【海外で読書】海外制限なし!割引もあるお得な電子書籍Honto.jp

海外からも読むことができ、コンパクトに持ち歩けるたくさんの本。

「どらえもんの四次元ポケットがあれば、この大量の本をしまってどこにでも持っていけるのに・・・」

そんな夢を叶えてくれる、電子書籍アプリはまさに神。w

 

その中でも、電子書籍でハマっているのは、実はHonto.jpです!

 

1)お得!!ひんぱんに届く30~50%OFFのディスカウントメール

Honto.jpは、ほんとそれ大丈夫?!って感じだけど、よく割引をしてくれます。←しょっちゅう大量に買ってるから?w

コミックなど本の種類の指定があるときもあるし、指定なく全商品50%オフになることも!

もちろん新刊の雑誌など 例)Anecan, Camcan, 日経ウーマン, Oggiなど

しかもポイントたまります。

アメリカで、出たばかり(エアー便)のファッション誌を買おうとすると、18ドルくらいするので、なかなか買えない。。

日本価格600円で、しかも半額の300円で買えちゃったらうれしすぎる!!

 

2)パソコンでも読める

iPadやiPhoneのアプリで読める電子書籍はもう当然!なんだけど、

Honto.jpで扱っているほとんどの本は、パソコン(Windowsのみ)で読むことが可能!(中には対応していない場合もある)

なので、読書中に気になった言葉を、ちょっとコピーしてネットで調べることも簡単に!(本文テキスト100文字まで選択可能)

 

3)海外からの購入に制限が無い

Amazon Kindle は海外からの購入には制限がありますが、Honto.jpは今のところ(2015.5現在)制限がありません。

アメリカのクレジットカードも使用可能! これで気にせず一杯買える。

 

4)実店舗のポイントと連携可能

Honto.jpはもちろん実際の大手本屋さんと連携しているので、そこでのポイントとも合算可能。

丸善・私のすきなジュンク堂・文教堂 が、系列で、店舗で実際に手にとって確認してから、
電子書籍で買うっていうのも、荷物を増やしたくない人にはおすすめ。

実際の本もよく買うけど、日本からアメリカに本を持っていくのは重くて大変なので、
今回日本に帰ったときも、ジュンク堂で紙の本を6000円分くらい買って、あとは電子書籍にしました!

ポイントが共通しているはうれしい!

たまに、紙の本を買うともらえるチラシにクーポンがあり、電子書籍500円分というのがもらえるのだ!

 

5)電子書籍ストアの蔵書数が最大に
主な電子書籍ストアの蔵書数調査(2015年1月10-11日調べ)によると、
Honto.jpが、Kindleや他社電子書籍サービスの蔵書数をぐんぐん伸ばしているのがうかがえます。

半年ほど前は、ちょっと気になった本も「やっぱりkindleのほうが電子書籍化しているの早いなー」と感じていたのですが、
最近のHonto.jpの勢いがすごくて、実店舗でベストセラーとして、トップに出てきているような本も、近いタイミングで電子書籍として販売するようになってきました。

そんなこんなで、Honto.jpほんとにラブです。笑

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!