手数料が双方に?高すぎるWire Transfer:アメリカの銀行間の送金

アメリカでは小切手文化であるためか、振込(Wire Transfer)は、ほとんど使われません。

 

しかし、私はチェックブックを持っていないし、その銀行を解約しようと思ってたので、チェックブック無しの銀行間の送金がしたかったのです。

 

5741744864_80863656fe_z
photo by Bank | Flickr – Photo Sharing!

 

 

日本であれば、振り込みなんて、せいぜい数百円程度の手数料。

さすがに、そんなに手数料かからない(かかっても10ドル程度)だろーと、勝手に思い込み銀行へ。

 

 

銀行で、事情を話したら「Wire Transfer」にしたいのね、と。

でも受付の銀行員さんも、なんだか不慣れな様子で、
振り込み先のアカウント情報や、その支店の住所などがわからず、わちゃわちゃ。

 

 

わちゃわちゃ

 

わちゃわちゃ

 

 

わちゃわちゃ

 

 

 

10分以上てこずられ、私の後ろには長蛇の列。

そんな感じで、手続きはおわったけど、すっかり手数料がいくらかかったのか、聞くのを忘れてました。

 

 

Wire Transferの手数料

Wire Transferで行う銀行をまたいでの送金は、仲介センターにいったん情報が送られ、両方の支店から確認ができたらお金が動かせるとのこと。

日本じゃ、ATMでぴぴぴのピ、なんだけど。

 

アメリカでは一回、器械ではなく、人を中継するんですね。

 

アメリカだからかなり時間かかちゃうのかなと心配したけど、

送金は受付に行ってから、数時間(3時間ほど)で、承認され、お金は移動されてました。

 

おそらくチェックでの振り込みの場合、額が大きいと、

数日要する場合もあるので、Wire Transferだと早いのは早いといえるかも!!

 

 

 

で、「やったー!ちゃんと動かせた!」と思っていたら、なんと手数料が15ドルもひかれていた!

え、高っかー!!

 

 

ややショックを受けたが、「もうやっちゃったし仕方ないか、。。」とあきらめるしかない。

泣く泣くの出費。

 

 

 

 

そしたらなんと、送金元のほうも確認してみると、
FEE REFERENCE #XXXX WIRE FEES SENDING BANK XXX    $30

 

なな、なんと、さんじゅーどる…

 

なんと、たかが銀行間のお金の移動で、トータル45ドルもかかっちゃった。。。

高すぎる・・・

 

これなら、自分で引き出して、キャッシュで入金したほうがよかったかな?汗

いやはや、

これなら、今さらながらチェックブックを購入して、もう一方の口座あてに書いた方がお得だったか・・・。

 

 

 

アメリカの銀行って、手数料、高いのね。

・・・勉強になりました!!m(__)m

 

 

もう二度とするもんかっ!笑

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!