寿司ネタ英語<LAにあるリアルレストラン編>と海苔問題

今日は、ロサンゼルスにある「日本人の」寿司職人が経営されているメニューをもとに、寿司ネタ英語を勉強したいとおもいまーす!

和ごころ
いつもなにかわかんないまま頼んでいる!笑

寿司ネタを英語で言えますか?

この機会に、次からちゃんとお目当ての頼みたいなー。日本で外国人向けメニューを作る人も参考にしてみてください!
※(かっこ)はよく併記される説明。

はまち = Yellow Tail (Hamachi)
かんぱち = Kanpachi (Amberjack)
まぐろ = Tuna (Maguro)
サーモン = Salmon (Sake)
トロサーモン = Salmon Toro (Fatty Salmon)
トロ = Toro (Fatty Tuna) ←MP(マーケットプライス)であることが多い
ビンチョウマグロ = Albacore (White Tuna)  ←単純なWhite Tunaだけだと3種類あるらしい
トロビンチョウマグロ = Albacore Toro (Fatty Albacore)
ひらめ = Halibut (Hirame)
たい = Red Snapper (Tai)
えび = Shrimp (Ebi)
甘エビ = Sweet Shrimp (Ama Ebi)
さば = Mackerel (Saba)
たこ = Octopus (Tako)
いか = Squid (Ika)
うなぎ = Fresh Water Eel (Unagi)
うに = Sea Urchin (Uni)
いくら = Salmon Roe (Ikura)
まさご = Smelt Roe (Masago)
たまご = Egg (Tamago) $3.8
みるがい = Giant Clam (Mirugai) ←MP(マーケットプライス)であることが多い
あなご = Sea Eel (Anago)
あじ = Spanish Mackerel (Aji)
ほたて = Scallop (Hotate)

ちなみに、わさび = wasahiで通じるとお思います。英訳するとJapanese horseradishのようですが、この表記はほとんど見かけたことがありません。

アメリカ人は”ロール”ものが好き

近年の寿司人気は、目を見張るものがあります。SUSHIという単語はもはや、アメリカ人の多くの人が知っている日本語です。
日本食は、”ちょっとをたくさん”食べたい居酒屋スタイルが人気なので、「日本食のイメージといえば、量が少ない!高い!」と思われることも多い。
プラスtaxとtipの分を含めると、結構高くなります。居酒屋でさえ、高級な日本食に入るのかも。
上記の寿司をひとつ($5ドル〜)頼んでも、全然アメリカ人にはお腹いっぱいにならなーい。

だから、ローカルのお寿司やさんには、日本のお寿司やさんではあまり見かけない「ロール(巻き寿司)」がいっぱいあります!

<LAよくあるあるロール>
お店によって、ネタの内容や名前を少し変えていたり、オリジナルなものを作っているところもあるけど、定番ロールをご紹介。

CaliforniaRoll_600_400_90
photo by
California Roll
カリフォルニアのお寿司屋さんには、おいてあるところが多いです。定番。
生魚が食べられないアメリカ人も多いので、カニ風味かまぼこか、カニと、アボカド、マヨネーズ、白ゴマなどを使用した巻き寿司。
おそらく黒い海苔に、ビジュアル的な抵抗もあるからだろうか、海苔巻きのものと、ご飯と白ごまで巻いているパターンのお店がある。
日系スーパーでも、お弁当お惣菜コーナーに比較的安価で売っているので、わたしはよくNijiyaでよく買うよん!

021509shiki2
photo by
Crunch Roll = エビの天ぷらなどを中心のネタにして、ロールにしたもの。上に天かすが乗っていておいしい。生ではないので、天ぷらなら食べれる人も多い。ごはん+天ぷら+醤油系ソースが合わないわけないじゃん的な組合わせ。
スクリーンショット 2016-01-16 5.23.27
photo by
Spicy Tuna Roll
ローカル人気といえば「スパイシーツナ」。”SUSHIイコールこれ”って人も少なくない。
個人的には、なぜコレがこんなに大人気かわからない一品。わさび醤油でしっかりひたったマグロのロールは、めちゃめちゃ辛くてもはやマグロの味はどこへ・・・笑

 

IMG_0094
photo by
Spider Roll
ソフトシェルクラブの手足を、スパイダー(クモ)みたいに見立てるロール。揚げてあるので、おいしい。日本にはソフトシェルクラブってあんまりメニューにないですよね。

philadelphia_roll__36939
photo by
Philadelphia Roll
サーモンとフィラデルフィアクリームチーズを巻いたもの。チーズと寿司の相性はバッチリ。

491763
photo by
Rainbow Roll
マグロやサーモンなどのネタに加え、アボガドも加え、見た目が鮮やかにレインボー風にしたもの。

bisha-sl-2014_002
photo by
Caterpillar Roll
キャタピラー(青虫ロール)と名付けられたロールは、アボガドでつくられていて、見た目が単純に青虫みたいだから。中身がうなぎで、茶色って、ちょっとしたリアルグロテスク。笑

 

残念ながら、海苔を消化できるのは、日本人だけだった

海苔を消化できるのは日本人だけなんだって!知ってましたか?
日本人の腸内にしか存在しない腸内バクテリアがいて、外国の人は消化できない=そのまま出てる?笑

アメリカの国立バイオテクノロジー研究センター(NCBI)が発表した調査結果に記されているそうです。

韓国も海苔をつくってるし、せめてアジア人なら消化できるんじゃない?とおもったんだけど、そうではないらしい。
>>この韓国海苔は、焼き海苔にごま油を塗って塩をふったものなので誰でも消化できるようになっています。
参考

要するに、「生」の加熱していない海苔は、日本人しか消化できないんだと。

 

和ごころ
日本人は生が、好きだな〜やっぱ

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!