日本の空港自販機でプリペイド式SIMカードを購入してみた【So-net Prepaid SIM】

アメリカ移住ブログ、和ごころLAです。

先日一時帰国した際に、関西国際空港でプリペイド式SIMカードを購入し、使ってみました。

スペック アメリカで購入した、iPhone7 (SIMフリー端末)

※SIMを差し替え使用には、携帯がSIM FREE端末であることが条件です

 

 

最近日本では、格安スマホ【UQモバイル】なるものが登場し、月々1980円~でスマホが使えるようになっています。

こういったサービスは、長期帰国には重宝しますが、開通手数料や契約期間があるので、

短期の旅行者向け/一時帰国の人は、「プリペイド式」のタイプの契約をすることになります。

 

関西国際空港では、国際線到着フロアの一角にSIMカード販売自動販売コーナーありました。

 

日本で発売されているプリペイドSIMの種類

2017年3月時点で、関西国際空港の自販機で発売されていたプリペイドSIMは、この3種類でした。

名前 So-net Prepaid SIM
期間 30日 or 60日
データ量 1.2GB /期間 or 2.4GB /期間 or 3.2GB /期間
販売 自動販売機。その期間全体で使えるデータ量。

 

名前 U-mobileプリペイド
期間 7日 or 15日 or 30日
データ量 200MB /日
販売 自動販売機。一日のデータ量を超えると遅い通信速度になる

 

名前 NTT Prepaid Sim For Japan
期間 7日 or 14日
データ量 100MB /日
販売 自動販売機。一日のデータ量を超えると遅い通信速度になる

 

※プリペイド式SIMは他にも売られていますが、OCNやIIJimoは別途、開通事務手数料が必要&住所が必要です。

 

 

今回わたしは、30日以上の滞在になので、So-Netのプリペイド式SIMを使ってみました。

 

 

SIMのセットアップにはインターネットが必要

So-net Prepaid SIMの、60日の間に3Gまでデータ通信が使える、5500円のSIMカードを購入しました。

乗り継ぎの電車で急いでいたので、

「携帯へSIMカードをさして設定するのは、電車の中でしよう!」

そう思ったのが、間違いでした・・・

 

なんと、このSIMカードは、

開通作業をするのにインターネット環境下でセットアップしないといけないのです!

「日本についたよ」とか、「迎えの連絡」が取りたかったのに、インターネット環境がないと、連絡が取れない。

そのため焦って、駅などの公共のWiFiを一生懸命探したのですが、

 

こういった日本の公共の無料のWifiにつなぐには、Eメール登録が必要とのこと。

送られてくるメールからアクセスすることで、登録完了し、使えるようになります。

って、

インターネネットが繋がらないんだから、メールの受信ができないダロ((+_+))!!

ひどい! 日本のWifi事情は、旅行者に優しくない・・・ 結局インターネットにつなぐことができませんでした。

2017年のこの時代に、公衆電話を探して迎えを呼ぶハメに・・・w

 

結局SIMカードをアクティベートできたのは、家のWifiにつなげられてからです。

 

So-net Prepaid SIMのアクティベートする流れ

1)電源を切って、SIMカードを携帯にセットする

→ SIMスロットを開ける、ピンは同梱されていないので、クリップの先などのとがったものが必要

2)プロファイルをダウンロード

→ iPhoneの場合、プロファイルをダウンロードしますか?と表示が出た。Androidは手作業で設定が必要。

3)専用サイトにアクセスし、SIMの電話番号とパスワードを入力

こうすることでSIMカードが使えるようになります。

空港には無料Wif(パスワード不要)とんでいるので、旅行者の人は空港でセットアップしてください。

 

和ごころ
その際に、SIMスロットをあけるピンを用意しておくと便利。事務用のクリップが、スロット開けに代用できるので持っていくとおすすめ!

 

So-net Prepaid SIMの使用感

SIMカードの使用は、問題なく利用できました。

ドコモ回線を利用したデータ通信サービスになるので、駅の地下構内にいても、電波がつながりました。

※ただし、このプリペイドSIMはデータ通信のみなので、音声での着信はできません。

60日で3Gしか使えないので、なるべくデータを使わないように注意しました。

携帯のモバイルデータ通信を、制限↓

*基本はLINEだけ ←待ち合わせなどに利用

*電話発信、着信は人の携帯を借りる

*メールチェックはWifiがあるところだけ

*マップや電車の乗り換えは、アプリ起動時だけに利用可能に

データ量がなくなってしまわないように、気を付けました。

おかげで通信は2Gくらいですみました!

 

和ごころ

私のように帰る場所=実家などにWifiがない人には、全期間で3Gは結構少ないかも・・・

 

So-net Prepaid SIMの使用後にすること

1)SIMカードの返却郵送

説明書きに小さく、

「SIMカードは当社からお客様への貸与品になりますので、破損や切断を行わないでください」

ということと、公式HPには、SIMを使用後の郵送返送先が書かれています。

ほかの2社のHPも同様で、プリペイド式SIMの使用後は、メーカーに返却する必要があるようです。

 

和ごころ

海外からの旅行者ばかりだから、実際に返却している人は少ないのでは・・・

 

2)プロファイルの削除

アメリカに帰国してから、なんだか外出先でデータ通信がうまくいかず、

止まったり、かなり遅い速度になりました。

おかしいなーと思い、SoーNetのSIM使用したときにダウンロードしたプロファイルを削除したらもとにもどりました。

プリペイド式SIMの使用後の、携帯の不調に悩まされている人は、上記をチェックしてみてください。

HPや説明書には、プロファイルの削除が書かれていないので、要注意です。

 

日本のWifi事情は、旅行者には優しくない

SIMカードの話は別として、

日本では観光客向けに提供している、Japan Connected -free Wi-Fiというアプリがあります。

”これは一度利用登録をしておけば、日本全国のフリーWifiに簡単に接続できます”

というコンセプトのものなのですが・・・

正直言って、カバーエリアがすごく少ない。

今回私は、大阪と東京の都市部に行きましたが、中心部でも「全然つながらない」という印象。

新大阪の新幹線の駅では、「改札エリアだけ」がつながり、

別のところへうごくと接続できない状態に。

SIMの用意や、WIFIルータのレンタルは実際は必要だと思います。

大阪の都市部でも、使えるスポットはパラパラある程度。

ほとんどがNO WIFIの状態です。

まとめ

まとめると、空港販売の自販機は一週間程度の旅行者なら、さっと帰るので楽かもしれません。

ただし、空港でセットすること、1日のリミットがあること、使用後の設定解除とSIMの返却があることを忘れずに〜!

SIMフリー端末でない携帯の人、データ量のリミットの心配をしたくない人は、WIFIレンタルがおすすめです。
海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi


エリアを東アジア→日本(4G  LTE)で予約できます!

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!