• HOME
  • ホーム
  • 生活必需品
  • アメリカの携帯を日本で使うには、スプリント(Sprint)携帯が最強だった!アメリカ放題の逆版&AAAの費用も払ってくれるので、在米日本人にはお得すぎ

アメリカの携帯を日本で使うには、スプリント(Sprint)携帯が最強だった!アメリカ放題の逆版&AAAの費用も払ってくれるので、在米日本人にはお得すぎ

生活必需品

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。
現在、わたしはアメリカの携帯電話会社は、スプリント(Sprint)の回線を利用しているのですが、これがまたお得すぎてスゴイということを発見。

日本への一時帰国に$5で使えるJapanRomingオプションがあることや、車のロードサービスのAAA(トリプルエー)の年更新費もスプリントが払ってくれるってご存知でしたか?さらに月額割引もしてくれるっとなると、使わない手はないサービスです。

アメリカの携帯会社・スプリント(Sprint)とは?

スプリント・コーポレーション(英語: Sprint Corporation)は、アメリカの加入者数第4位の携帯電話事業者です。全米での加入者数は、約5307万人にのぼります。

アメリカの大手携帯会社:加入者数『2018年第一期』
1位 Verizon Wireless (ベライゾン) 151.48 million
2位 AT & T (エーティ&ティー) 143.83 million
3位 T-mobile (ティーモバイル) 74.02 million
4位 Sprint (スプリント) 53.6 million ←ココ
出典

2013年に日本のソフトバンクがスプリントを買収し、孫正義さんが取締役会長になりましたよね。当初は「買わなければよかった」と発言したほど、コストがかかっていたそうですが、現在ではコストダウンの改革が行われ、順調な経営ができているそうです。
そして今年2018年の春、全米加入者数3位の大手T-Mobile USとスプリントの2019年をめどに合併することで合意したと発表しました。これから孫正義さんパワーで、さらに大きくなりそうなスプリントに期待です。

スプリント(Sprint)は世界でそのまま使える?

スプリント(Sprint)携帯を契約すると、通常、Sprint Global Roamingというサービスが含まれています。世界の主要な165都市以上で利用できる、海外ローミングサービスのこと。

通話に20セント〜/分あたりかかるだけで、テキストは無料・データ通信も無料なんですよ!(対象国は要確認)

和ごころLA
日本の携帯は、海外ローミングは別契約になっていることが多いですよね

たとえば先日、オーストラリアへ行った際、Wifiルーターは借りず、このシステムを利用しました。オーストラリアは、データ通信は無料・無制限、テキストは無料、電話のみ20セント/分で課金です。データ通信は「Reduced Speed」になるので、ちょっと遅いけど、ちょっとしたWEBサイトの閲覧はできますし、基本はラインで連絡をとっていたので、電話をかけるときはほぼありませんでした。

こういったサービスは、アメリカの他の携帯キャリアも同様におこなわれており、T-mobileも同様のサービスを行なっています。

メリット①日本で使うなら「アメリカ放題」の逆版!JAPAN ROAMING

スプリントが他社と違うのはここからです。

Sprint(スプリント)には、「アメリカ放題」の逆バージョンがあるんです!!

「アメリカ放題」とは?
アメリカ放題とは、日本の携帯会社であるソフトバンクが、提供しているサービスのひとつ。日本でソフトバンク回線を利用している人が、アメリカ本土やハワイなどに滞在時、スプリントのネットワークを使えば、通話やモバイルデータ通信、メールがし放題になるというオプションサービスです。
通常、月額980円のオプションですが、最近ではずっと、月額無料(要確認)。要するに、日本にいる友人や家族が、アメリカに旅行にくるとき、auやdocomoではなく、ソフトバンクの携帯だったら、わざわざほかの通信手段(モバイル Wifiや一時的な携帯電話)を用意しなくてもいい、ということ。
ポイントは、Sprint回線をキャッチしているときだけしか、アメリカ放題の対象にならないので、その点は注意です。

この「アメリカ放題」の逆バージョンになるのが、JAPAN ROMING $5です。

米スプリントでは、あまり大きく広告していないので、在米日本人が口コミで知っているような地味〜なプラン(笑)

なのですが、

在米日本人が一時帰国するなら、スプリント最強!と思える内容なんです。

 

前述の、Sprint Global Roamingという、もともとついてくるサービスの場合は、日本の場合も、データ通信は無料・無制限「Reduced Speed」、テキストは無料、電話のみ20セント/分で課金です。

なので、このまま使ってもいいのですが、電話代は別途かかることになります。

日本への一時帰国するような場合は、期間が長くなるので、これだと少し物足りないと思うかもしれません。データも少し遅いですし、電話をひんぱんに利用する人は、JAPAN ROMING という、アドオンを5ドルで追加しておくのがオススメです。

この月5ドルのオプションをつけるだけで、日本国内ではSoftbankの電波が使えます。

通話やデータ通信、メール受信などもコミコミ!これ以上、請求されることがありませんでした!!

日本に行く前にオプションをつけることで適応され、帰ってきたらこのオプションは外せます。月途中は、日割り(半額くらい)にできる場合もあり、月5ドルを切ることもあります。

JAPAN ROMINGの設定方法と使用した感想

スプリント(Sprint)携帯のの利用料にプラス5ドルで追加するだけです。
スプリントに電話か、チャットか、WEBサイトから「Japan Roming」の申し込みをします。

和ごころLA
うちはいつも旦那さんに電話してもらっていますが、Sprintはチャットサービスが結構はやく対応してくれるので、こちらもいい感じです!

