◆アメリカで子育て

アメリカ式母乳育児のコツ!アメリカ出産で学んだ、スパルタ母乳道。こうして私は完母になれた

アメリカ出産で学んだ、スパルタ母乳道!こうして私は完母になれた&アメリカ式母乳育児を楽にするコツ

「赤ちゃんを育てるのに母乳が良い」というのはわかっているけど、出産する前は「母乳はでるのだろうか?」と不安でした。

以前、大阪の助産院のYoutubeで、「生後3ヶ月で母乳育児ができている人は約3割」と言っていてびっくり。

7割がミルクだったり、混合ということは、私もそうなるかもしれない…と思っていました。

こんな先進時代になって、むしろ母乳育児がしにくくなっている理由はなんだろう。どうすれば、母乳育児ができるだろうか、出産前から勉強してきました。

実際に産んでみると、たしかに最初はかなり大変でしたが、産後3ヶ月には完全母乳で育てることができたので、その体験談をシェアしたいとおもいます。

母乳育児が難しい理由

CDCによると、アメリカでは約8割のママが母乳育児を希望するも、3ヶ月後の完母率は4割ほど。しかも、半年後には2割程度に減ってしまうといわれています。

原因は、なかなか出ない母乳が大変なので、諦めてミルク(英語ではフォーミュラという)にしてしまうのが多い。

特に、赤ちゃんが上手にくわえること(英語ではlatch)がうまくいかないと、母乳の開発がすすまず、出が悪いままになってしまいます。

これを防ぐには、なるべく母乳推進の病院で出産し、産後は、母乳育児のプロ=ラクテーションコンサルタントにサポートしてもらうことです。

和ごころLA
わたしが実際におこなった、完母になるためのコツをご紹介します!

母乳育児を開発させたSupplementary Nursing System

まず、おそらくこのおかげで、母乳育児が完成できたと思えるのが、この「Supplementary Nursing System」というやり方です。

これは私の出産した病院が、母乳育児推奨だったため、常駐するラクテーションコンサルタントが、母乳トラブルをもつ母親に推奨するやり方です。

和ごころLA
おそらく日本ではやっていない・・・のではないでしょうか??

出産後すぐに、私の子供は黄疸治療を受けました。24時間LED照射されるため、水分補給が必要でした。

つまり、生まれてすぐから、液体ミルクを与える必要がありました。

しかし、産後すぐは、ほんの少ししか母乳はでません。私は初乳がたくさん出たほうですが、当日は5mlくらいが限度。水分補給ができるほどの量ではありませんでした。

液体ミルクを、哺乳瓶で飲ませることは簡単ですが、そうしてしまうと、母乳生産のスイッチが入らないし、ベビーも自分で吸うという力をつけることができません。

そのため、

赤ちゃんがお母さんのおっぱいを吸わせながら、シリンジで吸い上げたミルクを、チューブで乳首の隙間に流し混み、あたかも赤ちゃんが自分で吸っているかのうようにして、ミルクを飲ませます。

母乳育児を開発させたSupplementary Nursing System

めちゃめちゃ大変でした!

チューブの先は、よくみると穴があいていて、ここからミルクが出ます。ちょっとずつ押しながら、ミルクがでる量を調整しながらあげるので、2人がかりです。(笑)

母乳育児を開発させたSupplementary Nursing System

Youtubeをみつけたので参考に貼っておきます。

ひとりのときは、テーブで貼るようですが、赤ちゃんが動くし、ひとりでは結構難しいです。そもそも、チューブを胸との隙間から、口にさしこむのがかなり大変。

 

この方法は、週に1度、ラクテーションコンサルトに通い、母乳が軌道にのるまで、4週間やりました。

5週目ほどで、赤ちゃんは自分で上手におっぱいを飲めるようになり、シリンジを卒業。そこから数回は、ミルクをあげることもありましたが、3ヶ月後には完全母乳に。それから1年はずーっと母乳です。

