Uber(ウーバー)とLyft(リフト)の違いは?アメリカなら、Lyftが断然お得でおすすめ!

ロサンゼルス観光ブログ、和ごころLAです。

最近よく耳にする、Uber(ウーバー)やLyft(リフト)の違いをご存知でしょうか?

Uber(ウーバー)やLyft(リフト)は、今アメリカで利用者が増えている、配車(タクシー)サービスのことです。スマートフォンがあれば、今いる場所に、数分で迎えの車を呼ぶことができるので、大変便利です。さらに通常のタクシー(Yellow cab・イエローキャブ)よりも、値段が安いのが嬉しいポイント。

私は両方のアプリを、利用し始めてもう2年以上たちますが、
旅先でのレンタカー代わりに
空港までの送迎
みんなでお酒を飲みにいくとき
などに、かなり頻繁に利用しています。

Uber(ウーバー)とLyft(リフト)の違い

さて、そんな便利なUber(ウーバー) とLyft(リフト)は、どう違うのでしょうか? ざっくりと表にまとめてみました。

サービス名 Uber(ウーバー) Lyft(リフト)
創立日 2009年3月 2012年6月
エリア 全世界633の都市~ アメリカの300都市~
サービス内容 ライドシェア ライドシェア
アプリの性能 機能は同じ (iPhone/Android) 機能は同じ (iPhone/Android)
通常時の値段 ほぼ同じ ほぼ同じ
ピーク時の値段 多いと7~8倍の値段 少なくとも2倍程度
関連サービス Uber eatsなど  ー
ブランドイメージ  プロフェッショナル風に フレンドリーに
ドライバーの車 2002年以降の車 2005年以降の車
車のランクの選択 6タイプ 4タイプ
チップ制度 以前は不要だったが、最近は導入  降車後、なし~5ドル程度で自由選択

参考

Uber(ウーバー)やLyft(リフト)は、サービス内容はほぼ同じです。ロサンゼルスでは、どちらも多く見かけます

【料金】
料金は、1ドルからの乗車料金に加え、1マイルあたり1.5ドルと、1分あたり25セントが課金される方式は、両者も同じです。どちらも通常時は、タクシーよりも安くで手軽に利用できます。

しかしポイントは、ピーク時の料金です。Uber(ウーバー)はピークタイムやピークエリアにおいては、利用料金がかなり高くなる傾向があります。

というのも、Uber(ウーバー)のブランドの方針が、忙しいときほどドライバーに利益がでるようにという考えのもと、値段が跳ね上がるようになっているそうです。しかしながら、利用者の多くは、Uber(ウーバー)やLyft(リフト)も、両方インストールしている人がほどんど。値段を比較して、わざわざ高いほうを選ぶ人はまずいないでしょうね

【ドライバー視点】
ドライバー視点でいうと、UberよりもLyftのほうが取り分が多いそうです。実際にドライバー数人に確認したところ、ロサンゼルスのドライバーはたいていがUber(ウーバー)もLyft(リフト)も、両方を同時に受付していました。同じリクエストなら、Lyftのほうが自分の儲けが多いので、リフトを受けるという人が多かったです。

さらに、最近でこそUberはチップの支払い制度が導入されましたが、以前はありませんでした。Lyftはチップが、利用者の任意でもらえることがあり、フレンドリーなブランド方針を持っているリフトのドライバーのほうが、チップを多くもらえる傾向にありました。つまりその点が、後発サービスのLyftが、急速に普及した理由ともいえます。

 

UberとLyftのマークの違い

Uber(ウーバー)のドライバーは、このエンブレムマークを、よく見える位置(フロントガラスの右側・乗客側)に置くルールになっています。

Uberのロゴは、昔は「U」のマークでしたが、最近では「Cの逆」のようなマークに変更になりました。

【Uber(ウーバー)のマーク】

 

【Lyft(リフト)のマーク】

Lyft(リフト)では、ネオンピンクが印象的なロゴを利用したエンブレムです。最新のものは、ダッシュボードに置くネオンライトになっています。光るので、夜中や早朝でも見やすいです。空港などの迎車が多い場所では、誰がどの車の迎えかがわかるように、グリーンなど色別に光る使用になりました。

 

 

ライドシェアサービスとは何か?

Uber(ウーバー)やLyft(リフト)は、ライドシェアサービスとも呼ばれています。シェアという言葉の通り、「空いた時間を使って、アナタのドライバーになりますよ」という、とっても合理的なサービスなんです。つまり、運転しているドライバーは、タクシー会社に勤める専任の運転手ではなく、一般の人。

もちろん、運転手になるには、規定の車をクリアして、ソーシャルセキュリティ番号や、車両ナンバー登録など、身元を明らかにしないと、業務を始めることができません。すべての乗車が記録され、評価が低いと、ドライバーの仕事ができないこともあり、利用者の安全を考慮されています。

日本の場合は、乗客を乗せる「旅客自動車運送事業」を営むには、許可が必要という法律があるため、なかなか普及には至っていませんが、アメリカの(特に都市部では)、ドライバーが、スキマ時間で稼げる利用者が、気軽に安く利用できるという、双方のWin-Winの関係で急速に広まっています。

 

ライドシェアサービスのメリット

ライドシェアサービスのUber(ウーバー)やLyft(リフト)が、利用者にとっておすすめであるポイントは、

1)アプリの現在地指定で呼べるから、土地カンが無くてもOK。英語も話す必要はありません。

わざわざ大通りを探してタクシーを探し回ったり、必死に車を呼び止める必要もありません。あらかじめ降りる住所を、入力してあるので、「ここを右!ここ左!」と道案内する必要なく、目的地へ連れて行ってもらえます。

