アメリカに暮らすならどの程度の英語力が必要?アメリカ永住者がおすすめできる英語教材ネイティブイングリッシュ

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。

アメリカに暮らすなら、どの程度の英語力が必要なのだろう?と、これから渡米を考えている人には、心配な方も多いと思います。

日本人は、英語の文法と読解は得意な人が多いですが、リスニングとスピーキングが苦手な人がおおいですよね。

どの言語でもそうですが、”話していることを聞き取れて”→”答える”の繰り返しが、会話です。つまり、リスニングとスピーキングができないと、生活上かなり大変になります。

行ってからなんとかするタイプの人もいますが、私の経験では、”日本で最低限の英語(とくに英会話)は絶対、勉強しておく”ほうがいいです。

多民族国家のアメリカでは、外国人だから〜と、融通してもらえることはまずありません。アメリカ生活にスムーズに入る第一歩の練習は、渡米前にしておかないと、確実に置いてかれてしまいますよ。

【感想】英語教材、ネイティブイングリッシュに挑戦

今回は、実際にアメリカで生活する私が、英語教材「ネイティブイングリッシュ」に挑戦し、

アメリカ生活に必要な英会話力を鍛えるのに見合っているか、その真価をレポートしたいと思います。

ネイティブイングリッシュは、日本で発売されている英語教材です。
ニューヨーク出身で英語が堪能なタレント、河北麻友子さんもお勧めの英語教材として評判。

「一日6分で楽に話せるようになる」がテーマになっていて、口コミの評判がすごくいい!

アメリカで生活していると、「いい英語の勉強法ない?」と聞かれることが多いんです。こういった英語教材(英会話教材)は、実際どうなんだろう?と思い、挑戦してみました。

 

気になる中身は、

通常版(青)CD18枚と、テキスト192ページ、
ビジネス版(赤)CD4枚と、テキスト32ページ

で構成されています。

英語のテキストって、重いと持ち歩くのが大変・・・と思ったのですが、
このネイティブイングリッシュのテキストは、

すごく軽い〜!!

DVDケースサイズの本。
コンパクトに内容がぎゅっと詰まっていて、混雑した電車内でも開くことができるサイズです。

勉強は1日1ページ、1テーマ。6ヶ月分。

テキストの中身は、「英語を話せるようになる」ことに特化されています。

1ページの内容は約6分。シチュエーション別で会話がまとまっています。

これだと、1度の学習に短い時間しかとれなくても、大丈夫。回数を重ねることで上達できます。

和ごころ
一回分が長すぎると、買った日だけやって、あとは続かなくなっちゃうんんだよね〜(^◇^;)(行かなくなるジムみたい!笑)

 

英会話を始めたいけど、何から始めればいいかわからない人には、こういった1日ひとテーマですすめると、勉強迷子にならずに済みますね!

< こんな人におすすめ >
英会話初心者 / 仕事で英語が必要になった人 / スピーキングの基礎をつけたい人 / 外国人旅行客に対する接客が増えてきた方 / 海外へ行くとどうしても口数が少なくなってしまう方 / アメリカなどの海外に留学・移住・旅行を検討している人

特に、英会話を始めたけど、
「会話のストックが無くて、言葉がつまってしまう人」は、こういった教材で、シーンごとのフレーズを覚えてしまうと会話がすごくスムーズになります。

また、留学や海外赴任を控えている人にとっては、このネイティブイングリッシュの会話は、“話せて当然レベル” = 生活に必須レベルなので、まだそのレベルに達していない人は、丸暗記して海外に行かれるのをおすすめします。

 

会話は、相手が何を言っているかわからないと成り立たない

最近、日本ではたくさんの外国人観光客を目にするようになりました。
特に京都などの海外からの旅行客が多い観光地では、レストランの店員さんや駅員さんでさえも、英語で対応せざるをえない様子です。

しかしながら、英語が苦手なニッポンジン・・・

メニューを指差し「ディス?ビール?イエス?」というのが精一杯。

外国人のお客さんには、 How may I help you?、どこから来たの?とか、京都はどこがよかったですか?などコミュニケーションまでできれば素敵ですが、なかなかそこまではできていない人が多いです。明らかに困っている外国人観光客をみても、英語が話せないから助けてあげれない、と見ないふりをして過ぎ去った人も多いのではないでしょうか。

本来であれば、

日本人は中学高校から少なくとも6年は英語を勉強しているハズ・・・

それなのにどうしてこうも「英語?!何言っているかわからない!話せない!」というアレルギー反応になってしまうのでしょうか?

