ありえる?ありえない?アメリカの生理用品についてSanitary goods

渡米歴3年、アメリカに来て「すっげー!」と思ったことがいっぱいあった半面、

先進国なはずなのに、「あ、ありえない・・・」と思った文化の違いはたくさんある。

 

その中でも、アメリカの生理用品には驚かされた。

 

最初に言っておきます。。。

 

たぶん、いや、絶対・・・
「日本の生理用品は、世界一」だと思う!

 

男性の皆さまには、分かりえない、女子の事情をせきららにレポートしますので、

男性陣は見ないでください。w 

 

 

まず、超絶アメリカのタンポンはあり得ない

 

まず、タンポンがあり得ない。

 

タンポン派の私は、日本からたくさんのユニチャーム様(日本で一番有名なタンポンを作っている会社)のものを持参しました。
でも、さすがに3年分はありませんでしたので、現地で追加購入しました。

 

sss

Tampón on the Road | Flickr – Photo Sharing!

 

冗談じゃなく、袋を開けたらこんなん出てきた。

まず、アプリケーター(挿入をサポートするもの)が、「紙」。

紙・・・ボール紙をまるめたような紙・・・

パッケージの袋も心なしか紙仕様で、くしゃくしゃしている感触。

そして中の、「綿」が、theコットンといわんばかりの、手芸で使う綿のような・・・

それを、ぎゅっとにぎって丸めたの?っていうような、タンポン。

 

 

生まれてこのかた、
ユニチャームのソフトインタンポンしか使った事なかった私。

 

ええー!プラスチックじゃないの?
紙軸って、不衛生そうだし、この綿も痛そう・・・

というのでびびって捨ててしまいまい、、、

 

たくなったけれど、

 

嘘。

ちょっとはトライしたよ、もったいないし。
でも、正直な感想は、、、無理でしたw

うまく入らないし、かなーり心地が悪い。

タンポンは、膣内の無感覚ゾーンに入れないといけないので、挿入位置が浅いだけでも、すごい違和感。

 

ユニチャーム様のタンポンのクオリティと、比べるまでもない!!といった感じ。
日本では高品質なタンポンが300円ほどでで売られてるけど、

アメリカではこのクオリティの紙軸タンポンが、5ドル以上するから驚きである。

ナプキンの通気性が、ほぼゼロ

夏場は特に湿気むんむんの国、日本のナプキンは、とっても通気性がよく、ムレにくくて、長時間でも安心。

水の力で細やかに織り込んで、お値段たったの299円!

 

 

しかし・・・

アメリカのナプキンは、「theビニール」感がはんぱないw

パッケージにRapid Dryとか書いてありますが、日本品質を知っていると「うそつけ!」と言いたくなる!

 

 

どっちが日本製かわかりますか?? 触るとすぐわかるけど。

IMG_0112

左)日本の肌おもい  右)アメリカのナプキン

 

 

日本の、はねつきナプキンは、一発で取れるよう工夫されていますが、アメリカのは全然なし。

最近はナプキンの編みこみ模様にまで可愛い工夫がしてあって、ハートだったりと、細かい工夫が。

 

と言った感じで、日本のいいところを上げればきりがないけど、アメリカのナプキンはこれで5ドルくらいはする。

ティッシュなど紙物全般が高いので、生理用品は特に高く感じます。

もし、あなたが、留学などでアメリカに来る機会があれば、ぜひ日本のものと比べて頂きたい。

 

 

じゃあ、プラスチックのタンポンは無いの?

アメリカに来てすぐのころ、美術館めぐり中、突然生理になって困っていたら、居合わせた図書館のスタッフがタンポンをくれた。
その若い女の子がくれたのは、プラスチック製のタンポンでした。

 

やっぱり紙軸は使いにくいし、若者はプラスチック版を使っているんだと思われる。

IMG_0119

でもこんな感じ。

すぐ崩壊する。w

ちゃっちい。。。

 

 

 

 

結局、いろいろと研究に研究を重ねた結果・・・

私のいちおしのタンポンは・・・・

CVS Tampons Super Plus Absorbency Unscented

sssee
これが一番、日本製に近い。

これもまた、紙軸バージョンもあるので、タイトル下に「plastic」と書いてあることを、要確認!

CVSのオリジナルブランドで、 たいていどこの店舗でも買える。

値段も比較的納得なプライス。

 

ユニチャーム品質が100点なら、これは70点くらい!だけど、他が0点なので、高得点!としてください。w

プラスチック製のアプリケーターが他社のよりも、ユニチャーム様に近い厚みがあって、安心感があります。

 

 

日本であまり見かけない?アメリカでメジャーな生理用品グッズ

デリケートゾーン用クリーナー ポケットタイプ
IMG_0121
デリケートゾーンをやさしくケアする用。
おそらく、アメリカにはウォシュレットがないので、こういうのがあるのかな?

リキッドソープタイプもあります。

 

Tバック用ライナー
IMG_0123

日本では見たことが無い、Tバック用ライナー。

 

 

ほかにも、膣洗浄器(vaginal douche)はCVSなどで手に入ります。
上記のクリーナーと同じ会社で、「douche」と書いてあるパッケージのもの。

パンティーライナーは、アメリカにもあるけど、品質はやはり、日本のほうが通気性がよく肌さわりがいい!

敏感肌の人が長期でアメリカに滞在するなら、布ナプキンがおすすめ

 
日本の生理用品は質が高くで最高ですよね。でも長くアメリカに居ることになると、買いだめしていた在庫がなくなってしまいます。
そういう敏感肌さんには、布ナプキンを購入しておくことがおすすめです。

アメリカでも稀に布ナプキンは売っていますが、クロッチ部分が無駄に大きかったり、ふわふわコットンというようり、普通の布生地?というような肌触りのものがありますので、
できれば日本で手作りされているものを持参しておいたほうが安心です。

また、ホームステイの滞在の場合、夜寝ている間にベッドを汚してしまったら・・・ととても心配になります。自分の家ではないし、洗濯の曜日が決まっていたりすると、自由がきかないものです。私は生理の日は、ベッドのシーツの下にビニールをしいて寝るときもありました(寝心地は悪い)。ですが、こういった布ナプキンは、普通の紙ナプキンやタンポンと併用することができるので、漏れ防止になって、すごく助かります。
 



 

 
こちらのサイトだとトライアルセットが2600円で試しやすい。


 

 

ということで、今回は、女子のトップシークレット公開しちゃいました!w

 

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!

人気の記事
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外在住でも英会話に伸び悩んだらコレしかない!オンライン英会話

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!