【質問回答】アメリカに住みたい。皿洗いの仕事でもなんでもいいから、やりたいのですが…

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。

先日こんな質問を頂きました。

質問者さん
こんにちは!和ごころLAさん。

今、23歳の男です。

大学を卒業し、会社に就職しましたが、今の生活にやりがいを感じられません。このまま社畜として生きるのがつらいです。

ずっと憧れだった、ロサンゼルスに住みたいと思っています。

仕事はなんでもいいです。皿洗いでもなんでもするので、いい仕事はないですか?

 

こんにちは。

アメリカ、ロサンゼルスに住みたいということですね。

まず最初にお伝えしますと、
アメリカに90日以上滞在するためには、ビザ(査証)を取得する必要があります。

参考 http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typework.asp

 

そのビザ種類の中でも、働きたい人は、

「就労ビザ」が必要です。

 

どんな仕事であっても、たとえそれが皿洗いであっても

アメリカでは、就労ビザがないとお金(給料)を受け取れない法律になっています。

 

そのため、質問者さんのいうように、

「アメリカでお金を稼いで生活したい」ということであれば、「就労ビザ」取得を目指してください。

 

就労ビザ取得には、簡単に分けると3パターンのルートがあります。

①その仕事は、自分しかできないことを証明する
②日本企業から派遣される
③自分で起業する

 

就労ビザ取得は審査が厳しいので、多くの人が苦労してるところです。

厳しいことを言いますが、トランプ政権になり、ますます「就労ビザ」の取得が難しくなってきています。

几帳面で働き者の日本人がや、時給安くても働きたいというメキシコ人がたくさん移住すると、現地の人の仕事が減ってしまいます。

そのため政府は規制を厳しくしています。

”日本から逃げ出したい”という思いだけで、アメリカに来れた人もいます。
その殆どは、グリーンカードが取得しやすかった20年ほど前に来た人たちです。

今はすごく厳しいです。

 

①その仕事は、自分にしかできないことを証明する

就労ビザを取得する基本の考え方は、

”アメリカで、この仕事は、あなたしかできない仕事であることを証明する”

つまり、「アメリカ人よりもこの仕事に関しては、優秀である/ほかの人にはできない」ことを明らかにする必要があります。

 

その点でいうと、「皿洗い」という仕事は、誰でもできる仕事なので、ビザ取得の対象ではありません。

最近では”日本人の寿司職人”であっても、就労ビザは取りにくいです。今はアメリカ国内に寿司学校があり、日本人じゃなくても寿司シェフになれるからです。

 

「そんなの無理~~!」

と思うかもしれませんが、”これはスポンサーとなる会社が、ビザ書類上どう表現するか”にも影響されるので、弁護士さんの手腕にもよります。

結局のところ、「あなたのことを採用したい」という会社がありきなんです。

 

そのため、私がいえるアドバイスは…

今23歳なのであれば、もう少し今の仕事を頑張って続けてみて、お金と経験を貯めてみましょう。それと並行し、アメリカで就職活動を行います。海外求人の多いこの求人サイトでは無料登録で、希望エリア「アメリカ」で非公開求人の情報が得られます。コレだ!と思う案件が出るまで、じっくり検討してみましょう。

その間に、ビザ手続きに有力な、経験や資格をゲットするのがおすすめです。

特にアメリカのCPA(公認会計士)は、強いです。アメリカでは年に一回、タックスリターンをしますが、日本のような源泉徴収で会社がやってくれるという場合は少なく、みんな個人でやらないといけないんです。そのため、需要は常にあります。日本在住でも、アメリカのCPAを受験可能です。

ビザ申請では、「自分の大学の専攻の延長の仕事である」ことも重要なポイントになります。アメリカでは総合職より、専門職が強いので、長い目でキャリアプランをたてるのがおすすめです。

23歳なんてあと何十年も働くのですから。。。

 

②日本企業から派遣される

もしくは、

「駐在員として、日本の企業から現地企業に派遣される」方法がおすすめです!

永住できるかはわからないですが、給与面や待遇面は、現地採用よりかなり良い!!!!

私が出会った駐在員の人は、

日本から給料と、アメリカの給料のダブル給料

健康保険などの福利厚生は会社持ち

アメリカの高い家賃も会社もち

車も新車(いい車)が会社から支給される

と、至れり尽くせりの内容。お金溜まるしかないやん!ばかりです。

しかも現地従業員が多いような会社では、残業はほぼなく、9時出社の5時退社。はやw

日本では考えられませんね。

駐在員はLビザという種類になり、会社がきちんと条件にあっていれば取得しやすいです。

海外で生活してみたいけど、絶対ココ!という地域限定がなければ、駐在員て最高です。英語転職.comで「北米」で探すと、駐在員案件がいろいろあります。

駐在員案件は、非公開求人になっている場合が多いので、無料登録してきいてみてください。

 

 

③自分で起業する

もし2000万円~のお金がある場合は、就労ビザを発行できる会社を、

自分で起業するという手段もあります。Eビザです。

こちらは、日本とアメリカのかけわたしをする会社でないといけないので、移民弁護士に相談してください。

 

まとめ

まとめると、そうそう簡単に「皿洗い」はできないんです。

学生ビザで来て、学校へ通いながら、レストランでバイトしている人も実際は多いです。(キャッシュで給料をもらう)

でもこれは、違法ですし、

自由度やその後の将来性、金銭面で苦しむ人が多いです。

 

まず、取得しやすいJビザ(インターンビザ)を取得し、

アメリカで滞在しながら、実際の企業に働きながら就職活動し、今後のビザサポートを探す場合もあります。

 

 

でも一番のお勧めは、「日本からきちんと就職活動をしてから来る」ほうが、条件が数倍も良いです。

ぜひ、英語転職.comで探してみてください!

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
現金$10が郵送でもらえる!アメリカでは定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!

ロサンゼルスに行こう!!おすすめホテルのセール情報


Booking.com