アメリカで妊娠・出産準備

アメリカ式母子手帳!妊娠中の記録をつけるプレグナンシージャーナル(妊婦用日記帳)

アメリカ移住ブログ【リブアメ】、和ごころLAです。

アメリカで母子手帳を入手する方法!ロサンゼルス領事館&紀伊国屋(2タイプ)でも書きましたが、アメリカには母子手帳はありません!

そのため、アメリカではPregnancy Journal(プレグナンシージャーナル)という妊婦さん用の日記帳があります。

妊娠日記・Pregnancy Journal(プレグナンシージャーナル)

わたしがアメリカで愛用していた、妊婦用の日記帳は、40ish Weeks: A Pregnancy Journalというものです。

私が妊娠中の記録がおすすめな理由

私が妊娠中の記録をしておきたいな〜と思った理由はふたつあります。

貴重な体験を記録に残したい

はじめての妊娠・出産なので、貴重な経験ができると楽しみに感じています。年齢や金銭的な現実を考えると、おそらくもう2度となささそう(一人っ子になりそう)なので、妊娠中に感じた、自分がママになっていく過程を、ちょっとした日記とともに記録しておきたいと思っています。旦那が、パパになっていく過程も、一緒に書いています。

いつか子供に見せてあげたい

約40週間のあいだ、成長を祈り誕生を待っている、妊娠中の母親の気持ちというのは、深い愛情でいっぱい。つわりや体の変化による体調不良も、”子供のため”と思い頑張れる気持ちは、母になる前は知ることもなかった感情です。

私自身、思春期には、自分のことが大切にできずに自暴自棄になる時がありました。いつか自分の子供にそんなときが来たら、どれほど愛されていたか、生まれてくることが、いかにすばらしい事か、伝えてあげれられたらいいなと思いました。

プレグナンシージャーナルの中身

私の購入した、40ish Weeks: A Pregnancy Journalは、全128ページのA5サイズのノートです。1ページ1ページ内容がことなり、カラフルで書いていて楽しい。自由記入ページが多いので、病院のドクターと話したことや、妊娠中に用意すべき準備リストなどの、メモページにも使えました。

アメリカ式母子手帳・プレグナンシージャーナル
▲アメリカでは妊娠期間を1st 2nd 3rdの3区分に分けて記録していきます。挿絵がアメリカっぽくて可愛い!

アメリカ式母子手帳・プレグナンシージャーナル
▲妊娠中に避けるようにした物の記録など

アメリカ式母子手帳・プレグナンシージャーナル
▲週ごと1ページ分があるので、その週の出来事や、体調の様子を書いています。

アメリカ式母子手帳・プレグナンシージャーナル
▲病院でもらった写真をはりつけたり、ドクターで話した内容のメモ

アメリカ式母子手帳・プレグナンシージャーナル
▲出産の日の記録

アメリカ式母子手帳・プレグナンシージャーナル
▲赤ちゃんがキックした胎動をカウントするページ

アメリカ式母子手帳・プレグナンシージャーナル
▲出産の記録ページ

アメリカ式母子手帳!妊娠中の記録をつけるプレグナンシージャーナル:まとめ

貴重な妊娠期間中に、自分のため・子供のために記録をつけてみるのはいかがでしょうか?

私はたくさん文字がかけるタイプを選びましたが、ほかにもAmazonでは、いろいろな種類のPregnancy Journalがありますよ。

そのほかの、後悔しないよう、妊娠中にやっておきたい事リスト【13選】もぜひチェックしてみてくださいね。

© 2021 【リブアメ】和ごころLA