その理由は、とても簡単。
リアルな英語の会話を聞いて、口に出してみる機会が、ものすごく少ないからです。

和ごころ
日本は単一国家(民族が基本的に日本人だけ)の国なので、自分から英語に触れようとしないと、なかなかリアルな英語にたどり着けません。

 

英語の上達には、「時間」の絶対数がものをいう

アメリカに留学する前のわたしは、TOEICのスコアは最低でした。すごく恥ずかしいのですが、300点くらいです。笑
リスニングは、部分的に単語が聞き取れる程度で、解答はほとんどカンでと丸をつけていました。

アメリカ生活5年目の、今のレベルから振り返ると、当時は会話の5~10%くらいしか聞き取れていません。
どうしてアメリカにきてから英語(とくにリスニング)が伸びたのだろうと考えると、やはり一番の要因は、英語に触れている「時間」です。

要するに、日本にいるときは、英語の練習がまったくできてなかったのです。

渡米後は、自分の英語への勉強不足を目の当たりにしました。

辛かったのは、相手が目の前にいるにも関わらず、”何を言っているかわからない”ということ。
実際の生活では、今まで学校で習った英語とは、スピードも表現も違いました。発音も、人や人種によって、全然違って聞こえます。

目の前の人が言っていることがわからないと、すごくすごく焦るんです。
”何か反応しなきゃ!”と思うのに、聞くだけで精いっぱい・・いつもパニックになっていました。

 

留学しなくても、リアルな英会話の勉強はできる

英語学習は、たくさん触れたほうがいい!やるだけやったら成果がでる!というのは、周知の事実です。

しかし、

「頑張ろう!!!」と意気込んで、英語の本を一冊買っても、

なかなか一冊やりきれたためしがありません。
どうしてでしょうか?

市販のCD本だと、

 レベルによっては、順にそってすすめられない(理解できない部分があると止まってしまう)

 すすめ方がわかわらない(途中で飽きてしまう)

 一回分のボリュームが大きいと、そのうち時間が取れずにやらなくなってしまう

 教科書的で、ネイティブが使うリアルな会話ではない(勉強しても、実際に使えない)

 付属のCD音源はゆっくりスピードなので、実際の英会話ではついていけない

などがあります。

特に日本の英語市販本は、「多聴の本」「多読の本」「文法の本」「長文の本」・・・と、それぞれ勉強の役割が分かれている商品が多い。

でもこれって、机上の学問でのスコアアップには役立ちますが、実際の英会話では役に立たないんです。

英語を話せるようになるには、部門ごとに分けずに、バランスよく積み重ねて力をつけていく必要があります。

そのため受験勉強の際に、単語暗記が得意だった人は、案外”リスニング”はできたりします。

でもやはり、「英語が話せる」とは言えません。

 

実際の英会話を、”たくさん聞いて、意味を理解し、たくさん真似すること” が一番の近道なんです。

ネイティブが実際に使う会話集で、

英語耳(リスニング)を育てる練習、

英語を話す(スピーキング)練習、両方をサポートしてくれて、

自分のペースでできる

ネイティブイングリッシュは、これが揃っている英語教材だなと感じました。

 

 

おすすめしたい英語教材 No1のネイティブイングリッシュの中身とは

ネイティブイングリッシュは、20代〜60代におすすめしたい英語教材No.1なんだそうです。
それは一ヶ月間挑戦してみて、「たしかに~!」と思う部分がありました。

私が思う、もっとも確実な英語学習は、
英語を聞く → 意味との紐づけ → 口慣らし(使う) → 定着までのルートをひたすら繰り返し行うこと。

特に、間違っていたらどうしよう?、この動詞に続くのはTo?forだった?と、不安になってしまう人は、そもそも「口慣らし」が足りていません。

実際に声で出す練習をしていると、フレーズはセットで覚えているので、考えなくても出てくるようになります。受け身の日本式授業で、高得点がとれていたタイプの日本人は、特にこの部分が弱いなと感じます。

発声していないと、絶対に通常生活で出てこないので、繰り返し声に出すのは重要です。

その点、ネイティブイングリッシュは、リスニングだけでなく、スピーキングも練習できるように工夫されています。

 

 

効率的なネイティブイングリッシュの学習の進め方

【1】Listening CD【通常版】を聞く

ネイティブイングリッシュのListening CDは、
高速英語 → 高速日本語 → ナチュラルスピード英語 → ナチュラルスピード日本語

まず英語が読み上げられ、次に日本語で読み上げられます。一曲の中に、高速バージョンと、ナチュラルスピードバージョンが収録。

【例】英語(Where are you from?)→ 日本語(出身はどこですか?)

