今年はビジネス英語に特化したオンライン英会話で、英語力をアップさせよう

大人の英語学習

毎年かならず出てくる新年の目標といえば、「英語力の向上」ですよね。

新しく海外の人と出会うたび、わきあがってくるのは、もっと相手の言っていることを理解したいという気持ち。英語圏出身ではないからと、相手に気を使わせてしまうことなく、しっかりとコミュニケーションをとれたらいいな、といつも憧れています。

今年の私の目標は、アメリカでもTOIECが受講できるので、久しぶりに受験に再挑戦すること。(次は満点近く取りたい!)そして、アメリカでの就労も、再開したいと思っています。

そのためには、ボキャブラリーを増やしたり、ビジネスに特化した英語力をアップさせる必要があります。

今回は、ビジネスに特化した、オンライン英会話スクールを比較&検証してみました!

ビジネスで必要な英語力とは

海外とのやりとりが多いようなビジネスマンには、少なくともTOIEC800以上は取得したいものです。アメリカで実際に生活したり、海外企業への就職を目指す場合は、TOEIC900点代で、やっと求人の”選考”が可能になる基本レベル。

実際の英語での対応能力は、実践できたえていくことになりますが、メールの書き方や英語でのプレゼン方法は、日本の義務教育では習わないため、事前に触れておかないと、かなり戸惑うことになります。会社に入社するとまず、英語で電話を取ることからはじまるので、定番フレーズは覚えておくほうがベターです。

英語でのプレゼン

 

ビジネス特化のオンライン英会話

本気で英語のスキルアップを狙うなら、できるだけ避けたいのは「ひとりでやること」。働きながら、一人での独学は、モチベーションや時間の管理が大変。ほかの予定を優先せざる追えなくなると、目標に達成できなくなってしまうことが多々あります。

より確実に、しっかりと勉強したいと思ったら、誰かに教えてもらうのが近道!!手軽に受講できるスカイプ英会話では、自分にあったスケジュールで、無理なく自分の英会話コーチをつけられます。

スカイプ英会話なら…
・どこでも受講できる
・スマホやタブレットでもOK
・自分のライフスタイルに合わせやすい
・通学型英会話教室よりも、お手頃価格

スカイプ英会話は便利なのは知っているけれど、最近では、たくさんのオンライン英会話が登場し、どれがいいのかわからないと迷ってしまいますよね。実際にアメリカで生活する筆者が、ビジネス向け英語学習におすすめのオンライン英会話を選んでみました。

 

ネイティブの担任講師に英語を学ぶ、Mainichi Eikaiwa

【Mainichi Eikaiwaのオンラインビジネス英会話コース】

このMainichi Eikaiwaのオンラインビジネス英会話コースが、他のスクールと違うところは、講師が、ネイディブの講師(アメリカ・カナダ・イギリスなど)を選べるということ。通学式の英会話学校での、ネイティブのマンツーマンレッスンは、平均7000円/40分ほどかかりますが、スカイプ英会話では、費用を抑えならがも、ネイティブ講師とマンツーマンレッスンが受けられます。Mainichi Eikaiwaは、担任制なので、「毎週のこの時間に英会話の勉強時間をつくろう」というサイクルをつくって学びたい人におすすめです。

ほとんどの格安オンライン英会話は、講師がフィリピン人講師で、初心者向け内容であることが多いです。すでに英語を学んでいる人や、そこからレベルアップしたい人、実際にネイティブとのビジネスシーンをシュミレーションしながら学びたいという人にピッタリです。

【GOODポイント】
・ネイティブ講師(アメリカ人/カナダ人/イギリス人など講師の国籍をえらべる)
・マンツーマンで担任制
・生徒に合わせて、無料教材が支給される
・ポイント制の場合、家族で分け合える
・授業内容は生徒の希望にそって構成される
【注意したいポイント】
・担任制なので、あらかじめの予約調整が必要
・受講可能時間帯は、講師により異なる
・ネイティブ講師なので、格安オンライン英会話よりも費用はやや高め
・ポイント制もお得だが、一度の支払いが大きいので、具体的な目標がある人に向いている
・まだ知名度はあまり高くない(が、だからこそ予約が取りやすい)
・キャンセルは12時間前まで
【費用】
月謝制:
50分レッスンを週1回、12000円/月(税込)
50分レッスンを週1回、18080円/月(税込)
25分レッスンを週2回、12000円/月(税込)もしくは、
ポイント制度:
25分レッスンが120回分、11万7600円→1回あたり980円【有効期限1年間】
50分レッスンが120回分、21万3600円→1回あたり1780円【有効期限1年間】
※年会費・入会費は無料

