【英語】栗騒動!英語で栗はマロンじゃないの?モンブランでもない!

間違えやすい英語

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。

今日、近くのスーパーにお買い物に行ったんです。

最近よく行くのは、日系やアジア系のお店ではなくて、メキシカンスーパー。

 

メキシカンスーパーって、安さが半端ないんです!!

初めて立ち入ったときは、衝撃でした。

シナントロ(パクチー)も、4束で1ドルと、数本で数百円する日本とは大違い。

 

巨大なアメリカのお買い物カート山盛りに買っても、まだ70ドルも超えたことがありません!

一回メキシカンスーパーで買ってしまうと、他のお店が高く感じちゃう程。。。

野菜も、新鮮なものがそろっていて、オーガニック商品もある。

安いから、質が悪いという訳でありません。

実際、日系スーパーのほうが、野菜が微妙な時もある。日系スーパーは値段設定が高いため、野菜の回転率が悪く、にんにくとか玉ねぎとか、長期販売されているものがちょっと微妙。

野菜はなるべく近所のスーパーで買って、日系スーパー、トレーダージョーズやホールフーズは、そこでしか買えないものだけを買うようになりました~。

 

そんなメキシカンスーパーで、新妻のわたしは、

見知らぬ食材たちに「なんだこれは」とかつぶやきながら、

毎日の食材を探す日々・・・。

 

 

今日見つけたのが、

栗!!!

わぁーすごい!!メキシカンスーパーに栗が売っている!

もうすぐお正月だし、「くりきんとん」というのが、おせちの一つらしいから、

作ったことないけど挑戦してみようかなと思ったんです。

 

それでレジに向かったら、キャッシャーが、高校生くらいの新人の女の子。

 

わたしの持ってきた「栗」を見て、

「すみません、これってなんですか?」

って。

で、急に言われたもんだから、「栗」の英語の言い方が出てこない・・・

なんだっけ、なんだっけ、

そうそう、あのケーキのやつって、モンブラン??

そうだっけ?

マカロン?みたいなモカ?みたいな名前、、、

そうそう、「マロンだ!!!!!」

 

と思って、「マロン?」って答えました。

 

そしたら、

別の店員さんに、ノーノー!

「Chestnutsです」

って言われちゃった!

戸惑うわたしに、店員さんたちが「コレ、Chestnutsだよね?」と確認しあうものだから、レジにならんでたお客さんも含め、総勢10人くらいに、

 

これは「これはChestnutsだ」と教えられました。笑

 

英語では、マロンじゃなくて、「チェスナッツ」て言うんですね!!

調べたところ、多くの日本人は、

栗をマロン、もしくは、モンブラン って思ってるんだって

*マロンはフランス語

 

「マロン」は、英語で「ザリガニ」だっていう記事を見つけだけど、実際にはアメリカではあまり使われることなく、オーストラリアのMarron Crayfish(マロンザリガニ)という種類を指しているようす。アメリカでは、「マロン」って言っても、「( ゚Д゚)ハァ?」っという感じですね!笑

 

びっくり!

【お知らせ】
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!

合わせて読みたい!人気の記事
【海外でも】日本の本&雑誌&マンガが安く手に入る!50%OFF〜読み放題で楽しむ方法
アメリカ食品&消耗品節約術!あとからキャッシュバックをもらう方法
アメリカ生活マストハブ!必須アプリ30+選まとめ
現金$10が郵送で!アメリカ定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ
自然派におすすめの人気洗剤3つを無料でもらう方法
超簡単にアメリカの美味しいレシピを自宅で作れるようになる方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