最初の1ヶ月は、かなり体力的にキツかった。

その頃の授乳は、一回につき1時間かかっていて、それが2〜3時間おき。実質、3時間とおしで寝れることなんてありませんでした。

だけど、頑張ってよかったと今は思えます。

同じように母乳開発がうまく行かずに悩んでいる、近くに相談できる人がいない、という方は、アマゾンでこのキットが買えるので、やってみるのも手かもしれません。

和ごころLA
とにかく、生まれてから早いうちに「母乳開発」はやるべき!!子供のアレルギー対策や、健康面のことを考えると、できるだけのことは、やって損なし。

パパでもできる!シリンジを使って指でミルクをあげる方法

アメリカ式、母乳育児のコツ。指をいれてチューブ

シリンジ&チューブ使用だと、このように、指をくわえさせて、すきまに入れる方法だと、パパでもできます。

これは、アメリカの病院で入院中、ナースに教えてもらいました。

あまりにもわたしが疲れすぎていて、おきていることができず、3時間ごとの授乳(1回に1時間以上かかっていた)がもう限界(涙)っていうときに、旦那が代わりにミルクをあげました。

指で吸わせているので、吸う力を鍛えつつ、ミルクを飲めます。

おかげで、3時間とおして寝れた時は、本当に旦那に感謝しました!!!

和ごころLA
パパは母乳がだせないけど、こうやって指あげしたのが、これはこれで貴重な体験で、嬉しかったようです(笑)

母乳育児を楽にするコツ【出産した病院でやること編】

そのほか、私が完母になるために、アメリカの母乳クラスでまなんだ方法をご紹介します。

①初期からのカンガルーケア

日本では、「カンガルーケア」と呼ばれていますが、アメリカでは「Skin to skin Contact 」と言われることが一般的です。

赤ちゃんが生まれてすぐ、お母さんの胸の上におき、スキンシップをはかることで、赤ちゃんが母乳場所をしり、よく飲むようになったり、母乳の生産がよくなるという考え方です。(日本では、体温調整や落下の危険性などの理由で、カンガルーケアは危険だとして行わないポリシーの病院もあるそうです。)

私の病院では、少なくとも45分はカンガルーケア推奨ですが、病院や先生によって異なるかもしれません。

和ごころLA
出産した部屋で、私と旦那(も上半身裸になって)赤ちゃんを抱きしめました

なぜ1時間はカンガルーケアをすべきなのか?

アメリカ母乳クラスでは、少なくとも45分から1時間はカンガルーケアを推奨していました。

理由は、赤ちゃんがママのおっぱいの場所を学ぶまでは、1時間ほどの段階が必要といわれているから。

実際に生まれたてのベビーを胸にのせると、まだ目は見えていないけど、吸うような口をしながら、おっぱいを探す動きをしていました。

和ごころLA
神秘的で、本能的で、すごく愛おしく感じました。

Skin to skinの9つのステップ

1) Birth Cry
産声をあげる

2) Relaxation
産声をあげたあと、赤ちゃんは口を動かさず、手もリラックスしてお母さんにくっつく

3) Awaking
出産後・約3分くらい:頭と肩を小さく押すような動きをする

4) Activity
出産後・約8分くらい:口を動かしたり、吸うような動きをみせて何かを探すような反射をする

5) Rest
休む(どのステージでも、常に発生)

6) Crawling
出産後・約35分後くらい:お母さんのおっぱいにむかってはって進む・すべっていくような動きを見せる

7) Familiarisation
出産後・約40分後くらい:お母さんの胸に触れたり乳首を吸おうとすることで、母親の存在がわかるようになる

8) Suckling
出産後・約60分後くらい:母乳を吸おうとする動きをする

9) Sleeping
出産後は、母親も子供も疲れて寝る

ーーーー

要するに、赤ちゃんは誕生してから、母乳が出る場所を発見するまで、だいたい1時間くらいかかるということだそう。

この最初の1時間は、母子にとってもっとも重要な時間。

パパもカンガルーケアを行う

ママが赤ちゃんの抱っこに疲れたら、パパもSkin to skin(カンガルーケア)をできるだけするように、とのことでした。パパは母乳がでるわけではありませんが、直接肌でふれあうことで、パパとしての自覚がわき、子供にとっても脳の刺激になります。

和ごころLA
このせいなのかわかりませんが、うちのベビーはパパが大好きです。パパが好きなので、ママの代わりにねんねもできるので、すごく楽です

②初期から頻繁におっぱいをあげる

最初にでなくても、赤ちゃんがおっぱいを飲もうとする刺激で、おっぱいが出やすくなります。

24時間に8〜12回以上はおっぱいを吸わせようと試みることが大事!

