アメリカ人は歯列矯正が好き!こっそり目立たず歯の矯正【インビザライン invisalign】経験談

美容/ファッション

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。

私は、大人になってから歯列矯正をしたので、ついつい「人の歯」に目がいってしまうのですが、

アメリカでは、”歯並びの綺麗な人”が多いですよね。

反対に、日本では、アメリカほど歯並びに敏感ではないように思います。

アメリカは、歯の綺麗さは就職や出世に影響するともいわれるほど、歯を綺麗に保つのが、好きで好きでたまらない文化!デンタルフロスも、歯のホワイトニングシートも、たくさんの種類が市販されています。

アメリカで生活をはじめて特に、歯列矯正はやっておいてよかったと思いました。わたしは歯並びを目立たずに直せる、マウスピース矯正(invisalign)で歯を治しました。体験談を写真付きでご紹介します。

アメリカ人は歯列矯正が好き!ファッション感覚の歯列矯正

歯の矯正の器具のことを、英語でBracesといいます。これはワイヤー矯正のことです。

アメリカでは小学校世代に、歯列矯正を行う人が多いため、抵抗なくワイヤー矯正を受ける子供達が多いようです。ワイヤーの固定部分に色をつけて、ファッション感覚で楽しむのは、アメリカならでは。

また、アメリカでは、大人でも、結構堂々とワイヤー矯正している人がいます。

日本では、上下前歯にしっかりとワイヤー矯正していると、ちょっとびっくりされてしまいそうですが、アメリカでは「よくするためにお金をかけてやっていること」なので、悪い印象は与えないようです。

日本人は「歯がガタガタ」というイメージ

私がアメリカで出会った人でこんな人がいました。

高級住宅に住んでいる、20歳の男性(アメリカ人)で、
「君は日本人なのに、歯が綺麗だね!日本人は、歯並びなおさないと思ってた」
と言われたことがあります。

(褒められてるのかけなされているのか?謎)

最初は、非常に偏った意見だな〜と思ったのですが、これは私がいた場所が、日本の駐在員が多い場所だったのもひとつの理由かもしれません。

この場合、世代的にも、日本人で歯列矯正している大人は少なめです。
そんな風に見ている人もいるんだな、それだけ歯に関心があるんだな、とびっくりしました。

歯列矯正はなぜ良いのか

私は、24歳の大人になってから歯科矯正をしたため、決心するには時間がかかりました。

女花盛りのこの年齢で…ワイヤーが見えたら恥ずかしい!痛い!ダサい!話しにくい!と、すごく悩んだのですが、

最終的にやってよかったです。

結局、年齢に関係なく、歯を大事にするためには、人生に一度は考えた方がいいと思いました。

歯並びは人によって違いますし、歯を動かすことは、歯ぐきが下がる原因にもなりうるので、始める年齢によっては、治すほうがいいのか、治さないほうがいいのかがあります。

でもできれば、子供時代に治したかった・・・!!というのは本音です。
綺麗な歯を、健康で長く保ちやすいからです。

歯並びが良くなると、

  • 上下の噛み合わせがよくなるので、呼吸がしやすい
  • 歯の生存率をあげる
  • 審美的に美しい
  • 話しやすくなる
  • 噛み合わせが良くなると、集中力や発揮できるパワーがあがる

などが、あります。
特にスポーツ選手や、集中力を発揮する仕事の人は、グッと噛む時の噛み合わせがは合っている方が良いです。

どんな歯列矯正プランが合うのかは、先生によって考え方が、びっくりするほど異なります。

私は4軒ほどカウンセリングに行きましたが、みんなプラン(歯科矯正の計画・期間)はバラバラでした。
歯列矯正は長期戦なので、いろんな先生に聞いた方がいいですよ。

ちなみに、日本でも”芸能人は歯が命”と言われていますが、デビュー時は歯がガタガタのアイドルが、いきなり歯が綺麗になっている子がいますよね。
それは、ワイヤーなどでひっぱって矯正しているのではなく、歯を抜いて差し歯で綺麗に揃えています。

時間をかけずに綺麗にできますが、費用もかかりますし、一度、偽の歯にしてしまうと、いつかは寿命がやってきます。
元気な歯は一生ものなので、差し歯での審美治療は老後が怖いです〜。。。
日本でも、今ある歯を健康的に長生きさせる、歯列矯正文化が広まると良いですね。

マウスピース矯正【インビザライン(invisalign)体験談】

インビザライン(invisalign)とは、透明なマウスピースをつけて、歯列を矯正していくものです。

これは、強めの矯正は難しいので、前歯の傾斜の調整など、そこまでガタガタでない人におすすめです。

強めの矯正が必要な場合は、ワイヤー矯正とマウスピースの合わせ技になります。

私の経験談ですが、

まず最初に親知らず4本を抜歯してから、3ヶ月ワイヤー矯正で調整。

その後インビザラインを1年半やりました。

 

ワイヤー矯正は、最初は結構痛くて辛かったです。歯に挟まるし、見えるし、集中できないほど痛い。

ですが、ワイヤー矯正のほうが調整をしやすいので形を整えやすく、全体の矯正期間が早めに終わります。

一定期間のことだからと頑張りました。

 

その後、やっとインビザライン(invisalign)を始めることができました。

1ヶ月半に1度、歯医者に行って新しいマウスピースをもらうというサイクルだったので、しょっちゅう歯医者に通いました。

インビザラインは、食事の時以外は、ずっと透明のアライナー(マウスピース)を装着します。

レストランに食事に行った時は、「あ、ちょっと失礼・・・」とトイレでマウスピースを外す生活をしていました。

簡単に外れないように、歯の色にあわせた突起物(ポッチ)を、アライナーに合わせて、先生がつけます。

他人から見ると、ほぼ見えません。

ゆっくりじわじわ動いていくので、ワイヤーよりは痛みがありません。1年もたったらさすがに慣れて、ほとんど気にならなかったです。

途中経過では、あまり変化がわからないですが、最初の0のアライナーから最後のアライナーの形の違いを見ると、なんだか達成感をかんじました。笑

まとめ

私の場合、日本で受けました。当時はまだインビザライン(invisalign)は日本で登場してすぐくらいでしたが、今では人気の選択肢で、受ける人も増えていています。

インビザライン(invisalign)は、アメリカの技術なので、私の場合、

マウスピースはアメリカで作って日本に輸入していました。

そのため、実はアメリカに住んでいる人は、こちらで受ける方が費用が安くなる場合もあるんですよ。

日本でもマウスピース矯正は自費治療なので、長期でアメリカに住む人はこちらで考えてもいいと思います。

(私の友人も大人になってコッチで始めた人もいますよ〜)

アメリカでも、日本でも、歯を大切にしていきたいですね。

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!

合わせて読みたい!人気の記事
【海外でも】日本の本&雑誌&マンガが安く手に入る!50%OFF〜読み放題で楽しむ方法
アメリカ食品&消耗品節約術!あとからキャッシュバックをもらう方法
アメリカ生活マストハブ!必須アプリ30+選まとめ
現金$10が郵送で!アメリカ定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ
自然派におすすめの人気洗剤3つを無料でもらう方法
超簡単にアメリカの美味しいレシピを自宅で作れるようになる方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