そのため、テキストを見ながらでなくても、”英語の音””意味”を紐づけて、覚えることができます。

★アメリカ移住者としてリアルな評価★
たまに「意味はわからないけど、英語のテレビや洋楽を聞き流しているのよ~」という人に出会うのですが、本当に英語を勉強したいというのであれば、単なる聞き流しはおすすめしません。なぜなら、大人になってから英語を習得する場合、第一言語の日本語で脳内が形成されているので、単純に英語を聞いても、音の「意味」を理解しなければ、それは単なる雑音でしかありません。子供は、その状況(意味)と音をリンクさせて言語を習得していくので、大人の学習であっても、意味と音の紐づけをいかに効率的に取り入れられるかが、英語習得のポイントです!このネイティブイングリッシュは、英語と意味を一緒に聞くことができるので、
一回の再生で、音と意味の紐づけ / リスニング力アップ
両方が一度にできるので効率的です。先に高速音声、そのあとにナチュラルスピードで収録されているので、最初に聴き取れなくても、ナチュラルスピードで再確認できます。(戻るボタン押さなくてもオッケー!)

 

【2】Speaking CD【通常版】を聞きながら、ブツブツ言う

Speaking版のCDは、Listening CDと同じ内容が、低速と高速スピードで読み上げられます。

ナチュラルスピード日本語 → 低速英語 → 高速英語

【例】日本語(何人家族ですか?)→ 低速英語( How many people are in your family?)→ 高速英語( How many people are in your family?)

※英語が二回ゆっくりながれるので、その合間に声を出しながらシャドーイング

 

★アメリカ移住者としてリアルな評価★
リスニングCDは、日本語の意味のあと、2回英語が続くので、意味をとることと、英語の口慣らしが一緒にできます。日本人の場合、It’s will be rainningのようにLLが二回かさなっている部分や、Thの発音は難しく感じるので、ゆっくり聞きながらネイティブの発音になれるのが大切です。
和ごころ
今まであらゆる英語CDを聞いたけど、この日本語→低速英語→高速英語は、素晴らしい!よく考えられている~!こんな英語CDは初めて!

 

【3】ニュアンス解説CD ネイティブが英語の微妙なニュアンスの違いを知る

ネイティブイングリッシュの会話は、ネイティブがよく使うもの/実際に使いそうなシーンがたくさん収録されています。

このニュアンスCDは、英語を学ぶ日本人が陥りやすい失敗や、海外で気になる不安点が解説されています。

ラジオ番組のように語られているので、通勤時間など、空いた時間に気軽に聞けて楽しい!

★アメリカ移住者としてリアルな評価★
音源のDJは、Michael Rivasさんというアメリカと日本のハーフ。MCとして活躍し、カリフォルニアのバークリー大学卒業とのことで、アクセントがなくすごく聞きやすい英語だと感じました。※英語にも地域によってアクセント(方言)があり、人によっては聞きにくいですが、とても聞きやすいです。日本の文化をよく知っているので、日本人が気になるポイント「ひとりでホテルの受付にタクシーを読んで欲しいときの表現はどうすればいい?」などに答えてくれます。
Can you call me taxi ? と Can you call me a taxi?の違いなどは、言われると確かに〜と思い、聞いていておもしろいですよ!そのほか、海外では支払いの際に、チップが必要であるとか、人によっては40ドルは、ダラーではなく、バックスでいうとか、海外が初めての人にはぜひ聞いてほしい内容がたくさんあります。

【4】ナチュラルスピードで英語のリスニングの仕上げ

上記のリスニングとスピーキングCDが、ひととおり終了したら、ナチュラルスピード版のCDリスニングを仕上げます。日本語訳はなく、英語のみのCDです。
自分がどこまで理解できるようになったかチェックできます。

