アメリカで妊娠・出産準備

海外出産のお手伝い!日本から家族がくるさいの、入国審査回答テンプレート

アメリカ移住ブログ【リブアメ】、和ごころLAです。

海外出産をする場合、家族(とくに自分の母親など)が、日本から手伝いに来てくれるというケースはよく聞きます。わたしも、実母にアメリカへ手伝いに来てもらいました。

しかし・・・英語の不得意な母がひとり、アメリカに入国するのは、かなり心配!!です。事前準備をしておいたので、スムーズに入国することができました。

海外から家族が出産の手伝いに来てくれる期間

私のまわりの友人に聞いてみたところ、海外から出産の手伝いに来てくれる期間はこんなパターンが多いようでした。

*滞在期間:3ヶ月

リタイアしているので時間に余裕があり、アメリカや海外にしょっちゅう来ている人。予定日の少し前から余裕をもってくることもできる。

*滞在期間:1ヶ月程度

リタイヤしている人で、アメリカにはそんなに来たことはないが、赤ちゃんの手伝いには来たい人。

*滞在期間:2週間程度

仕事があるので、あまり滞在できない人。もしくは、出産後に一定期間だけ来てくれるパターン。

*滞在期間:1週間程度

仕事があるので、あまり滞在できない人。出産前から渡航を予定していると、ほとんど手伝いにならない可能性もあり。

先輩ママたちに聞くと、(初産の場合はとくに)できるだけ長くいてもらえると助かる!というのが、もっとも多い意見でした。アメリカへは、観光ビザでの滞在期限が90日なので、期限最大の3ヶ月いてもらったママも多かったです。日本人以外の人は、6ヶ月など、さらに手伝い期間も長い傾向がありました。

どれほどの期間、手伝いに来てもらえるか、人によって違いますね。長期滞在になると、住居事情にもよりますし…

「実際に生まれてから来てもらう」「日本から手伝いを呼べない」場合、産後すぐの一番キツイ状況を、夫婦でのりきる形に。アメリカでは入院期間が短いので、旦那さんが仕事をセーブしたり、調整したりする必要がでてきます。

入国審査に備えての準備

日本の家族がアメリカに入国するさいの準備はこちらです。

①ESTA(エスタ)の取得

②入国審査の準備

英語が得意で、ひとりでアメリカになんども来ている人なら問題ないけれど、

そうでない場合は、事前にシュミレーションしておくのがベターですよね。

 

アメリカの入国審査で疑われるとすれば、

・アメリカに勝手に住む気じゃないか(孫や娘が可愛くって)

・アメリカで勝手に働く気があるんじゃないか(手伝うってお金もらって働くの?)

ということです。

 

そして、はっきりしなければいけないのは、

・何の目的でどのくらいアメリカにいるか

・帰国のチケットはもっているか

です。

上記がはっきりしてれば、アメリカに入国することはわるいことでないので、大丈夫なはず。

なので、渡航目的は「娘の子育てを手伝いに来た」というのではなく、単純に「観光と、娘に会いに来た」という理由にしました。

入国審査の質問サンプル

What’s the purpose of your visit? / 渡航目的は何ですか

Sightseeing and Visit family

How long will you be staying? / 滞在期間はどれくらいですか

Fifty five days (55日)

Where will you be staying? / 滞在先はどちらですか
My daughter’s house. & 住所を伝える

Do you have a return ticket? / 帰りの航空券はお持ちですか

Yes. Here it is.(はい、これです)

First time to the US? / アメリカは初めてですか。

Yes もしくは、No

(どこか聞かれた場合は) Hawaii and Los Angelesなど

Where are you coming from? / どちらからお越しですか。

From Tokyo, Japan

What's your occupation? / 職業は何ですか。

House wife (専業主婦)

Are you with your family or by yourself? / ひとりで来たのか家族で来たのか

I am by myself.

上記が質問サンプルです。

連絡先をもっておいてもらう

このほかに、自分たちの連絡先(Contact information)も念のためもってもらいました。

*私の名前(Daughter, Permanent Resident/Green Card Holder) +電話番号

*旦那の名前 (Son in law, US Citizen) +電話番号

*アメリカの自宅住所
電話がかかってくることはなかったですが、別室送りになった際の念のための連絡先です。

上記を練習しておいたので、アメリカにはスムーズに入国できました。

出産予定日が近く、直接空港に迎えに行けなかったので、あらかじめツアー会社の送迎を頼んで起きました。(お金は結構かかったけれど・・)

空港の出口で、名前のフダをもったドライバーさんに待っていてもらい、日本語でピックアップしてもらえました。

© 2021 【リブアメ】和ごころLA