ロサンゼルスからラスベガス移動!レンタカーで片道乗り捨てドライブする方法

「一度でいいから、アメリカのだだっぴろ~い道を運転してみたい」!

だけど、日本からの旅行で行く場合、時間の都合もあるし・・・
そんなときは、ロサンゼルス空港から、ラスベガス空港までの片道ドライブがお勧めです。

 

ロサンゼルス観光に車は必須です。どうせ車を借りるなら、ロサンゼルス市内を自由にレンタカーで巡って、そのままラスベガスへ運転して行っちゃいましょう!

そのまま、ラスベガスで乗り捨てして、飛行機でLAXに戻り、ロサンゼルスの観光を再開したり、日本へ帰国することもできますよ!

そうすると、
1日目)ロサンゼルス国際空港近くでレンタカーを借りる→ロサンゼルス観光
2日目)ロサンゼルスからラスベガスまで運転(約5~6時間のドライブ)
*ラスベガスは眠らない街なので、夜遅く到着しても十分に遊べます!
3日目)ラスベガス空港から、ロサンゼルス空港まで飛行機で戻る(約1時間のフライト)→日本帰国
といったプランも可能です!

 

両親も安心満足!ラスベガスまでのドライブ

せっかくアメリカに行くなら、ラスベガスまで「アメ車(アメリカ車)」で運転したいと言い始めたのは父でした。

昔からアメリカに行くことに憧れがあった父。

”アメリカで、左ハンドルの車に乗りながら「浜田省吾のAMERICA」という歌を歌いながらドライブしたい。”

そんな父の夢を叶えたいと思い、娘の私は親孝行がてらに、アメ車をレンタカーしました。

父は本当は、クライスラーなどの高級車をレンタルしたかったようですが、私が探したときは、レンタカーの選択肢には出てきませんでした。しかし、そのほかのオプションにはマスタングや、オープンカーもありました。レンタカー会社によってはポルシェもレンタルできるようです。直前のレンタルでは希望車種が残っていない場合が多いので、希望がある場合は、早めに探したほうがよさそうです。

私は両親の運転のしやすさを第一に考えて、一般的なフルサイズのアメリカ車にしました。それでも両親は、なかなか乗る機会がない、アメリカの車に大喜び。特に新しい車種だったので、実際に乗ってみると、内装のLEDなどが凝っていてかっこいい!フルサイズなので、ひとりあたりのスペースが十分にあり、シートもふかふかなので、長距離運転が楽です。クルーズコントロールも搭載。

 

ドライブは片道で5時間程度。
運転が不慣れであるので心配もあって、休憩は少し多めに入れました。実際は6時間くらいかかったと思います。

途中の腹ごしらえは、カリフォルニアにしかないハンバーガー屋、In-N-Outへ!アメ車を運転しながら、ハンバーガー屋さんへ立ち寄るなんて、なんとアメリカっぽい!

和ごころ
ちなみに、ラスベガスからグランドキャニオンまで、運転する場合は、さらに片道5時間ほどかかります!意外と遠いんですよ!

 

ガソリンの入れ方。給油は、楽しく一回だけ!

ガソリン給油は、中間地点のバーストゥ(Barstow )という町で、半分くらいになったガソリンタンクを最大まで入れました。
そのあとは残りの道のりと、ラスベガス中心部の移動、ラスベガスアウトレットに行くのにレンタカーを使いました。最終日の返却時に、残ったガソリンは1/4ほど。

追加で給油が必要なく、一回で済んだのはすごく楽でした。
レンタカーといえば、通常返却するときは、ガソリン満タンにして返却しなければなりませんが、
Hartzでは「返却時の給油不要制度(FPO)」というのがあります。これは、返却時にガソリンを満タンにせず返してもOKというオプションです。
もちろん、自分で給油してから返却したほうが割安ですが、今回は両親同伴のため、なるべく簡単にしたかったので、このオプションをつけました。

もしそうしたい人は、レンタカーの鍵を受け取る際に、このオプションにできるかどうか、確認してみるといいかもしれません。

 

給油は一回だけ。アメリカで給油することが初めて両親には、楽しい体験になりました。
日本よりもガソリン代は安く、いっぱい入るので、ワゴン車などの大きい車をゼロからフルタンクにしても70ドル前後。半分の給油だと40ドルほどだと思います。

