Disney映画「ベイマックス(Big Hero 6)」感想&USサイトがかわゆすぎる件

先日より、アメリカで公開されているDisney最新作「Big Hero 6」を見てきました!!
日本語タイトルは「ベイマックス」で、2014年12月20日全国ロードショー。
今年の冬休みの大人気映画になりそうです。

 

日本人の男の子が、ディズニー映画の主役に?

この映画の特におもしろいトコロといえば、”主人公が日本人の男の子”であること。
ついにディズニーも日本人をピックアップしてきたのね。うれしい!と思い、絶対見たいなーと思ってました。

しかも「アナと雪の女王」というスーパーヒット作の次だから、期待値も高く。

 

面白かったのは、

主人公の名前が、「ヒロ」→Hiro…Hero!!みたいな?笑

お兄ちゃんの名前は、「タダシ」→Tadashi…正しい!!みたいな?笑

まさかのそのまんまの命名にびっくり。英語版で名前も変えずに、世界共通なんだよ?
声優さんのTadashiっていう発音が、なんか呼びにくそうだった。
「ヒロ」はアメリカンネームとして一般的になってきつつあるけど、この映画によって、
日本の「タダシ君」達は、世界どこへ行っても普通に呼んでもらえるようになるかもね。笑

 

 

原作は、ディズニーに買収されたアメリカの漫画出版社の「ビッグヒーロー6」とのこと。

日本政府が、6人の超能力を持つ日本人を集めて結成したヒーローチームという、結構かっこいいお話を、ディズニーがきゅんとくる可愛いストーリーにリメイク。

さすがディズニーさまさま。

 

舞台は、東京のようなサンフランシスコのような…「サンフランソーキョウ」

なんだそれって、ちょっと笑ってしまったけど。笑

原作の日本・東京を舞台ではなく、サンフランシスコ(アメリカでは有数のITエリア)の要素を加えた架空の街。

ところどころ、街の風景が都心部だったり日本語だったり。でもサンフランシスコで有名なゴールデンゲートブリッジも登場します。

※閲覧注意
このディズニーの公式CMだけど、ほとんどこれだけでストーリー語っちゃいすぎてるので、ネタバレするから映画館に見に行く予定なら予告編見ない方が楽しめるかもしれない。笑

ベイマックスのファララララはこれから流行るね

映画の中で、注目して頂きたいこのシーン。
ベイマックスの「Bah-a-la-la-la」のフィストバンプ。
フィストバンプとは、アメリカ人がよくやってる仲間内で握りこぶしを互いにあてる挨拶のこと。
日本語版ではどういう吹き替えになるのか気になるトコロ。可愛いすぎます。

英語バージョンの声のほうがベイマックスのキャラにしっくりくる

正直、日本語のベイマックスの吹き替えの声に、なんか違和感を感じたのは私だけでしょうか。
まじめすぎない?って感じしたんだけど、ロボットだから仕方をないのかな。

↓英語バージョン:ベイマックス登場シーン

USサイトがかわゆすぎる件

それでも、ベイマックス最高だった!ので、サイトもチェックしてみたんだけど、これまたかなり可愛い。
さすがITの最先端を行く街が舞台になっているだけあって、WEBサイトにも気合いが入っている。flashを使わずにここまで動的な動きができてて凄い!
サウンドも可愛いのでぜひ訪れてみてね。マウスをあてるとベイマックスの音がします。

http://movies.disney.com/big-hero-6/

4e69f8d6608b25ef4db6ae277b69266a

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!