[ハワイ]入場料1ドルでGO!ダイヤモンドヘッド行き方&登山必需品

アメリカ情報ブログ、和ごころLAです。

旦那さんがハワイ初めてなので、今回は一緒にダイヤモンドヘッドに登ることにしました。実はハワイには何度も来ている私ですが、ダイヤモンドヘッドのハイキングコースを行くのははじめて。
ダイヤモンドヘッドの登山方法をご紹介します。

ダイヤモンドヘッドに登ろう!

ダイヤモンドヘッド行き方/登山口まではどうやって行く?

ダイヤモンドヘッドの登山口は、滞在ホテルがあるワイキキエリアから、車で約15分ほどの距離にあります。

トロリーバスの場合
トロリーバスで行く場合は、グリーンラインのパス購入が必要です。費用は25ドル/日。
あらかじめグリーンラインでのワイキキ周遊を予定している人は、こちらがおすすめ。

ワイキキ・トロリー 乗り放題パス(グリーンライン1日乗り放題 大人25ドル子供15ドル)

下車ポイント/ダイヤモンドヘッド・ルックアウト(外側)

Uberで行く場合
私たちは、周遊する予定ではく、ホテルに一旦戻る予定だったので、Uber(個人タクシーサービス)で行きました。ホテルから$15ほどでした!
<Uber は、携帯のアプリでタクシーを呼ぶ配車サービスです。インターネット環境が必要です>

 

ダイヤモンドヘッドの登山料金の支払い

ダイヤモンドヘッドはアメリカの州立公園なので、入場する際に費用がかかります。
ダイヤモンドヘッドの登山口には駐車場があり、ツアーなのどパッケージではない場合は、車一台につき5ドルもしくは、ひとりあたり1ドルの支払いです。

私たちはUberで行ったので、入口前でドロップオフだけしてもらい、1ドルずつ支払いました。(合計2ドル)

 

ダイヤモンドヘッドの登山可能時間

ダイヤモンドヘッドの公園開園時間は、朝6時から夜6時まで開いています。しかし、4時30分が最終の登山可能な入場時間です!

そのため、夜の6時頃以降が日の入りのホノルルは、夕焼けをみながら~というのは難しそうです。参考
でも逆に、日の出が朝の6時以降が多いので、早朝登山なら、ダイヤモンドヘッドの日の出が楽しめそうです。

ダイヤモンドヘッドから日の出を見る
その場合は、まだトロリーが始業していないので(Tギャラリアから出るグリーンラインの始発が7:35AM)、朝食つきのオプショナルツアーなどで連れて行ってもらうのが楽ちん。
ダイヤモンドヘッド早朝登山のツアー


登山口の駐車場をぬけた先の、トレイル出発地点にある、ダイヤモンドヘッドビジターセンター。
ここから登山開始です!!!

 

想像以上に、キツかったダイヤモンドヘッド登山

他の人のブログを見て、

「ダイヤモンドヘッドを登るのは片道30分・ゆっくりあるけば、1時間ほど」という口コミ経験談を見て、気軽に来てしまった私。

しかしながら、この登山・・・結構キツイ!!

日ごろ運動不足の私には試練でした!😂😂
普通に他の人との流れに沿って歩いているつもりでも、片道45分ほどかかってしまいました。

それもそのはず、ダイヤモンドヘッド登山は、

片道約1.1KMのアップダウンが続く山道

約180段の急な階段をのぼる

初心者ハイキングコースではなく、中級者ハイキングコース

だったのです!

親子で子供連れで登っている人がたくさんいたのですが、きついだろうなーと正直思いました。
パパさんママさん、ぐずる子供を抱えて、がんばって登ってました。

私も、スピードが合わない人には、追い抜いたり追い抜かれたり。

お昼すぎ11時頃に向かったので、人が多かったというのもあったのかもしれません。
でも、みんな結構早いスピードで歩いていました。

しかし、久しぶりの運動。大自然の中。国立公園。
すがしがすくて、楽しかったです!

 

そして頑張った先には、
ワイキキビーチの絶景が見える~!!!

最高~!

頂上には、見晴らしポイントがあるので、みんなそこで自撮りしてました!

 

ダイヤモンドヘッドに登るなら!必需品

ダイヤモンドヘッドは、アメリカの国立公園です。観光客に人気とはいえ、結構本気のハイキングコースなので、準備は万全にしておきましょう!

登山するときの服装

ハイキングコースなので、スニーカーは必須です!サンダルで登っている人もいましたが、かなり道が悪いので、危険です。

荷物もなるべくコンパクトに、リュックなどの両手を離せるものがベストです。階段がかなり急なのです。

日本人の人は、おしゃれカジュアルで登っていますが、他の国の人はジムに行くときのような服装です。

必需品

◆お水
登山口にはかき氷のトラックがありましたが、自動販売機のようなものはありませんでした。出発前にお水を購入しておいたほうがよさそう

◆タオル

◆携帯またはWifi
海外旅行の万が一の連絡に。グローバルWiFiが安くておすすめです。

◆雨具
ハワイは雨が降りやすい雨季があるので、登山するなら雨カッパがあったほうがいいです。

◆カメラ
できれば防水がベスト!自撮り棒ならぬ、コンパクト三脚を持参している人もいました!

◆JCBカード
ダイヤモンドヘッドまでのトロリーは、グリーンラインの購入が必要ですが、その停車場所までの移動に使えるのが、ピンクラインというトロリーバスです。
ピンクラインはワイキキエリアでは乗り降りがしやすいので、ちょっと歩くのに疲れたら、利用したい乗り物。
通常は乗車ごとに2ドルの費用がかかりますが、「JCB」のカードをちらっと提示するだけで、無料で乗れるんです!

ハワイに行くなら、JCBカードは持参しましょう~!!

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!