時間制限なく、夜中でもおっぱいをあげる・頻繁にあげることが母乳生産がより楽になります。

最初の数日は初乳がでて、2-4日後には普通の母乳に変化していきます。

赤ちゃんの胃のサイズは、1日目は約5-7ml(小さじ1杯程度)、3日目で約22-27ml、10日目で約60-81mlなので、一気に母乳を飲むことができないため、何度も与えるのが大事です。

和ごころLA
実際は、出産後すぐはボロボロで、ほとんど寝れず。こんなに何回もあげることが、大変だとは思いませんでした

③24時間母子同室

私の病院では、24時間母子同室【Rooming-in】ポリシーの病院でした。

Rooming-inでは、母子は産後からずっと24時間一緒の部屋で過ごすというもの。(母乳育児をしない母親でも)

母子同室にすることはさまざまなメリットがあります。

    • 子供がおっぱいがどこにあるのか探すことができる
    • 赤ちゃんのストレスを減らす
    • 赤ちゃんと母親の絆を深める
    • 母乳がでやすくなる
    • 黄疸が減る

ただ、実際に出産してみると、同じ病室なのはいいのだけど、ひっきりなしに次から次へと検査がやってきて、あまり休めませんでした。

④赤ちゃんのおっぱいサインを学んでおく

母乳クラスでは、Crying is his last sign of hunger (おっぱいを求めて赤ちゃんが泣くのは、最終手段)と教わります。

泣く(気がったってしまう)前に気づいて、おっぱいを与えよ!というのが大事なので、サインを見逃さないようにします。

赤ちゃんは、口をくちゃくちゃさせたり、顔まわりに手が行くのは、「お腹すいたのサイン」です。

⑤赤ちゃんがうまく飲める方法を学んでおく

赤ちゃんが上手にくわえることができることを、英語でlatch on(ラッチ オン)といいます。

上手なラッチオンの方法

上手にあかちゃんにラッチさせるポイントは、

  • 耳と肩がまっすぐになるように抱える
  • アゴが胸についている
  • 鼻が胸についている
  • 口が大きくあいている
  • 下口びるが外側にむいている(口びるがうちにまきこまれていないこと)
  • Areola:more visible above than below the month
  • 赤ちゃんの舌が、乳首の下側にきていること

耳からアゴがうごいていないと飲めていません。

和ごころLA
産後すぐは、疲れて集中力もなくて、なかなかこのコツはつかめませんでした。3時間に1度、病室にナースがみに来てくれるので、一緒にサポートや指導してもらいながら母乳をあげました。生まれてすぐはフットボールあげがしやすかったです

▲ブレストフレンドは、厚みがあってめっちゃめちゃあげやすい!!!母乳育児のたすけになるので、この枕一択!

母乳育児を楽にするコツ【自宅編】

アメリカでは出産後すぐに自宅へ帰ります。パニック状態になるので、あらかじめコツを知っておくといいですよ。

①おっぱいを出し切る、つまらせない

最初の1ヶ月は、1日に8〜12回以上の授乳または搾乳で、おっぱいを出し切るようにします。おっぱいが空になると、より生産できるようになるので、できるだけ出し切るようにします。

産後1年は、電動の搾乳機は愛用しました!とにかく「吸う」という動きが大事なので、電動はあると本当にラク!

母乳生産が軌道にのる3ヶ月〜は逆に、張りすぎてつまりそうになることも。ハーブティで流れをよくしました。

参考:母乳が出ないときに飲むと効く!効果バツグンだった、アメリカのハーブティ(授乳期のお茶)とクッキー

②おむつの記録して、飲めているかチェック

母乳がきちんと飲めているかを確認する方法は、「体重増加」「おむつ」です。

母乳で育てる赤ちゃんのおむつは、最初は、黒色(墨のよう)なうんち。(のち3日め4日めは緑色。その後、4日め5日めは黄色へ。最初はつぶつぶっぽかったり、水っぽかったりするようです。もし血がまじっていたら、病院に連絡します)

