• HOME
  • ホーム
  • 生活必需品
  • 思っているより見られてる!デンタル(歯科)ケア&ホワイトニングはアメリカでは最低限のマナー

思っているより見られてる!デンタル(歯科)ケア&ホワイトニングはアメリカでは最低限のマナー

生活必需品

アメリカ人と話していると、「ニカッとわらう笑顔が素敵だな〜」「歯並びがすごく良いな〜」「歯が白いな〜」と思うことがありますよね。日本人が、外国人を素敵だと無意識に感じとるとき、歯の印象も含まれているのではないでしょうか。

思っているより見られてる!アナタの歯

アメリカでは「好印象をあたえる」ことは、出世や仕事にも関わるため、”審美的に歯が美しい”ことは重要とされています。小さい頃から歯列矯正は一般的で、日本のように、八重歯がかわいいなんて感覚はまるでありません。そのぶん、日本人がおもっているよりもずっと、歯は見られています。(私もそうですが、歯列矯正している人は、話しているとつい、相手の歯を見てしまうんですよね)

参考アメリカ人は歯列矯正が好き!こっそり目立たず歯の矯正【インビザライン invisalign】経験談

そして、アメリカでは歯に関する治療は、保険料も治療費も高額です。診察料(検査・レントゲン・クリーニング)などで$200ドル程度、虫歯1本につき200ドルから800ドル程度かかるといわれています。

アメリカ生活では、虫歯がないだけでなく、歯並びが綺麗なことと、ホワイトニングは必須。タバコやコーヒーで、うす黄色〜い歯になっていませんか?一番よいのは、渡米前にしっかり虫歯治療を終えておき、普段からしっかりと予防をしておくことが大切です。

やっておくべき、デンタル予防ケア

アメリカでは、歯に関する意識がとても高いので、自宅できる予防ケアはたくさんあります。種類も豊富で、日本よりも安く購入できます。理想的な、取り入れたいルーティンはこちらです。少なくとも1〜4はほとんどのアメリカ人がやっている、最低限のマナーに近いものです。

取り入れたいルーティン

  1. 歯ブラシで歯の表面・裏面を磨いて、歯垢を落とす
  2. デンタルフロスで歯間、歯周ポケット、その他歯ブラシでは届かない所の歯垢を落とす
  3. マウスウォッシュで歯をコーティングする
  4. 定期的にホワイトニング
  5. 定期的に歯医者へクリーニングに行く

効率的に磨くなら、電動歯ブラシが便利

アメリカの歯ブラシは大きいので、日本の歯科専用歯ブラシを大量に持ち込んで愛用していました。しかし最近、デビューして本当によかったのが、ブラウンの電動歯ブラシ。歯を1本1本みがくタイプですが、2分で終わるように設計されていて、時短にもなって便利なんです!

手磨きよりもしっかりと磨けてツルツル、センサーで磨き残しが無いのが嬉しい!

電動歯ブラシOral-B(オーラルB)のジーニアスがすごい

参考2分で終われる、電動歯ブラシOral-B(オーラルB)がすごい!アメリカ生活必携品

デンタルフロスの使用はマスト

歯ブラシでのブラッシングだけで、歯の間の汚れはとれていません。デンタルフロスは、アメリカ生活の必携品だといえるくらい重要です。今までピックタイプのフロスを使っていましたが、これだとちゃんとできてないと、旦那に怒られてしまいました。

ロールタイプのほうが、両サイドにフロスをかけやすく、慣れると早くできることに気づき、それからはこっちに切り替えました。

マウスウォッシュでコーティングする

歯磨きのあとは、マウスウォッシュでコーティングします。虫歯対策、歯周病予防や、口臭対策になります。唾液分泌が抑制される就寝中は、とくに虫歯が進みやすいので、寝る前の使用がおすすめです。私がつかっているのは、こちらのもので、この大きさでサイズで4ドル以下はお買い得。(日本だともっと高いですよね)30秒ゆすいで、飲み込まずに捨てます。99パーセントの殺菌力があります。

週に数回の歯のセルフホワイトニング

アメリカに来てから知った、とっても便利なセルフホワイトニングといえば、コレ「ホワイトストラップ」です。ステッカー形式のホワイトニングです。上下の歯に、前後をはさむようにして貼ります。貼って30分待つだけでOK!定期的おこなうと、歯がグングン白くなっていくのがわかる。こすったりする必要もリキッド等も、使わないので誰でも簡単に失敗なくできます。

和ごころLA
日本の友人におすすめすると、絶対「欲しい〜」といわれる便利品!知る人ぞ知る商品ですが、ジワジワ人気になってきているので、お土産にもおすすめです

アメリカ・ホワイトニング

定期的に歯医者さんでのクリーニング(歯垢除去)

アメリカでは歯の治療は高いため、予防用のクリーニング(歯垢除去)は行っておくほうがいいですよ。回数制限はありますが、加入している保険のプランにはいっていたり、なくても$100程度で受けられることが多いです。半年に1度、すくなくとも1年に1回は行きたいですね。

まとめ

いかがでしょうか。アメリカでは、日本よりも確実に…アナタの歯は見られています!!

相手が歯について指摘することはないでしょうが、なにも言われずに「自己管理できてない人なんだわ」というレッテルを貼られてしまうのは、なんだか悲しいですよね。これからも、自分のためのケア(虫歯対策)と、マナーとしてのケア(ホワイトニング)の両方を、生活のなかにとりれていきたいです。

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!

合わせて読みたい!人気の記事
【海外でも】日本の本&雑誌&マンガが安く手に入る!50%OFF〜読み放題で楽しむ方法
アメリカ食品&消耗品節約術!あとからキャッシュバックをもらう方法
アメリカ生活マストハブ!必須アプリ30+選まとめ
現金$10が郵送で!アメリカ定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ
自然派におすすめの人気洗剤3つを無料でもらう方法
超簡単にアメリカの美味しいレシピを自宅で作れるようになる方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