予約必須!ゲティヴィラミュージアム Getty Villa

ハロー!和ごころLAです。

ガイドブックでおなじみ、石油王ポール・ゲッティのコレクションを展示する美術館Getty Center

そちらは、以前行ったことがあるけど、マリブにあるGetty Villaのほうには、なかなか行くチャンスがなかった。

でも念願かなって、先日行ってきましたよん( ´ ▽ ` )ノ

 

その日は最高に天気が良く、ドライブしていると変な看板を発見!w

いちご〜、 いちご〜、 いちご〜、 ココナッツジュース〜、ココナッツジュース〜、ココナッツジュース〜。。。

いつどこで買えるのかわからないけど(これぞユニバーサルデザインw)、アピールが強い看板をしばらく抜けてやっと到着。

Getty6410_4Getty6410_5

ゲティヴィラの入り口

Getty6410_6

ワンポイントアドバイスは、北方面から向かうと、入り口に、かなり入りづらいです!!だいぶ遠くまで行かないと、Uターンできません!!

出口も一方通行なので、車の多い週末などなどは、入るだけでかなり時間がかかるよー。

可愛い彼女を連れて、デートちっくにGettyVillaに行きたいアナタは、ぜひ南方面から向かい、スムーズに入られたし。笑

 

そうそう。

Getty Villaの最大のポイントは、

事前予約が必要ってこと。
http://www.getty.edu/visit/villa/
当日予約はできず、週末であればなるべく早めに予約しておいたほうがベター。

Getty6410_7

チケットは印刷して持参しましょう!

入場料は無料だけど、パーキング代が15ドルのみ必要です。

 

 

ゲティヴィラ ミュージアムは、
西暦79年に古代ローマ時代の別荘 ヴィラ ディ パピリをモデルにしたものだそう。
古代ローマ住宅の建築要素をもとにデザインされた、広さと風格が、

「お金持ちすぎて、ありあまる感」を、ひしひしと伝えてくる。

 

道路から入って、すぐのチケット確認エリアは、車がいっぱい入ってきて、狭いのかな?と感じたけど、

 

奥に進めば進むほど、土地が広い設計になっていて、
ショッピングモールにあるような立体駐車場が2つもあります。

 

ミュージアム入り口すぐのトイレ横の廊下
教会の通路のような雰囲気のある廊下。天井が高くて開放感がある。

Getty6410_11

 

アトリウム
古代ローマの住宅では、大応接間として使用された。って、デカすぎやろ!大学の構内か!っていう。笑

Getty6410_13

 

ハーブガーデン
古代ローマの住宅には、家庭菜園スペースがあったそうです。
バジルとか植えてあって、一枚もぎとって帰ろうかなと思ったけど、やめておきました。
Getty6410_46
ここで作られたハーブは、売店で売ってました!

ヘラクレス神殿

Getty6410_24
イーストガーデン
Getty Villaの面白いところは、彫刻などの表情がとっても豊か。
かの有名な、手を入れたら噛まれそうな噴水。
Getty6410_27

ペリスタイル外廊

Getty6410_37

絵で描かれた壁は、よく見ると顔が怖いw

メディテーション(瞑想)をするのにいい場所とされているようなのですが、ここにひとりでいたら、落ち着かないだろうなーw

 

この日は、水が張られていなくて残念。

Getty6410_35

 

優勝したらゴールドのオリーブの冠をもらえる

Getty6410_44

 

がくがくブルブル

Getty6410_43

 

テーブルの脚

Getty6410_39

 

日本語のガイドが配布されています!

Getty6410_16

 

教科書でならった古代ギリシャ時代の貴重な発掘物がいっぱい。

これをヨーロッパ本土から、わざわざアメリカまで送って、この量を保管してるってほんとすごい!

よっぽどこの時代のことが好きなんだな、と思いました!

 

考古学が好きな人は、ロサンゼルスに行ったら、ぜひ行ってみてね!!!

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!

人気の記事
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外在住でも英会話に伸び悩んだらコレしかない!オンライン英会話

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!