アメリカでは、ガソリンスタンドを、「Gas Station」ガスステーションといいます。ガソリンスタンドは和製英語なので、ガソリンスタンドと聞いても通じません。

ガソリンは、レギュラー/プラス/プレミアムの3段階表記のところが多いです。レンタカーなので、一番安いレギュラーを入れました。

主要なガソリンスタンドは、Mobil、 Shell、 78などがあり、場所によってガソリンの値段に差に開きがあります。
2017/1/27 時点で、ラスベガスの平均が1ガロンあたり、2.416ドル。ロサンゼルスの平均が2.844ドルと、ロサンゼルスのほうがちょっと高いですね。
参考:http://www.vegasgasprices.com/

 

乗り捨て可能なレンタカーの予約方法

レンタカーを契約する際に、注意するポイントは、
ロサンゼルスからラスベガスまで乗り捨てする場合、空港から空港の契約でなければなりません。

つまり、空港営業所以外のレンタカー営業所からのレンタルは、基本的に乗り捨ては難しいです。
LAXの空港営業所からレンタルしましょう。

アメリカの大手レンタカー会社は、空港に専用カウンターやシャトルがあるのでわかりやすいです。Alamo, AVIS, Budget, DOLLAR, enterprise, Herts, Thriftyはよく見かけます。

以前は情報がなく、ひとつひとつ乗り捨てできるかどうか見ていたのですが、最近では片道乗り捨て検索もできる値段比較サイトができました。(しかも日本語!)

↓  ↓  ↓

海外レンタカー RentingCarz(レンティングカーズ)
海外主要レンタカー会社を一括で検索できて、そして最安値!と嬉しい限り。

貸出営業所に、LAX(ロサンゼルス)、返却営業所に、LAS(ロサンゼルス)と入力します。

2泊の予約だけど、どのレンタカー会社で借りるかで、値段設定に開きがあります。

車は車種/車のサイズによって値段が違います。

エコノミーコンパクトは、日本の軽自動車かそれよりやや大きいくらい。日本車でエコな車が多い。
インターミディエートスタンダードは中くらいのサイズで、小さめのセダン。
フルサイズはやや大きく、室内空間がやや広く感じる。体の大きいアメリカ人には、フルサイズは、普通のサイズです。

※2人以上乗る場合は、フルサイズがおすすめ。
ラスベガスなどではコンパクトな車は少ない。日本車やコンパクトカーだと、ガス代の節約になる点はメリットです。しかし、ロサンゼルスから北上する長いフリーウェイには、巨大なトラックがたくさん走っているので、フルサイズのほうが目立ちやすく、事故防止になります。時速80マイル(時速128km)ほどの早さで運転するので、大きいサイズの車のほうが、運転中の安定感があります。小さくて軽い車だと、トラックの強い風にハンドルをとられやすくなります。

このサイトからの申し込みだと、
*いつでも変更・取消が可能、手数料無料!
*日本払い・現地払い →マイルを貯めることが可能!
*どこよりも安い
*乗り捨てのオプションが選べる

それぞれ個別のレンタカー会社直営サイトからだと、乗り捨てオプションが出てこない(例・アメリカのレンタカーはバジェットで決まり!)のでご注意を。「同一営業所に返却する場合」は、直営サイトからの申し込みもOK。
<アメリカ本土でレンタカーする場合の注意点>
*会社によって、21歳未満はレンタカーを借りれない場合があります(年齢制限)
*日本の免許証と国際免許証の両方が必要です。
*海外で使用可能な、運転者本人名義のクレジットカードが必要。高級車の場合、2枚提示を要求する会社があります。JCBカードは一部地域では使用できない可能性あり。
*ロサンゼルスからラスベガスまで運転する場合は、走行距離無制限であることを確認したほうがいいです。レンタカーには一日あたりの距離制限がある場合がありますが、カリフォルニア州からネバダ州へと、州をまたぎますので、走行距離無制限のものを選ぶのをおすすめ(RentingCarz(レンティングカーズ)だと、走行距離制限が無いものがたくさん選べます)

 

レンタカーの貸出と返却の流れ

今回は、大手レンタカー会社のHERTZ(ハーツレンタカー)で、車を借りることになりました!

ダウンロード

レンタルの際、ぜひおすすめしたいのは、ハーツGoldプラス・リワーズ(無料)に登録しておくこと。
これはあらかじめ、レンタルする人の登録などを済ませておくシステムです。住所登録のようなもの。

yelpでレンタカー会社の口コミをいろいろチェックしたんだけど、通常の予約でいくと、カウンターでかなり並ぶことになり、
どのレンタル会社でも、車に乗り込むまで最低40分から1時間かかってしまうとか。

案の定、私が行ったときも結構並んでました。
せっかくのアメリカ旅行なので、時間の無駄遣いはもったいない。あらかじめハーツGoldプラス・リワーズに登録しておいてよかった!!

