【アラスカ】オーロラを見にアラスカ5日間オリジナル旅行:Day3_市内観光_Aurora Borealis Lodge

1月4日 アラスカ3日目

チナ温泉を出て、フェアバンクスの市街エリアに車で向かいます!
もちろん行きと同じく、大雪のなか、果てしない100キロの一本道。
alaska_01

行きが成功したので気分は楽勝!ちゃんと往復分のガソリンは補充済み。

アラスカでヌードルが食べたくなった

お昼ごはんどこにしようかなーぁと考えていたら、なんかさくっと食べれる麺類が食べたい!気分。
ベトナム料理のフォーがあるという情報をYelpで発見。
ロサンゼルスは多国籍料理が多く、フォーは日本のラーメンに近いくらい、身近な食べ物。

 

Little Saigonという店が評価高かったので、雪の中必死で探す。
http://www.yelp.com/biz/little-saigon-fairbanks
ローカルの人しか来ない感じの店。

 

一人で経営されてるおばあちゃんが、マインスイーパーで暇つぶししながら、お客さんを待ってました。

alaska_25

感想は…ロサンゼルスのフォーとは全然違う。笑
完全にアラスカナイズされたヌードル。もしかしてアラスカは食糧供給できる種類が違うのかしら?

おばあちゃんあまり英語が話せないようすだったけど、
こんな寒い国でひとり外を眺める姿に、哀愁を感じ、きゅーんとしてしまいます。

 

博物館 University of Alaska Museum of the North

次の宿泊先のチェックインまで時間があるので、University of Alaska Museum of the Northという博物館へ行くことに。
市街から(そのフォー屋さん)からすぐ近くでした。
入場料はひとり12ドル。

alaska_27

フェアバンクス市内は、なにかありそうで・・・何もない?w
雪が多いと見えないんです。
どこに行けばいいのかわからないので、まずここへ。

アラスカ大学では毎日オーロラの観測の研究をしているそう。
http://www.gi.alaska.edu/AuroraForecast?
アラスカ付近に発生するオーロラ予想を掲載しているので、
滞在中はたびたびチェックするのがお勧めです!

その博物館には、アラスカに生息する生き物のことから、
意外にも日本人がアラスカにやってきた歴史についても展示がたくさんあった。
第二次世界大戦のときに、日本軍がアラスカを侵略しに来ているので、
アラスカという地は、実は日本と関係がけっこう深い。
日系人もおられるようです。(全然知らなかったぁー)
alaska_28

オーロラ観賞に最高なロッジ Aurora Borealis Lodge

このAurora Borealis Lodgeは、いろんなサイトでも評価がとっても高い!
http://www.auroracabin.com/JapanesePageOne.html

ここは熊谷さんという夫婦が経営されているロッジで、
ほーんとに、一番人気な理由がわかります。

 

あたたかい部屋で、ベッドで寝そべりながら、
オーロラの登場を待てるんです!!

alaska_18

しかもベッドサイドには、「トランシーバー」

ロッジオーナーさんに連絡する際や、

夜中中、オーロラが見えたら、他の宿泊者とオーロラ発生情報をシェア

alaska_17

キッチン完備だし、もう至れりつくせり。炊飯器もあります!

日本語でぜんぶ説明してもらえるので楽ちん!

alaska_15

 

夜ご飯ははりきってシチュー

雪国といえば、シチュー

alaska_16

寒い日にぴったりでした。

お知らせ
アメリカ生活に関する悩みごと、相談、質問、楽しい仲間、コラボ受け付けます!
テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴで、ロサンゼルスのホテルも比較検索できます!

合わせて読みたい!人気の記事
アメリカ永住者が、英語教材に挑戦!本当に役立つか評判を試してみた
アメリカ薄切り肉問題を解決!ミートスライサーで8倍節約になった話
海外生活でもできる!在宅ワーク副業まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で和ごころLAをフォローしよう!