランチを手作りしないといけない

学校のランチに栄養価を期待できないため、お弁当を持参させる方が多い。そのため、毎日ランチ作りに追われる。でも、弁当を持たせてもゆっくり食べるほどの時間がない(20分程度)という悲しさ。

日本のような素晴らしい給食がなくて、毎日ランチを持たせないといけないのが大変

④なんだかんだ費用がかかる

公立学校でも、放課後のアフタースクールが有料の学校もある。そのほか、寄付を募集する学校もあるし、クリスマスホリデーや年度末の年に2回、先生にギフト(金券)を送る文化があったり、子供の習い事もさせることになるので、なんだかんだお金かかかる。

アフタースールの費用が高い(月500ドル以上)

その他:アメリカの現地校で辛かったこと

  • 勝手がわからないので、人種差別を受けているように感じる
  • 経済格差による学歴格差を感じる
  • 多額の寄付をした家庭が強い
  • 登校時間が早い
  • 先生からお菓子をもらいすぎ、学校で食べちゃうから親は把握しきれない
  • 水泳のクラスが無いので、個人でおしえないといけない

アメリカの学校の特徴・日本との違い【在米日本人アンケート結果】

以上がまとめです。

アメリカの学校の良いところ、悪いところも見えてきて、とても興味深かったです。

和ごころLA

子供が小学校にあがるのが楽しみになりました!

  • URLをコピーしました!
アメリカ出産

海外育児中の方に絶賛
おすすめの本