もしお得にレンタルするなら、先に、ハーツGoldプラス・リワーズにだけ登録しておいて、予約は格安の海外レンタカー RentingCarz(レンティングカーズ)から、ハーツを選択して予約すると、一番お得!!

レンティングカーズのサイトの、支払いページにリワーズのIDを入れるだけで、ハーツゴールドプラスの恩恵を得られます。

 

レンタカーをかりる流れ

(1) LAXのレンタカー営業所へ行く

各レンタカーの営業所は、ロサンゼルス空港から、やや離れた敷地にあります。そのため空港から出る、無料シャトルに乗ってその営業所に向かいます。

◆空港からの場合:

無料のシャトルがあるので、それに乗ります。ハーツでレンタルした場合、ハーツとかかれた黄色のシャトルに乗りましょう。

到着ターミナル階層(一階・Arrivalレベル)のBaggege craimを出たところに、パープルラインとしてくるシャトルです。

無料シャトル対応のレンタカー会社:http://www.lawa.org/rentalcars/

空港から5~10分ほどで、ロサンゼルス国際空港の外にある、ハーツ営業所に連れて行ってくれます。黄色い看板が大きく、大量の車が停車しています。無料のシャトルですが、荷物のあげさげを運転手さんが手伝ってくれたら、チップは1ドルほど渡すのがいいと思います。

 

◆他の都市からの場合:

自分の車で、ロサンゼルス空港のレンタカー営業所へ向かいます。

営業所内に、自分の車を置いておくことは難しいです。日数があく場合は、近隣のパーキングに止めて、そこから向かうか、ウーバーなどで来たほうが楽です。

誰かにドロップオフしてもらう程度なら、loading zoneに駐車していいって係員の人が言ってました。

 

(2) Hertz Gold Plus Rewardsのカウンターへ

もしハーツのレンタカーを選択し、ゴールドリワーズに前もって登録しておいた場合;
人がいっぱい並んでいる通常のサービスカウンターではなく、屋外にある「Hertz Gold Plus」と書かれた掲示板で、名前と駐車場番号を確認し、Hertz Gold Plus Rewards専用カウンターへ行きます。(その看板の裏にある、小さい建物)

そのカウンターは全然混んでいなかった!!そこで免許書を見せるだけ。

通常は、メインドライバーの本人および、奥さんまでは自動的に保険に含まれるようですが、追加のドライバーがある場合は、ここでそのドライバーの免許書を提示しておきます。あらかじめ追加ドライバーを登録しておかないと、事故を起こしたときに保障対象に含まれないので注意。
(3) 車種と保管場所を確認し、指定場所へむかう

カウンターで言われた車種と、その車がおいてあるのはAのコーナーだよ、と言われて向かうと、そこにはもうすでに車内に鍵がある状態でした。

※一応、念のためですが・・・
アメリカの車には、こすり傷があるのはよくあることです。しかし万が一のトラブル防止のため、最初から傷が確認できる場合は、写真で撮影しておくことをおすすめします。

 

(4)営業所のゲートで再度、受付バウチャー・免許書・支払用のクレジットカードの確認
そのゲートを越えると、出発ー!!
ものの15分ほどで出られました^^

 

ロサンゼルス&ラスベガスで車をレンタルするメリット

*ロサンゼルスでも市内を自由に観光できる
車社会のアメリカ。ロサンゼルスの観光地は、遠く離れているばかりか、電車などの交通機関がないので、車が必要です。すべてツアーにしてしまう手もありますが、レンタカーのほうが断然安く自由です。

*ラスベガスはホテルでのバレーパーキングが無料
ストリップ沿いにある大手のホテルはバレー(ホテル前で車を預けるサービス&駐車場代)が無料です。そのため、歩いたりバスに乗らずに、自分の車で移動するほうが楽です(チップは1-2ドル渡してもいいと思います)ストリップは歩くと、端から端までは1時間くらいかかります。

*ラスベガスアウトレットに行きやすい
アウトレットは、ラスベガスの中心部から車で10分ほど。なのに、バスで行くと一時間近くかかります。

*ラスベガスの有名な看板に行ける
あの有名なWelcome看板はストリップの中心部ではなく、空港までの途中の道にあります。そこに行くなら車は必須です。

 