2)アプリで管理されているから、ぼったくりが無く、安い

到着したい行先を、予めアプリで設定するので、わざと遠回りされることがありません

3)現金が要らない&チップが要らない

予め登録しておいたクレジットカードで決済され、チップは降りた後にカードを通して払うかどうかを選ぶことができます。下車する際に、支払いでもたついたり、もめることがないのが安心です。下車後に、チップは任意で支払うことができます。

4)誰がドコで乗車して、どんなドライバーだったか記録される

Uber(ウーバー)やLyft(リフト)では安全のため、ドライバーの顔や名前が表示され、利用者の情報もしっかりと記録されます

以前、ダウンタウンエリアからサウスベイ(約40分ほどの距離)までで、タクシーを利用したことがあります。

その時はチップ込みで$66ドルでしたが、Uberの場合はチップ込みで約$40と、安くなって利用しやすくなりました。

 

【体験談1】忘れ物しちゃった!

実は以前、Uberでやらかしてしまった経験があります。お酒を飲みに行った帰りに、Uberで帰宅。なんとか家についたのは良かったものの、家の鍵が見当たらない・・・!家に入れずたちすくみましたが、ルームメートのおかげで、中に入る事ができました。次の日、どこを探しても見つからないので、「しまった!車の中に忘れた!」と気づいた私は、Uberのサイトにログイン。送ってくれたドライバーへ電話で連絡しました。

ドライバーさんはすぐに車の中をチェックしてくれて、その日のうちに、鍵を届けに来てくれたんです!!!

通常のタクシーだと、「誰の車に乗ったか」という事を見つけ出すまでがやっとで、誰がドライバーかわかったとしても、鍵を返却しに来てもらえるようなことはなかったと思います。

Uberでは、誰をどこまで乗せたか等の記録が、顔や連絡先つきで残ります。ドライバーには評価制度があり、一定の星マーク(評価)以下になると、ドライバーの仕事ができないため、その点では安心です。

【体験談2】話好きのアメリカ人運転手

ライドシェアサービスの面白い点は、いろんなドライバーさんがいることです。英語が苦手な人の場合は、コミュニケーションが必須ではありませんが、中には、ドライバーさんによっては「話好き」の人もいます。

私が乗車したドライバーさんのなかで、不動産会社を経営する社長さんがいました。

「社長さんなのに、どうしてドライバーをするの?」と聞いたところ、

(1)会社に向かう方面が一緒の人をひろうので、通勤ついでにお金が稼げる

(2)こうやって、新しい人に不動産購入の営業&名刺を渡せるからさ~!っと、名刺と家購入のアドバイスを頂きましたw

なるほど、そんな利用方法もあるのね、とナットク。「一石二鳥」ほんと合理的です笑

最近では、UberもLyftも車をレンタルするサービスが開始されました。そのため、車を持っていない人や、規制に適合しない車の人も、ドライバーサービスを仕事として始めることができるようになりました。200回乗せると1800ドル~などの最低賃金保障もはじまり、ますますドライバーとして登録する人が増えそうです。

 

早朝でも、深夜でも利用できる?

UberもLyftともに、早朝でも深夜でも利用できます。登録するドライバーが増加したロサンゼルスエリアでは、深夜2時でも、朝の4時でも、配車サービスを呼ぶことができますよ。

もしドライバーが近くにいなくても、配車のリクエストを出すと、ドライバーがこちらに向かってきてくれることがあります。ドライバーが近くにいるときは、1~2分で到着しますが、すごく待った時でも、15分ほどでドライバーが来てくれます。

↑アメリカの独立記念日のLyft呼び出し画面。アメリカの国旗柄になっててカワイイ!

こんな国民の祝日&深夜でも、利用できる車が近くにたくさんあるのはうれしいですよね。

 

ロサンゼルス国際空港(LAX)での注意

ライドシェアサービスの利用者が増加したことに伴い、ロサンゼルス国際空港では決まりが作られています。

LAX(ロサンゼルス国際空港)の場合、

Departure 階(出発階)で乗り降りするというルールです。

実際には、アプリで配車サービスを依頼した際に、どこのスエリアで待つかが表示されます。

違反した場合、ドライバーに最大1000ドルの罰金がかされるため、無理にほかの別の場所でひろおうとしても、断られますよ。

※最新情報

空港などの迎えが混雑する場所では、LYFTのネオンライトは呼び主と連携して色が変わるようになりました。→ 2017年秋!最新のLyft(リフト)の利用方法を解説!ライトはピンクだけじゃない、便利な配車サービス

 

お得にライドシェアサービスを利用する方法

UberもLyftも、登録したクレジットカードから料金を支払う仕組みなので、下車する際に、財布を取り出したり、チップでもめるようなことはありません。

おすすめ!割引率の高いLyft(リフト)

私が個人的にLyftをおすすめする理由は、値段が安いということだけなく、実は「割引キャンペーンが多いから」なんです。

Lyftの公式クーポンでは、一定期間に10回乗れば$2/回の引きで合計$10オフなんて、企画がたまに出ているのですが、「毎回2ドルってw」「短期間にそんなに乗れない」なんて思っている方は、最初から、$5OFFクーポンがおすすめです。

【お得なLyftのクーポンコード】
初回の利用の際に、クーポンコード WAGOKORO を入力すると、$5ドルオフになるので、お得に使いたい人はぜひどうぞ

初回だけでなく、Lyftはキャンペーンを頻繁にだしてくれます。今は平日10パーセントオフ!
賢くつかって、ロサンゼルスを楽しんで下さいね!

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
現金$10が郵送でもらえる!アメリカでは定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!