◆アメリカで妊娠・出産体験記

妊娠7ヶ月のお腹の大きさと、6回目のアメリカ産婦人科検診[26w3days]

妊娠7ヶ月のお腹の大きさと、6回目のアメリカ産婦人科検診[26w3days]

アメリカ移住ブログ【リブアメ】、和ごころLAです。

アメリカで妊娠・出産をむかえるにあたって、記録していたものを公開したいと思います。

また、6回目のアメリカ産婦人科検診の内容も記録しています。

妊娠中期の妊娠7ヶ月は、日本式のカウント方法で、24週、25週、26週、27週をさします。

妊娠7ヶ月目の24週、25週、26週、27週のお腹の写真

 

妊娠7ヶ月、24週目のお腹の写真

▲妊娠24週目のお腹の大きさ

妊娠7ヶ月、24週目のお腹の写真

座るとかなりご立派感出てる。胎動はすでに、おへその上くらいに来ています。

妊娠7ヶ月、25週目のお腹の写真

▲妊娠25週目のお腹の大きさ

体重増加がヤバい時期。プラス9kgなので、日本だと厳重注意状態。

両足がつってかなり痛い。毎日ヒーヒー状態でしたが、妊娠中、足がつる(こむら返り)を少しでも楽にする対策を発見して、マシになりました。

妊娠7ヶ月、26週目のお腹の写真

▲妊娠26週目のお腹の大きさ

妊婦検診へいき、先生からすごくキックが強いねと言われる。

妊娠7ヶ月、27週目のお腹の写真

▲妊娠27週目のお腹の大きさ

27週目になるとお腹の下部のカーブがはっきりとしてきました。胎動もかなり強く、旦那さんの声にしっかり反応して、指でトントンすると、蹴り返したりして、可愛い〜。

妊娠6ヶ月目のおへその写真

▲妊娠24週目のおへその写真

へその中身がついに、外側へ張り出しました。全身脱毛していましたが、妊娠中はあえて、毛を剃っていません。一生懸命、お腹をまもろうとしているのかとおもうと、ムダ毛が愛おしい。笑

妊娠7ヶ月めの体調・変化について

体重が増えすぎている

妊娠7ヶ月で体重はプラス9kgです。日本だと怒られるレベルだと思いますが…なるべく40分のウォーキングとスクワットをやるように心がけるが、忘れてしまうことも。食欲が中学生みたいで、アメリカの外食の1人前の量をたいあげられている。甘いものが食べたい欲求もとまりません・・・

胸が大きすぎる

人生で最大に胸が大きくなってきています。胸の下のラインが、お腹にくっつくようになってきたので、タレ乳が心配に。家でもなるべくブラをしたほうが良さそう・・・。

やっておきたいこと、映画・旅行

妊娠中期のうちに、後悔しないよう、妊娠中にやっておきたい事リスト【13選】にあるなかの、「映画」と「旅行」をしました。映画は、フラットシートの映画館だったので、頻尿妊婦でもトイレに立たずに楽しめました。

旅行は、安全を考えて車で2時間のパームスプリングスへ。リゾートホテルでゆっくりすごすバケーションを楽しみました。旦那さんからマタニティスパをプレゼントしてもらって、最高でした。

赤ちゃんをむかえる準備

ベビーシャワーの準備に並行して、月齢が近い先輩ママからお古をもらったり、ベビーグッズのアドバイスを受けました。トイザらス・ベビザラスの閉店で、60%OFFでカーシートとストローラーを購入できました。

また、子供のために生命保険と学資保険に加入。妊娠中でも、金額査定に影響しないといわれてホッとひと安心。学資保険は、年齢が若いうち(誕生日をむかえる前)が安く入れます。

アメリカで6回目の産婦人科検診

6回目の産婦人科検診は、通常のドクターとの検診の前に、糖尿病のテスト(グルコース耐性テスト)を受けました。

通常28週目前後で行われる検査ですが、私は26週目ごろに受けました。
家族に糖尿病傾向がある家系の場合は、もっと早く行われることもあるようです。

検査の様子はこちら▼

アメリカで妊娠糖尿病の検査(グルコース耐性テスト)ドリンクはポカリ味で、美味しくてびっくり

そのほかは、最近足がつっていたいということを相談しましたが、バナナとカルシウム以上にもう手立てはないよ、といわれてしまいました。

自力で、妊娠中、足がつる(こむら返り)を少しでも楽にする対策をみつけて、今はとりあえず治っています。

関連記事

© 2020 アメリカ出産・育児ブログ