ラスベガス空港でのレンタカー返却方法

◆レンタカー返却の流れ

(1)「Return rent a car」と書かれた車道へ

ラスベガスのストリップから空港にむかい、南下していくと「Return rent a car」と書かれた車道が出てくるのでそちらへ。

住所:7135 Gilespie Street Las Vegas, Nevada, United States, 89119-1256

 

(2) そのまま進むと、右手に立体駐車場のような建物が出てくるのでそれに入る

HertzはHertzだけの営業所があるのかなと思ったのですが、その建物には、いろんなレンタカー会社が入っている複合施設のようなつくりでした。

その立体駐車場をあがり、Hertzの受付場所に到着。

(3) ストップバーのある前に、駐車。係員さんがやってきて、車内を点検。

「事故やトラブルはなかったですか?」と聞かれるので、申告します。
今回は、ぶつけることもこすることも、事故もまったくなく安心。
(4) 忘れ物がないよう車内をチェックして、終了!
鍵は車内に残します。

(5) 空港へむかう無料シャトルバスがあるので、それに乗ってラスベガス空港へ

想像以上に、簡単でした!向かうと看板が出てくるので、わかりやすいです。

 

日本と運転のルールの違い・気を付けたいポイント

アメリカなので、日本とは運転のルールが違います。

◆右車線走行
対向車や、他の車が走っていないと、右車線をつい忘れてしまうことがあるので注意
LAXからは数車線の大きなフリーウェイだけど、ラスベガスに近くなると、二車線くらいになります。
◆クルーズコントロール機能を使おう!
多くの車には、クルーズコントロールという、アクセルを踏み続けていなくても、自動で速度を保ってくれる機能がついています。
長距離移動が多いアメリカでは使用は一般的。これがあると、長距離運転がかなり楽に。ないと五時間の運転は消耗します。

制限速度(Speed Limit)は70マイルの指定が多かったですが、実際に走っているのはそれよりも速いと感じると思います。
その場合73マイルくらいでセットしたらいいかも。ブレーキを踏むと解除されます。
◆赤信号でも右折はOK
No return on redという標識がない場合は、赤信号でも、いったん停止し、周りを確認してからなら、右折することが可能。
知らずに止まっていると、後ろからブーブーと、クラクションを鳴らされるので注意。

 

ラスベガスへの運転で持っていったほうがいいもの

ラスベガスへの運転で持っていったほうがいいものは、

◆国際免許書&日本の運転免許書 必須
法律的には、両方を同時に携帯していることが必要。
国際免許書だと、スピード違反でも「英語がわからない」という雰囲気だと、チケットきられなかったりするらしいがどうなんだろう。😉😉笑

◆サングラス 必須
アメリカは日差しが強いです。砂漠はとくに反射して、眩しくて運転しにくい。日光を長時間見続けると、体力を消耗し、夜眠くてせっかくのラスベガスを楽しめない。

◆日焼け止め 必須
UVコートの窓ガラスでも、長時間運転だと、かなり日焼けします。

◆お水 必須
ラスベガスのような砂漠地帯に行く場合は、湿気の多い日本よりも多めの水分補給が必須。一日2L以上余裕で飲める乾燥感です。ドライブ旅行する時は、出発時にCVSなどでお水のボトルパックをケース買いして、車につんでおきます。

◆日焼け防止のロング手袋
夏場はとくに、日差しが強く、外に停車しているだけで、ハンドルが触れないほど熱くなります。Tシャツ焼けというか、運転焼けします。女子には必須です。

◆カーナビ(GPS)
Wifiレンタルせず、携帯でマップ機能が使えない場合は、位置の確認ができないので、カーナビはあったほうがいいですね。ラスベガスまでは、主にI-15道路の一本道を行くので、迷いにくいですが、市内観光も考えているひとは、レンタカーのオプションで最初から借りておいてもいいかも。

◆音楽CD
ラスベガスまでの砂漠の道では、途中電波がはいらなくエリアがあります。携帯の電波も弱く、ラジオが入らなくなります。聞きたい音楽は持っていったほうがベター!!

◆カメラ
ラスベガスまでの一本道には、大きな発電所のようなものがあったり、軍が警備しているような場所があったり、長すぎる電車など、日本では見かけないものが突然出てきます。UFOや未確認飛行物体がよくあらわれるという噂の場所もあるので、途中、空に注意してみましょう!(シャッターなどで警備されている場所は入らないでください)

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
現金$10が郵送でもらえる!アメリカでは定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!

ロサンゼルスに行こう!!おすすめホテルのセール情報


Booking.com