★アメリカ移住者としてリアルな評価★
このナチュラルスピードCDは、アメリカ生活ではナチュラル~やや遅めのスピードです。実生活ではさらに早いことが予想されるので、少なくともこのナチュラルスピードCDのレベルは、聞けて当然にしておきたいところ!英語は発音の際に、省略される音が多いので、基本の知識がないと、全体の意味が拾えません。
このスピードで聞こえたものをノートに書き出す勉強もおすすめ。
和ごころ
通常の市販本は、ナチュラルスピードのCDしかついてこないですよね~。

 

 

【5】テキストを見ながら、フレーズの解説を学ぶ

1日1テーマのこのテキストには、ネイティブが日常会話の中で、頻繁に使うフレーズがまとめられています。
例文だけでなく、さらに英語への理解と表現の幅が広がる解説があります。

【例】
Do you have any brothers and sisters? 兄弟はいますか?という質問ですが、
「きょうだい」が男か女かわからないので、実際にアメリカでは、ブラザース&シスターズよりも、
Do you have any siblings? (シブリングス)として聞くことが多いです。

とか、
Where are you from? 出身はどこですか? という質問は、
where do you come from?だと現地出身ではない外国人に対して出身地をきく。

など、少しの表現の違いでもニュアンスが変わってくるフレーズでかつ、実際に使いそうなフレーズが収録されています。

★アメリカ移住者としてリアルな評価★
フレーズの解説は、アメリカで生活している私でも「ふむふむ・・・」と、勉強になることがたくさん。
海外在住社の場合、なんとなく音の雰囲気だけで聞いてしまっているフレーズも、しっかりテキストを見ながら音を聞くと、気づきを与えてくれます。
ネイティブイングリッシュのテキストは、本当に生活で使うフレーズが凝縮されています。コンパクトで軽いので、市販の本より断然持ち出しやすいです。

 

 

ちょっと高い?!ネイティブイングリッシュの値段

これから英会話を学びたい人には、たしかにおすすめだ~!!と感じた英語教材ですが、
値段はちょっと高いと思う人もいるかもしれません。

私は自分で試してみた結果、値段は高いとは思いませんでした。

大きな理由は3つ。

(1)月5000円を6ヶ月と思ったら安い

私は自分の将来のために、自己投資は収入の月2割までを目安にしています。本もだいすきなので、定期的に購入しています。
ネイティブイングリッシュは、6か月分構成になっているので、5000円を6か月と考えると、手を出しやすい価格設定です。

もちろん勉強しなくなったり、身にならなかったら高いですが、それはどんな勉強も同じ。このテキストはしっかりやれば身になる内容です。

(2)海外での費用に大きな差が出る
ロサンゼルスの有名大学 UCLAに付属する語学学校( UCLA Extension )で英語を学ぶ費用はいくらかご存知でしょうか?

2ヶ月50時間の授業で$765(約84000円)/タームです。
テキストや渡航費、生活費用はもちろん別で、学期ごとにレベルをあげていくため、日常会話ができるまで、早い人で3~4タームはかかります。

海外に行ってから、英語をなんとかしようとすると、お金がかかりすぎてしまうだけでなく、「現地でやりたかったこと」や、「現地の人とのコミュニケーション」が十分でないまま、海外での時間が過ぎてしまうことも多いです。有意義な留学や海外赴任のためには、ぜひ日本で、あらかじめ英会話力の底上げをしてきてください。

 

3)効率よくレベルアップできる

ネイティブイングリッシュは、リスニングとスピーキング、ネイティブのニュアンスやシーンごとの理解など、

日常英会話に関しては、この教材だけで勉強できます。

なので、自分で手当たり次第、勉強するよりもずいぶん効率がいいです。

効率がいいか悪いかは、自分の時給で考えてみてください。もしあなたの時給が、993円だったら、このネイティブイングリッシュは30時間に相当します。

英語本を手あたり次第に挑戦しては、続かず・・・
どの教材だったら自分が英語を習得できるだろうか・・・
悩んでいるだけで30時間過ぎていませんか?

ネイティブイングリッシュなら、その悩む時間なく、学習に集中できますよ!(*^^)v

60日間の返金保障がついていて、2年間はメールサポートがつくので、挑戦してみて損ナシです!!
しかも「ビジネス版」のCDとテキストもついてます。

ぜひ、ネイティブイングリッシュで、英会話に挑戦し、ネイティブとのコミュニケーションを楽しんでください(*^-^*)

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
現金$10が郵送でもらえる!アメリカでは定番のキャッシュバックする得ワザ
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!

ロサンゼルスに行こう!!おすすめホテルのセール情報


Booking.com