おしっこは、1日め2日めにホルモンの影響でオレンジや赤色のうんちの子もいるそう。3−4日後には、透明な水のようなおしっこになります。


▲おむつの様子(クリックで大きくなります)

③おしゃぶりやボトルを避ける

ボトルやおしゃぶりは、乳首混乱の原因になるので、少なくとも1ヶ月をすぎるまでは使わないほうがいい(AAP 2005)といわれています。

理由は、
・ボトルの乳首は硬かったり小さいことが多い
・ボトルの乳首は、赤ちゃんが大きくあけなくなる
・ボトルは連続して出てくる
・粉ミルクは、母乳や初乳よりも粘り気がすくなく、早く口に流れ込みやすい
それに伴い、吸う・飲み込む・息をするという動作が難しくなるそうです。

私は、最初の2ヶ月は、なるべく哺乳瓶すら使わないようにしていました。

哺乳瓶を使う場合は、日本で人気の「母乳実感」と同メーカーの「ランシノー」のボトルを利用しました。メーカーを統一したので、乳頭混乱をさけることができました!

④母乳サポートを受ける

アメリカでは母乳をサポートしてくれる人を、lactation consultant(ラクテーションコンサルタント)といいます。病院のスタッフだったり、地域のスタッフだったり、コミュニティのサポートの中にいます。

自宅に来て有料でサポートしてくれる場合と、無料で受けれるものがあります。

lactation consultant(ラクテーションコンサルタント)は、指導中にSuck(吸う)とswallows(飲み込む)を数えて、母乳が飲めているかをチェックします。さらに、おむつ替え記録も参考に、上手に飲めているかを指導していきます。

私の病院では、ラクテーションコンサルタントが、病院に常駐しており、入院中は毎日指導にきてくれました。退院後は、母乳が軌道にのるまで、無料で週一回〜のコンサルタントを受けることができました!

⑤胸のマッサージをする

母乳がでにくいと感じる場合は、マッサージをするといい。いきなり搾乳機でしぼるよりも、手でマッサージしてから、絞るほうがいいようです。

初乳はとくに出にくいので、マッサージが大事。出たらスプーンでも、シリンジをつかってあげてもOK。

私は、出産後すぐは、ナースがおっぱいをマッサージして、初乳をスプーンですくってもらいました!

▲病院で実際につかったもの。スプーンですくって、カップにいれ、それをシリンジですいあげて、赤ちゃんの口に、ぺろぺろっとなめさせました。

マッサージ方法は、乳首の中心から外・上下をマッサージし、Cの指にして、Press Compress Relax(押して、圧迫させて、リラックス)させる。という方法でした。

⑥栄養のある食事とビタミン

いろんなものを食べて、水をたくさん飲み、できれば、妊娠中にのんでいたprenatal vitamin を引き続き飲んだ方がいいと、医師にいわれました。

母乳は、赤ちゃんがうまく吸えるまで練習が必要

ほとんどの場合、母乳がでるかどうかは、最初の数ヶ月で決まるようです。

夫の母は、帝王切開で出産したため、母乳の出がわるく、「自分は母乳が出ない」と思ったそうです。ひと昔まえは、母乳よりミルクのほうが栄養があるという風潮もありました。そのため、吸わせる練習はほとんどせず、ミルクで育てました。ちょっとくわえさせて、出ないとおもって諦めてしまったのです。

そのためなのかわかりませんが、彼はけっこうアレルギーがあるほうです。そして、お義母さん自身も、「自分でおっぱいをあげてみたかった」と今になって、思うんだそうです。

体質的に出ない人ももちろんいると思います。母乳じゃなかったら、母親失格なんておもいません。(だってみんなあんな大変な思いして産んでるんだから。ミルクだからって、愛情の差があるわけじゃありません。)

ただ、母乳は、赤ちゃんがうまく吸えるまで練習が必要なものだということを、知らずに、すぐに諦めてしまうのは、それはもったいないな、とおもいます。

とにかく3ヶ月は、がんばれば完母になれる期間といわれているので、悩んでいる方は挑戦してみる価値はあるとおもいます。

関連記事

© 2020 アメリカ出産・育児ブログ