LA在住者に朗報!こんな優しいサービスがあるなんて

LA在住者に朗報!特に、渡米したばかりの人や、英語がうまくできずに辛い思いをしている・・・

アナタも!わたしも!!!w

 

ネットでググってたら、こんな優しいサービスがあったなんて!!( ´ ▽ ` )ノ
感動したのでシェアします!

リトル東京サービスセンター

ロサンゼルスの日本人町に、”リトル東京サービスセンター”ということろがあるそうです。

リトルトーキョーは終戦前より日本人が、アメリカにやってきた頃に栄えた町のことで、
今もなお日系二世・三世〜と、日本にゆかりのある人たちが多く住まれていたり、日本食レストランが立ち並ぶエリアです。

夏には、毎年2sei weekという日本のお祭りが開催されているのでも有名ですよね。

 

HPによると、リトル東京サービスセンターでは、困っている人を助けるサービスをされています。
100人以上の社会福祉部のスタッフとそれ以上の熱心なボランティア達の手によって、少なくても英語と日本語以外にも7つの言語によるサービスが提供されているそうです。

リトル東京サービスセンターでは35年以上にわたりリトル東京およびロサンゼルス郡の日系居住者のために日英両語でのソーシャルサービスを続けています。

サービス内容は以下で、料金は無料です。 是非お電話ください。
TEL 213-473-3035 月ー金 9時~5時

– 各種情報照会
– 書類申し込みの手伝い
• ソーシャルセキュリティ
• メディケア
• メディカル
• オバマケア
• 追加的社会保障給付金(SSI)
• 障害者給付金(SSDI)
• グリーンカード更新
– 子供がいる低所得世帯へのサポート
– DV被害者サポート
– 子育て教室
– アルツハイマーサポートグループ
– カウンセリング(有料/無料)

リトル東京サービスセンター
231 East Third Street, G-106
Los Angeles, CA 90013
http://jp.ltsc.org/homepage.html

 

わたしのように、”アメリカ生まれ”ではない人にとって、
アメリカでの生活の方法を知ったり、上手に政府の制度を活用すしたりすることは、簡単ではありません。子育てや教育制度についても、両親が日本育ちの場合は想像もしなかったことがたくさんあるでしょう。

日本では、バラエティ番組でこんなお得な制度があるよ!なんて番組をよくやっていますが、
政治体制の違う国で、しかも英語で、国の制度を知るのはなかなか難しいものです。

 

アメリカの電話回線は日本ほどクリアでなく、何言っているかわからなくなったり、ひとつスムーズにいかないと、すごく時間がかかったりして、書類の申し込みひとつにも、ほんとーに悪戦苦闘することもありますよね。

和ごころ
コールセンターに電話するき、「XXの人は1を押してください」ではなく「XX (希望のサービス)を言ってください」っていう音声認識方式の場合、発音がうまくないと次に進めない・・・w

生活面で困ったことがあったとき、日本語で、かつ無料で相談にのってくださる体制があるというのは、
いざというとき心強いですね!

正直、保険関係とオバマケアがよくわからないので、
時間があるとき電話してみよーっと!!

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!