日本に到着後、必要なのはコレだけ↓

  • モバイルデータ通信:オン
  • 通信のオプション:ローミングオン

そうすると、Softbank回線をキャッチしました。このまま普通にインターネットにも繋がるし、電話をかけることもできます。アメリカの携帯電話なので、当然、電話をかける場合は、アメリカの電話番号での発信になります。

インターネットの実際の体感スピードは、私は問題ありませんでした。日本だと地下でも電波が繋がるし、手軽すぎてスゴイ!!

データ通信ができるので、パソコンのテザリング接続も可能です。これに限ってはスピードが早いとはいえませんので、長期滞在ならやはりWIFIルーターがあると便利です。でも、短期間の一時帰国や出張帰国なら、これだけで全然イケる!というのが本音です。

<ネットの口コミはこんな感じ>
I was in Osaka and Kyoto last month and I was pretty happy with the $5 Japan roaming addon. The speed was usable and I was able to watch YouTube videos without any issues. Yes, it was 3G speed but the speed was adequate for emails, website browsing, and watching YouTube videos.

メリット②スプリント(Sprint)のAAA割引がスゴイ

上記のJapan Romingがお得だけでなく、もうひとつスゴイのが、SprintとAAAの割引です。

最近まで知らなかったのですが、

  • AAA Classic (現在$50/月)のメンバーシップ更新費用をAAAが負担
  • Unlimited Freedomプランでは、月5ドルの割引を受けられる
  • Sprint Family Locator app (家族の所在地を調べる有料アプリ)がついてくる
  • 25%のアクセサリーディスカウント

これを適応させるには、https://www.sprint.com/AAAから、申請をすることで適応されます。しかも、問い合わせしたころ、すでに現在つけているAuto paymentディスカウント月5ドル割引(口座引き落とし割引)に、AAAディスカウントも併用できるとのこと。要するに、月額から10ドルも割引できちゃうんです!

和ごころLA
なにぃ、知ってるか知らないかだけで月額とお得さが全然ちがう〜!

ちなみに、割引されるのは「更新費用」なので、初年度だけは支払う必要があります。2年目以降はずっとスプリントがAAAの費用(BASIC $50)を払ってくれます。$80のプランに加入している人は、$50ぶんはスプリントが差し引くので、残り$30を自分で払います。

すでにSprint契約をしていて、AAAも加入しているという人…知らないと損してます。←私(笑)なんでこれ、誰も教えてくれないのだろう…。

メリット③Huluが無料で見れる

こちらも、知らずに申し込んでいないと損なのですが、スプリント携帯の契約者は、インターネット動画サービスHuluが無料でみることができるんですよ!Huluは通常、$7.99/月なので、これが無料になるなんてすごくお得ですよね。

和ごころLA
…本来はNetflix派なんで、できればコッチが無料で見れたら最高だったけどね!!汗

参考 アメリカ版Netflix (ネットフリックス) を日本語字幕・音声で見る方法!

とはいえHuluでは、初代90210(ビバリーヒルズ青春白書)やThe OCもあるし、映画はロードオブザリングなどの有名どころもあり、子供向けにはNARUTOのアニメや、Family Guy、リロ&スティッチなどのディスニー作品もあるので、無料でもらえる暇つぶしビデオとしては最高です。

無料で見れるアカウントがもらえるので、テレビでもiPhoneやスマホでも、iPadでも見れます。

スプリント(Sprint)の料金体系・他社比較

アメリカの携帯料金は、加入時期によって値段が異なり、人によって値段(プラン)が違うまま継続されていることがあります。

2018年7月現在のSprintの料金体型と、他社比較だとこんな感じです↓

アメリカでは、着信にも発信にもお金がかかるので、Unlimitedプランがもっともメジャーなプランになります。
スプリントは、1回線契約では、$70/月、2回線契約でも$120/月(ひとり$60)と、他社と比較すると最安値設定になっています。
5回線契約だと$210なので、ひとりあたり$42で、さらにAuto PaymentディスカウントとAAA割引もつけると、実質$32ドル/月です。

めちゃめちゃ安い!プリペイドよりも安い!


価格の詳細は、スプリント(Sprint)の公式HPからご確認ください。

スプリント(Sprint)のデメリット

上記が、スプリントのメリットで、安いしお得!なのですが、唯一、デメリットとしてあげるとすれば、
「エリアによっては電波が悪いといわれることです。

ですが、最近ではかなり改善されているようで、私の住んでいるロサンゼルスでは、日常生活で困ることはありません。しかし、先日行ったパームスプリングスの郊外(山)のほうや、キャンプ場近くは確かに電波が入りにくかったように思いました。(それは他社も同じかもしれないけど…)

アメリカの都市部では問題がないですが、郊外に住んでいる場合は、電波が入りにくいかもしれませんので、事前にチェックしてみてくださいね。
Sprintのカバーエリアは、こちらから確認できます↓
https://coverage.sprint.com/IMPACT.jsp?

まとめ

スプリント(Sprint)携帯なら、

  • アメリカの携帯をそのまま日本で使え、お得なプランがある
  • AAAの更新費用も払ってくれ、割引もある
  • Huluも見れちゃう
  • 大手他社と比べると安い

です。エリアがマッチしているなら、在米日本人にはお得すぎですよね!ぜひチェックしてみてください。

ロードサービスのAAA(トリプルエー)は、車社会のアメリカでは加入必須です。ピンチのときに、英語で自分の位置を説明するのは、難しいですが、アプリで簡単に呼び出せるので、便利ですよ!

記事 アメリカ版JAF!ロードサービスのAAA(トリプルエー)をアプリで簡単に呼び出した話

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