【Mainichi Eikaiwaのオンラインビジネス英会話コース】

 

安くたくさん話す機会を持つなら、産経オンライン

【産経オンラインのビジネスコース】

産経オンラインのビジネスコースは、オンライン英会話をはじめやすい価格がポイント!講師がフィリピン系のオンライン英会話なので、とにかく安く、英語を話す機会を増やしたいという人におすすめです。産経オンラインでは、無料教材が提供されており、初心者むけの内容が中心です。1レッスンあたり25分で、A4用紙2枚分の内容を読み上げながら、講師と一緒にレッスンしていきます。これから英会話を始めてみたいという人でも、気軽に挑戦しやすい内容です。

金土日の3日間・50分レッスンが受講できる月額5980円プランは、会社員で週末にまとめて受講したい人にお得なプランになっています。

【GOODポイント】
・とにかく値段が安い
・チケット制度もあり、気軽に挑戦しやすい
・無料体験レッスンが2回受講できる
【注意したいポイント】
・フィリピン系講師(講師の国籍を選べない)
・受講可能時間は、AM5時から深夜1時まで
・予約はレッスン開始の30分前まで
・キャンセルはレッスン開始の60分前まで
・教材が、初心者レベルむき。中上級者むきでも、内容は結構簡単。
【費用】
25分レッスンを毎日、月額5980円
50分レッスンを毎日、月額9800円
金土日のみプランは、50分・月額5980円
チケットプランは、45回10800円が最安プラン【有効期間1ヶ月】〜
※休会・退会に1000円必要

【産経オンラインのビジネスコース】

段階的に英語を学ぶなら、ビズメイツ

【ビジネス特化型オンライン英会話、ビズメイツ】

ビズメイツは、法人コースも用意されている大手のオンライン英会話スクールです。講師のほとんどはフィリピン系ですが、大手ならではの教育体制と、カリキュラムが揃っているのが特徴です。
独自プログラムとして、ビジネス向け内容のBizmates Programがあり、レベル1から5まで用意されています。レベルにあわせて、順にテーマと教材サンプルが用意されているので、「いきなり英会話に挑戦するのは怖い!まず文法から、段階的かつ体系的に学習したい〜!!」(日本人あるある)タイプの人におすすめ。また、予習・復習ツールとして、オリジナルのビデオレッスンが用意されているのも高ポイントです!

【GOODポイント】
・動画レッスンなどで、自己学習と組み合わせできる
・段階的に教材が用意されているので、いきなり会話は不安という人に安心
・レッスン予約が5分前、キャンセルは30分前まで可能と、かなりフレキシブル
【注意したいポイント】
・フィリピン系講師(しかし、他サイト講師よりもフィリピンなまりが強くない)
・受講可能時間は、平日は5~14時 & 18~25時、土日祝日は5~25時
【費用】
毎日25分で12000円/月額
毎日50分で18000円/月額
※入会金・教材費不要

【ビジネス特化型オンライン英会話、ビズメイツ】

まとめ

どのオンライン英会話を選ぶかは、現在の英語レベルによって異なります。すでに自分で英語の学習をはじめており、ネイティブ講師と実践的にレベルアップするなら、Mainichi Eikawiwa。とにかく安く、英語を話す回数を増やしたいなら、産経オンラインのビジネスコース。英会話と自己学習の両方をこれからはじめてみたいなら、ビズメイツがおすすめです。

今年も英語の勉強をがんばりましょう!!

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!

合わせて読みたい!人気の記事
アメリカ食品&消耗品節約術!アプリで簡単にあとからキャッシュバックをもらう方法
アメリカ生活マストハブ!必須アプリ30+選まとめ
現金$10が郵送でもらえる!アメリカでは定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